« ひとり君のこと想う月夜の晩は | トップページ | 春日井 »

2010/09/19

あしたのしたく。

 ばたばたと明日の支度。何を着て行けばいいのかさっぱりわからんぞ。暑いのか、寒いのか。

 今日は朝からマールイの鎌倉公演のチケ取り。白鳥でまだキャストが出ていないのはここだけ。チラシにある通りコシェレワがオデットを踊るとしたら、ここ以外にはもう日程がない。一度くらいコシェレワが観たいのだよーー 。・゚・(ノд`)・゚・。 。そして、あわよくばシヴァっちの王子熱望。この冬のジークフリートはほとんどルジマトフになってしまったので(何でだー 。・゚・(ノд`)・゚・。 )、コリッパーもヤフニュークも今のところ登板予定がない。プハチョフは2回。誰が来るかは本当にわからないけど、とにかく取った。でも10時20分くらいかな? つながった時にはもうあまりいい席はなかったなぁ。兵庫のジゼルも一応取ったけど、席はまあまあくらいのところ。だって一般発売日の朝に、横須賀でクラスレッスンを観てたんだよ(ノ_-。)ソレハソレデシアワセダッタサ。まあこれもアルベルト次第なので、……ええまあ。くそぉ。

 さて、アルブレヒト。横須賀と春日井ではアプローチは変わらないだろうと思うのですが、少しずつ整理されて、熱そのものは少し下がるというパターンになるのかならないのか、結構ドキドキです。オケじゃなくてテープだし。
 ウィルフリード、武尊くんだといいなあ。木村さんのことだから、狂乱の場では多少羽交い締めにされてもがいて、「殿中でござる」くらいのことにはなるだろうし、野辺さんのいない今となっては止められるのは武尊くんくらいだよねぇと、……ええ、監督がそう考えたかどうかは知りませんが、横須賀では武尊くんでした(いいウィルフリードだったよ!)。やっぱり本気だしちゃったらそりゃ、武尊くんくらいでしょう。止められるのは。後は高岸さんだ。高岸さんのウィルフリード。アルブレヒトをグーで殴って、肩にかついで帰っちゃうな。……ジゼルの目は醒めそうな気がするが。

 なんの話だ。

 えーと、気になる場面がひとつあって。多分ジゼルが剣で結界を書き、アルブレヒトが軽く暴れて(軽く?)、おいおいアルブレヒトの方が剣を取っちゃうよー、というところでウィルフリードが止めに入った後だと思うんですが。木村さんが武尊くんに向かって、自分の心臓をつかむようなマイムを入れたんですよ。自分の胸が痛むのかなとその時は思ったんですが、あれはジゼルの心臓の話をしてたのかな、と。アルブレヒトは前の場面で、ジゼルは心臓が悪いから踊ったら死んでしまうよ、というベルタの話を聞いているんですが、その話をここへ持ってきたアルブレヒトは自分は見たことがなかったので。だからアルブレヒトはあそこまで暴れるのかな、とも思ったわけです。ウィルフリードを引きずってたもんなぁ。……何もなくても暴れそうな気もしますが。
 まあその辺も、もう一度みてこようかと。

 舞台だから、決して「再現」にはならないとは思うのですが、そんなところも含めて、楽しみなような、怖いようなです。何より明日(今日か)が終わってしまったら、次にみられるかどうかもわからない。始まる前から淋しくもあったりするのは困ったもんですな。

 いやもうこうなると、友佳理さんのシルフでジェイムズを観たいんですけども。あのアントルシャ観ちゃったら、またラコットで観たくもなるわけですよ。ドナウの2幕冒頭のPDDとかさー(←このPDDは本当に絶品なんだが)。と思いつつ、1幕の最後を思い出していたら、カルメンもまた観たくなったりして。煩悩が多いなー。
 

|

« ひとり君のこと想う月夜の晩は | トップページ | 春日井 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あしたのしたく。:

« ひとり君のこと想う月夜の晩は | トップページ | 春日井 »