« ミシマに至る回転扉 | トップページ | カワウソ中継中 »

2010/09/05

小さな村の。

Img_1916

 清里で。マメ科植物。

 「小さな村の小さなダンサー」を見てきました。まだまだこれからの方もいらっさるかと思うのであまり書きませんが(というか今日は疲れた)、噂にたがわぬ面白い映画で、主演のツァオ・チーも噂にたがわぬいいダンサーかつ役者でありましたよ。前回のBRB来日でみ損ねたのがつくづく悔やまれるなー。あの時も悔やんだけどなー。少年時代を演じる子役は北京の体操学校の生徒、バレエ学校の生徒時代を演じるのは06年ローザンヌでスカラをとって現在オーストラリア・バレエ団にいるグオ・チャンウ。この3人の流れがとてもスムーズで、本当にツァオ・チーの子ども時代かと思ってしまうよ(笑)。当時のぱっつん前髪が可愛い、可愛い(笑)。グオは今度の豪バレエ団の来日に同行するのかな? プログラムの写真を見ると、太腿の筋肉のつき方がなんとも妙な感じだ。そして中国側のオヤジたちがまたいい味。ワン・シュアンパオいいなー♪ あれきっと、観たのが「ジゼル」か「白鳥」だったら、「なぜズボンをはかない」って聞いちゃうんだろうな(笑)。江青が妙にそっくりだったのも笑っちゃったな。リー・ツンシンって、姉と同い年なんだよなぁ。時代の匂いをぢぶんも何となくは覚えているけれども。

 それにしても「小さな村の……」という邦題は、いかにもBunkamura好みではあるけれど、ちょっといただけない感じ。小さな村にいる時は小さなダンサーじゃないし。「こういうタイトル好きでしょ?」って言われてるみたいなタイトルだ。

 ル・シネマでは、秋に来日する豪バレエ団の予告編がありました。映画館の予告編でNBSを観るとわっ! まあ映画の中に出てくるからなんでしょうが、なんかびっくらしたよ。来年のBRB、ツァオ・チーの日は混んじゃうかなぁ。

 今日も混むのはわかっていたので、オンライン指定席。やっぱ便利。ル・シネマだと1700円で当日券より安いので使っています。先日「フェアウェル」を見たシネマライズだと1600円。クレジット決済なので、あっちこっちにカード番号を打ち込むのはちょっと抵抗があるんですが、寄る年波には勝てないというか(笑)。当日券より高くなるところでは使う気がしないあたりが微妙に貧乏性だな。

|

« ミシマに至る回転扉 | トップページ | カワウソ中継中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/49352161

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな村の。:

» 『小さな村の小さなダンサー』 踏み込まない理由 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  実は、エンドクレジットを見て驚いた。  中国ユニットのクルーの名がぞろぞろ出てきたからだ。  もちろん、前半は... [続きを読む]

受信: 2010/09/05 21:46

« ミシマに至る回転扉 | トップページ | カワウソ中継中 »