« 寝過ぎの日。 | トップページ | 週末は神奈川 »

2010/11/25

リヒターの続き。

Img_2307

 もはや、どの写真を使ってないのかわからなくなってきた(笑)。そんなことより、フォトアルバムにアップしちまえばいいんだが。てか、寝落ちしてる間にデフラグかければいいんだよなあ。起動ディスク、探せばなあ(笑)。

 東バ公式は「M」のリハ。今回の射手は永田くんだ! 劇場中が緊張する一瞬だ。ガンガレ!

 岩波少年文庫のリヒターなんだから、図書館にいきゃいくらでもあるんじゃないかと思って、会社帰りに寄ってみる。「フリードリヒ」だけないなあ、と思いきや、別のところにまとめ展示になっていた。ので、「若い兵士」ともども借り出し。「三部作」だけどそれぞれが「続編」ではなく、話自体はつながっているようなないような。「若い兵士」は「ぼく」が母親と疎開しているあたりから始まり、現在新兵教育中。

 それにしても、「ドレスデン、運命の日」(これ)でもそうだし、多分「プライベート・ライアン」でもそうだったと思うけれど、ヨーロッパ(というよりドイツあたり)の家だと、空襲のあとは「瓦礫の山」なんだなぁ。「アンダー・グラウンド」の冒頭なんかでもそうだ。だから、空襲のあとは、瓦礫を崩して死者を(運がよければ生者を)掘り出すところから始まる。日本のような「一面の焼け野原」とはまた違う光景。ヨーロッパ戦線でのこうした描写を読むと、「日本の家は紙と木だからよく燃える」とはよう言ったもんだな、と思う。防空壕も規模が違うしなぁ。その辺りの想像力を補完するのには「ドレスデン……」はよくできた映画だ。話は結構無茶だったが。

|

« 寝過ぎの日。 | トップページ | 週末は神奈川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/50124866

この記事へのトラックバック一覧です: リヒターの続き。:

« 寝過ぎの日。 | トップページ | 週末は神奈川 »