« 80分間は95分。 | トップページ | 80分間最終日。 »

2010/11/10

日付が変わる前に

Img_1677

 11月10日です。BBLが7時開演でちょっと間があったので、いきがてら友佳理さんの文庫本を買って、終演後にイタトマでケーキなど食べつつ一服しながら、書き下ろし部分にちゃちゃっと目を通して。

 最終章「オネーギン」と文庫版用後書きが加筆されています。最終章は、横浜の講演で友佳理さんが語った「オネーギン」の話(これから3日連続)とかぶる部分はもちろんありますが、より友佳理さんに近い……というのも変だけれど、そんな風に思います。マクシーモアの亡くなった前後のこと、フョードロフやセルゲイくんの支え、トライアウト、木村さんとの練習、舞台当日。そして、アッサンブレの通信で「答えをみつけた」とコメントしていた、その「答え」。どれについても長く触れられているわけではありませんが、制作発表から見続けてきた(ネット等でですが)ぢぶんにとっては、臨場感を味わえるものでした。

 ……ええ、やっぱりそんなこったろうと思ったりとか(ノ_-。)ドコトワイワンガ。

 巻末に付けられた舞台評の抜粋の最後は、三浦氏が毎日に書いた、あの評です。もちろん本当に抜粋だけれど、それを読みながらあらためて「よかったなぁ」としみじみ思いました。友佳理さんも木村さんもよかったねぇ、本当によかったなあ、と。もちろんこれが終わりではなくて、お二人ともそれこそ「ショウ・マスト・ゴー・オン」なわけですが、なんだかひとつ大きく結実した確かなもの、というものがあそこにはあったんだよな、と、あらためて思います。


 この1年。すこぶるキレのいいスペインとどうみても「ママの元カレ」なドロッセルマイヤーから始まって、アミンタ、師直、オネーギン、ハサピコ、エスパーダ、ヒラリオン、公爵、怒濤のアルブレヒト、そしてビーグルのしっぽみたいに「ウレシイ」がぱんぱんに詰まったペトルーシュカ。ご本人も充実していたと思いますが、ファン冥利につきる1年でありました。振り返ってみると、本当に幸せな1年だったなぁ(別のところはいろいろキツかったです(ノ_-。))。
 「M」と「ダンス・イン・ザ・ミラー」から始まる次の1年。ひとつひとつの舞台が大事であることはどんな場合にもそうなんだけれど、本当にひとつひとつをたいせつに見続けていたい(←そして迷惑をまき散らす、と)。1日でも長く舞台に立ち続けてくれるよう、目黒の方を向いて拝んでみる(*_ _)人。

 いつの間にか話が友佳理さんから離れてるけど、だって今日はいいんだもんヽ(´▽`)/パズドラヴリヤーユ!

 写真は、友佳理さんの講演の日、山下公園で。前に使ったような気もするけど、いいやね(笑)。

 サブタイトルが変わってた。


|

« 80分間は95分。 | トップページ | 80分間最終日。 »

コメント

わたしは公演は全て観ていないのですが、やはり、オネーギンは格別でした。舞台は一期一会といいますが、見に行けてとても幸せでした。

投稿: おロシア人 | 2010/11/11 19:22

ブログのお引っ越し、お疲れさまですーo(_ _)oペコ。
オネーギンは本当に感無量でした。
再演があっても、初演のような凄さにはならないだろうな、と思います。
また別の「何か」はきっとあると思いますが。
本当に一期一会ですね。

投稿: 綾瀬川 | 2010/11/12 04:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/49993058

この記事へのトラックバック一覧です: 日付が変わる前に:

« 80分間は95分。 | トップページ | 80分間最終日。 »