« マールイの鎌倉公演とか | トップページ | 池田龍雄展 »

2010/11/28

ドガ展から中華街へ。

 さて、昨日のドガ展から、かな。金曜は夜8時までやっているということだったのですが(通常は6時まで)、5時半くらいに入って、別展示も含めて回って7時前に出ました。思ったよりも空いていて見やすかったです。ただし、ギャラリーショップ(ドガ展内を除く)とカフェは通常営業だったらしく、出た時にはもう閉まってました。

 ……えーと。ぢぶんで再認識したことといえばですね、ぢぶんはエッチングとかリトグラフとかペン画とかデッサンとか、そういうものの方が好きだな、ということです。
 今回は「習作」という名のデッサン画が多く来ていて楽しかったです。「踊り子」シリーズに限らず(というかそれよりも)、初期の「セラスミス」のためのドレープの習作なんて凄いですよー(←正直ここがいちばん楽しかったりして)。

 そんで、肖像画にはほとんど興味がない、と(笑)。ジュール・ペローの肖像画がありまして、それは興味深いちうか。でもそれって「ペローに対する興味」だしなぁ(ちょっと誰だったか、コメディアンに似てる。誰だろう)。

 競馬場の絵もいくつか。競馬(場)がブルジョアの社交場、というのもあらためてわかります(「マイフェアレディ」のアレですね)。そしてバレエ(劇場)もまたブルジョアの社交場というつながりでもあるんだな。

 通しでいちばん気に入ったのは「二人の踊り子」という小さな絵です(舞台袖じゃない方)。「アクアチント、ドライポイント」とあるのでやはり銅版画ですね。どこがいいかといわれると困るんだけど……強いて言えば「雰囲気がいい」んだろうなぁ。「さりげなさ」というか。肖像画の中でも、マネを鉛筆と炭でちゃちゃっと描いたようなのが好きだったから、まあそういう傾向なんだろうな。でもそういう「ちゃちゃっとさりげなく」というのは、デッサンの積み重ねによって培われた技能があるからなんだよな、というのも再確認。多分、絵によらず、そういうものなんでしょうね。

 「エトワール」は思ったよりも小さかったです(笑)。けど、あの質感は確かに一見の価値はありますね。現品でなければわからないような光の透明感。

 後半は「浴女」。「踊り子」という美しい身体から「そこらのおばさん」という普通の(美しくない)肉体へと移って行くんですが、面白いことに視線は変わらないように思います。踊り子の習作の中でも、「シューズを直す」仕草がたくさん描かれていますが、前にかがんで足下を直す姿勢は、やはり前にかがんで浴槽から出入りする、あるいは身体を洗う姿とどこか似ています。丸い背中。背中、背中。ちゃんと勘定すればそんなこともないのかもしれないけど、何か同じものを見続けてるような気がします。

 関連商品も充実(笑)。展覧会なのか、即売会のCMなのかわかったもんじゃないな(こんな感じ)。エトワールの缶入りチョコはちょっとそそりましたが、するっと通り過ぎ。

 それほど時間もかからなかったので、「横浜美術館コレクション」の方も見てきました(これ)。こっちの方が落ち着く(笑)。「いいな」と思うと、ダリとエルンストだよ。マグリットは現品よりも印刷されたものの方が好きという倒錯者だし。デュビュッフェの「目印の像」が妙に好きだな。出合い頭に「これ好き!」という具合に好きだ。どう見ても発泡スチロールなんだけど。
 
101126_19200001 美術館の後はみなとみらい線で中華街へ出て、いつもの茶房へ。今日はちがうものを頼もうと思っても、つい「中華まん(肉まん・あんまん・きのこまんからセレクト)+ドライフルーツ(今日はサンザシとグリーンレーズン)+マーラーカオ」のセットを頼んじゃうんだよねぇ。中華まんも、今日は肉まんにしよう! といいつつ、つい毎回「きのこまん」を選んでしまうのだ(笑)。写真のブロック状のものがマーラーカオの角切り、生クリーム添え。
 お茶の方はジャスミン球茶。お茶も高いものは高いので、これくらいが予算的にはちょうどいいということも含めて定番。開いていくのが楽しいので、動画で載せたいところです(笑)。開くとジュンサイみたいなんだけどね。お湯をやかんでサーブしてくれるので、3杯くらいは飲めます。サンザシがお茶に合うんだー(^▽^)。

 お腹もちょっと半端な具合だったので、朝陽門の通りで肉まん(300円)を買って、食べつつ帰りました。ちょっと喰いすぎ( ̄▽ ̄)。そして、石川町へ出るつもりが、気が付けば横浜スタジアムの前にいたというのが謎。なぜだ。

|

« マールイの鎌倉公演とか | トップページ | 池田龍雄展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/50150026

この記事へのトラックバック一覧です: ドガ展から中華街へ。:

« マールイの鎌倉公演とか | トップページ | 池田龍雄展 »