« 春日井 | トップページ | 名古屋くいっぱぐれ日記 »

2010/09/21

あらためて、春日井。

100919_17250001

 「どうしよう、オレ、こんな格好だよ」
 「そんなこと言っても知りませんよぅー 。・゚・(ノд`)・゚・。 」
   ……しょうもない主人だけど、主人なんだからもう少し親身になってやれよ、ウィル。

 「ジゼル」、春日井公演です。斎藤+木村+平野+田中。ジゼル・アルブレヒト・ミルタ・バチルド以外は総取っ換えのキャストでした。ウィルフリードは弾くん。

 なんで春日井はテープなんだよー、と、ぶーたれてたわけですが、劇場に入ったらそのわけは明白。前方座席(オケピ部分)をつぶして舞台を延長。それでもかなり狭かったです。サイトには間口19.3m×奥行12.0m×高さ8.0mとあるので、取手の大ホールよりちょっと大きいくらいですね。マールイ夏ガラのサイズです。よくこの奥行で全幕……。というか、この規模の会館でオケピがあるってのがある意味すごいんですが。ちなみに静岡が間口20m×奥行19m× 高さ10m。

 まあ、ジゼルでよかった。セット簡便だし。そんなわけで1幕はスロープなし。2幕、ミルタが紗幕の後ろを通る演出はそのまま、ウィリもフル人数で出演ですが、両脇に整列した時に4名ほど仮設側に出っ張っておりました。袖への出入りのコースもいつもと違いますが、ヒラリオンを殺してアルブレヒトが引き出される場面、8人まとめて奥のセットの間から捌けるのはかなり窮屈そう(汗)。アルブレヒトが墓の前に立つと、ウィリの向こうになってみえなくなっちゃうしな。仮設舞台の部分はやっぱり音が響くし。

 そんなこんなありつつも、いい舞台でありましたよ。全体にいろいろと整理されて、横須賀と比べると、良くも悪くも普通のジゼルになってました。

 平野さんのヒラリオンも、川口と比べると動きがすっきりして(カモの目方は計ってましたが)、2幕のシェネも2場面ともちゃんと音と合ってたし。2幕の出は中央板付きですが座るのは墓まで行ってから。いちばん気になっていた狂乱の場の「ジゼルが花を摘みに来る」ところでそっぽ向いていたのも、ちゃんとジゼルと向きあってました。年齢もぐっとあがった気がする。見慣れたのか、席が今回の方が近かったからか、よくわかりませんが。

 木村さんのアルブレヒトも、すこんと力が抜けて、いろんな意味でわかりやすく。相変わらず怒りっぽくて尊大ですが、ジゼルとすごす時間が「いちばん大切なもの」であることにあまり迷いはなかったです。あまり暴れなかったのは、舞台が狭かったからか、ウィルフリードが弾くんだったからか、指導が入ったからか、2幕まで体力を温存すべきだと思ったか。
 今回、いちばん印象的だったのは、ヒラリオンに正体をばらされて剣を差し出された時の、ヒラリオンへの剥き出しの憎悪。それはほとんど殺意だったと思います。自分の大切な、大切な世界を壊したものへの怒りと憎しみ。

 踊りの方は横須賀よりも一段と洗練されて隙がない。そんなに大きく跳んでだいじょぶかー、というくらいどのジュテも高さとスピードがありました。ヴァリエーションの最後は倒れて上に手を上げるポーズ付き(横須賀は倒れ込むだけ)。アンバーで入るアントルシャは、横須賀よりもさらに高さも速度もあり、「全部アンバーで跳べるんじゃ?」というくらい余裕がありました。……あんまり跳べるんで、本人も最後の方はちょっとアントルシャ・ハイかと(そんなものあるのか?)。
 まあその分、リアルに死にそうな切実感は減ったから、善し悪しではあるけども。難しいもんだねぇ。

 カテコがかなり長かったので後ろを振り返ったら、結構なスタオベになってました。友佳理さんの手にキッスは、すっかり定番化。
 初日のような「何かが憑いた」舞台ではありませんでしたが、どこでもいつでもこのままのクオリティで上演し続けられることを確信できるような、精度の高い舞台でありました。だって毎回あんなテンションだったら木村さんが死んじゃうよ(笑)、というか。

 今日のところはこれで。田中さんのミルタとか、二人のウィルフリードとか、いろいろあるんですけども。
 かすがいの広報誌の友佳理さんのインタビューを読みつつ、友佳理さんとリード・アンダーソンには足を向けて寝られないなぁ、と(笑)。

|

« 春日井 | トップページ | 名古屋くいっぱぐれ日記 »

コメント

こんばんは~♪
このところ木村さんファンにはたまらない日々が続いていますね。
レポ楽しませていただいております。
それにしても…
取手がひとつの基準というか、あの公演、色々な意味で観にいって良かった気がしますね♪

投稿: おロシア人 | 2010/09/21 19:59

どもですー♪
今年は初役全幕主演が3本もあって、どれもえらいクオリティだったので
こちらのテンションも天まであがってしまいました(笑)。
若い時にしごかれておくって大事なんだなぁ……(こらこら)。

取手よりもわかりやすい基準を探せ、というか(笑)。
あの客席は相変わらず謎ですが、なんかインパクトのある公演でしたね。
石巻も間口18m×奥行11mなので結構きつそうです。
東バはツアー慣れしているので、その辺は心強いですが。

投稿: 綾瀬川 | 2010/09/22 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あらためて、春日井。:

« 春日井 | トップページ | 名古屋くいっぱぐれ日記 »