« 静かな、というのは | トップページ | ふしぎーしゃ/マニアックなメモ »

2010/09/16

行っちゃった。

Img_2077

 コツメカワウソ。どこで撮ったかといえば、静岡の向こうの方ですよー。雨が降らなかったのはよかったけど、「管区気象台出て来い!」と思うくらい蒸し暑かった。ちょっと白っぽいのは、ガラス越しに撮っているから。

 というわけで高岸+上野+木村+高木組。棚卸しの前作業中になにやってんだか。ですが。

 アルブレヒトの谷間でヒラリオンをみて考察しよう、とか思ったわけではなく、単純に「もう1回くらい見たいなー」と思ったら、日帰りできるのがここくらいだった、というわけで。チケット取ったときには、棚卸しの本日程もわかんなかったしさー(あと2日くらい後だと思ってた)。

 よく考えると、これだけ東バのジゼルを見てきて、生で自前のアルブレヒトを観たのは後藤さんが最初だったという……orz。オソロシイ。高岸さんは水香ちゃんとで見たと思っていたら、それも勘違いだったし。

 同じ振り、同じマイム、同じ仕草でも違う人がやればまったく違うものになるのは、そりゃそうなんだけど。こうしてみると、後藤さんは割りと独自路線だけれど、木村さんと高岸さんは割りに近い動きで構成しているように思える。なのに、伝わってくる量が全然違うのは、ぢぶんの「高岸アンテナ」の感度が悪い(そしてもう一つのアンテナの方は……)だろうと思いつつもだな。脇で見る時の高岸さんは面白いんだよな。ソロルの時にかなり思ったけれど、真ん中にいくと「どうしたいのか、ようわからん」という感じになるような気がする。プリマを立てて、自分が引きすぎるんだろうか。

 2幕のヴァリエーションは振りがかなり変わっていたと思う。その後はブリゼ。あまり死にそうにない。ラストは百合を落としながら下がっていくけども、立てひざになって墓の方を向くポーズは木村さんと近い。でも花は全部落としちゃう。

 水香ちゃんのジゼル、1幕は嫌いじゃないんだが。2幕はやっぱり装飾音がキツイ。もっとシンプルでいいのに。ペザントは若手組。岡崎くんの表情にだいぶ余裕が出てきた。あとは最初のアダージョ(のリフトとサポート)だけだな。

 ヒラリオンはまだちょっとお疲れ目かも。死にそうな場面だからそう見えるのかな。高岸さんとの対決は迫力だけど、時々ヒラリオンの方が身分が高そうな時が(笑)。ちょっと引き目の席で、高岸さんのアルブレヒトと両方みてたので(頑張った!)、自分もあまり集中してなかったかなぁ。

 ウィルフリードは弾くん。演技の方はまだまだかな。手の仕草がずいぶんきれいになった。狂乱の場は、アルブレヒト・ウィルフリードともに、普通にたちんぼ。武尊くん、大変だったよなぁ(T^T)。

 だめだ、眠い……。いつもより遅く起きたのに。


|

« 静かな、というのは | トップページ | ふしぎーしゃ/マニアックなメモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行っちゃった。:

« 静かな、というのは | トップページ | ふしぎーしゃ/マニアックなメモ »