« ペリカン | トップページ | チャイコのバレエ音楽の本 »

2010/10/21

シヴァがきたよ!(DVDだけど)

 このところ、「秩父 熊出没」でおいでになる方が多いんですが、すんません、何の役にも立ちません。何年も前の看板の写真があるだけです。すんません。

 さて。20日発売とて、ちゃんと20日に届きましたよーーヽ(´▽`)/

 オシポワ・バレエのドンキのDVD。エフセーエワのキトリとシヴァコフのバジルです。

 ほかにはこんな面々。
 ドン・キホーテ*アナトーリ・カトゥルスキ サンチョ・パンサ*ラシッド・マミン ガマーシュ*アレクセイ・マラーホフ 町の踊り子*アリョーナ・ヴィジェニナ エスパーダ*キリル・ミャスニコフ メルセデス*ナタリア・オシポワ キトリの友人*エルビラ・ハビブリナ、オルガ・アクマトーワ 森の女王*イリーナ・コシェレワ キューピッド*ヴィクトリア・シシコワ 

 をを、シシコワのキューピッド! ぢぶんにとって、高村さんとシシコワは、キューピッドの東西双璧だ。踊り子のヴィジェニナも嬉しいねぇ。キャスト表に所属クレジットがないということは、もうマールイにいないんでしょうか。マミンにもついてないけど、マミンはもうダンサーとしては引退していて、スタッフとしてマールイに残っているはずなので、クレジットされてないのだと思うけど(それとももう辞めたのかな……)。これでロレンツォがフィルか父っつぁんだったら最強メンバーですが、さすがに違う人でした(オシポワ・バレエの人かな)。 

 特典映像はありませんでした。折り込みのリーフはわりとちゃんとしていて、キャスト表のほかにサニー、シヴァ、ミャスニコフ、コシェレワ、ハビブリナのプロフィール、オシポワ・バレエとオシポワのプロフィール(マールイの公演プログラムより詳しい 笑)、それにDVDの解説(桜井多佳子)。それによるとオシポワは、サンクトペテルブルク高等音楽院振付科でボヤルチコフに師事していたそうな。このDVDは「オシポワ版」とでもいうべき、彼女の振付・演出によるものですが、それでこのメンツなら、アットホームなボヤリー・テイストになるわけですね。
 ……ボヤルチコフが教える振付って、あんなのとかこんなのとかなんだろうか……( ̄▽ ̄)イエーイ。

 まだちゃんと全部は観てません。PCで切れ切れに何ヶ所か眺めただけですが、解説に「人物アップのカットが多い」とあるのがちょっと不安です。今まで観た感じでは、確かに切替えも多いですが、それほど「凝ったカット」(真上からとか)ではなくて、引いたり寄ったりちょっとサイドから(ゆうぽうとの3列目45番あたりから観たような 笑)くらいで、まあ酔うほどではないかな。ちゃんと観ないとわかりませんが。でもやっぱりもう少し引いて欲しい画面が多いなぁ。

 とにかくサニーが嬉しそうで楽しそうで、可愛くて可愛くて! 酒場の場面で、シヴァと笑い転げてるところなんて、それだけで涙がでちゃうよ、おねぃさんは。ロレンツォに見つかった時の暴れっぷりがたまりませんよー♪ 「きーこーえーなーいーーー」とかやってるし。そしてスノークのようなヅラをつけたマラーホフ氏は、やっぱりツーステップが麗しいのだった。

 ファンダンゴはエスパーダとメルセデス(振付は通常のファンダンゴに近い)。ミャスニコフは踊りの方は往年のようなわけにはいかないですが……ていうか、ちょっともにょもにょですが、妙にアヤシイおっさんになっていて、いやいいんですけどね、アヤシイおっさんで(笑)。そして、森の女王がGPPDのヴァリエーションを踊ってるよ。働き者だなぁ、女王なのに。

 さて。サラファーノフのマールイ移籍が話題になってますが。そうすると……東バにマールイからゲストがくることになるんだな(笑)。
 てか、サニーも「ナチョが踊りたいから帰る!」って言ってくれないだろか……(←マジで)。

|

« ペリカン | トップページ | チャイコのバレエ音楽の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シヴァがきたよ!(DVDだけど):

« ペリカン | トップページ | チャイコのバレエ音楽の本 »