« 松本のドンキの続き | トップページ | 松本の続きの続き »

2011/01/15

まつもと市民芸術館

110112_21170001 まつもと市民芸術館です(公式サイト)。こちらも初めてのホール。初めてのホールって、ちょっとわくわくするけど、ちょっと不安もあったりする。ダイジョブかなー、舞台つぎ足してないかなーとか。ま、それでもなんたって松本です。ここのホールって、芸術監督が串田和美氏なんですね(今知った)。いやもういろいろと侮れないなー。

 松本駅からは東口(お城口・にぎやかな方)に降りて、いちばん大きくてまっすぐな通りを直進。目印はNHK(笑)。HPには徒歩10分とありますが、そんなもんじゃないかな。あちこち寄りながらだったので、実測はしてないですが。「あがたの森通り」っていうのか、あの通り……。松本バスターミナルは駅東口のちょっと横になりますが、地上に出れば駅が見えるので目安になるかと。ちなみに西口は「アルプス口」っていうのだな。

 チケットを取った時は8列目だったんですが、行ってみたら2列目でした(笑)。最近そんなことばっかだな。オケピで6列目までつぶれてたってことですね。段差は一応あったので、前に自分より大きな人が来なければ大丈夫……って、人によってはダイジョブじゃないな。指揮者入場までの間、ファゴットの人とずっと目が合っちゃってたよ( ̄▽ ̄)。

 公式でみていただければわかりますが、すごく綺麗なホールです。中も外も。中は馬蹄形で4階まで。横須賀のホールとちょっと似てます。舞台は狭い感じはしなかったな。ドンキで狭く感じないんだから、結構広いんじゃないだろうか。仏像倒しもできそうな気がする。

 エントランスを入ってすぐのところに100円のコインリターン式の小さなロッカーがあります。結構小さくてですね、大きな荷物は入りませんでしたよ(なんのためのロッカー……)。ダウン(本当は綿入れ)のジャケットとマフラーでぎゅうぎゅう( ̄▽ ̄)。クロークはホワイエの中にありました。仮設だったかどうかは覚えてないや(←基本的に使わない)。

 で、エントランスからまっすぐ階段ないし動く歩道を上がったところが大ホールのもぎり。もぎりの前もだだっ広いロビーになっていて、ものすごく後方にトイレがあります。
 チケットをもぎってもらって、まっすぐ延々と延々と……延々といった先に小さなビュッフェ(サンドイッチと巻きずしあり)があって、その奥がトイレ(男女とも)。遠かったよぉ。舞台上手側になりますねー。トイレの数はわりとたくさんありますが、ゆうぽうとの2階と同じでF字反転型に近い構造なので、整理のおねいさんが欲しいところです。

 2階に高そうなレストランがありますが、通り向いにCOCOSもあります。松本なので駅周辺はそれほど飲食店に困りません。ただ水曜定休のところは結構あったな(笑)。あやうく「食いっぱぐれ日記」になりかけちゃった。駅ビルの4階が飲食店街だけど、入っているのは4つくらいかなぁ。土産物屋と半々くらい。1階にも簡便な飲食店街。ちなみに観光案内所は改札出てすぐ左の向い(←着いたら最初に行くところ)。美術館の割引券とか、市内マップとか、たいがいここに行けば拾えます。コインロッカーも駅の待合室近く、東口のエスカレータを降りたところ(モスバーガーの隣)、バスターミナルの中とあちこちに。平日の昼だったから入れ放題(笑)。

 ホールのすぐ近くに草間彌生で有名な松本市美術館もあるので、早めに行ければ寄るも吉。今ならミッフィーと草間彌生を同時にみるという、ちょっとポップな体験もできます( ̄▽ ̄)。それについてはまた後日。

|

« 松本のドンキの続き | トップページ | 松本の続きの続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/50588246

この記事へのトラックバック一覧です: まつもと市民芸術館:

« 松本のドンキの続き | トップページ | 松本の続きの続き »