« ぼく(たち)もそこに。 | トップページ | 寝過ぎの日。 »

2010/11/23

タジンでカレー

101031_20290001 連休の間でパートさんのお休みもあったりしましたが、なぜか、細目入力の必要なセット品が集中して搬入されてきて、久しぶりの残業。なので、これはしばらく前の写真です。

 たち吉の方のタジンで初カレー。小さいイシガキの方は深さがないので汁物はできないんですが、こちらなら十分。ただし、カレーの中にご飯をぶちこむ格好になるので、あまり見た目はよくないかも。ぐっちゃんぐっちゃんにかき混ぜて食べるのには恰好の器です( ̄▽ ̄)。

 この時は何だったかな。メインはささ身。セロリ(主に葉)の千切り(出汁用)、じゃがいも、タマネギ、ピーマン、エリンギ……くらいかな。火が通ったところでルーを割り入れるのは普通のカレーと同じ。大体1.5人前くらい作って、お弁当用に半人前ほどを使います。タッパーにご飯を盛っておいて、それにかけた残りが夕飯用。タッパーごと冷凍すれば翌日でなくても持っていけるし。会社に電子レンジがあって助かる。

 作っている最中は「底に焦げ付いてるか?」という感触があったのですが、食べながらはがせました。鍋の加工自体が、底にくっついた物がはげやすいようにできているかもです。それでも焦げる時は焦げるのでして(笑)、「重曹煮」(重曹を煮て焦げをはがす)もすでに一度やりました。ははは。タジンを木じゃくしでかき混ぜてると、マッジの気分ですよ( ̄▽ ̄)ミタイナー。

 まあ、普通の鍋で作ったのとどうちがうかといわれるとよくわかりませんが、少量作る分には普通の鍋よりいいような気がします。洗うのは格段に楽(笑)。3〜4人前なら普通の鍋でいいな。

 ちなみにうちで取っている無農薬野菜は千葉の露地ものなので、ニンジンやタマネギ、じゃがいもなどの野菜も、露地で採れるシーズン(と貯蔵品がある間)しか入りません。スーパーで買う時もあるけど、ない時はないまま。タマネギのかわりに長ネギ入れたり(リーキが美味い!)、じゃがいもじゃなくてサツマイモやカボチャを入れたり、野菜によってメインの肉を変えたり、あるものをテキトーにぶち込んでます。そんでもカレーはしょせんカレーなんで、大概美味しくいただけるもんです(大根は不許可←やってみた)。

|

« ぼく(たち)もそこに。 | トップページ | 寝過ぎの日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タジンでカレー:

« ぼく(たち)もそこに。 | トップページ | 寝過ぎの日。 »