« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/31

タッチキンとか愚痴とか

 いいことも悪いこともどちらでもないこともどちらでもあることも、何もかもカオスにやってくる気ぜわしい日々。

 業務連絡的にいえば、4/17のバヤのクラス見学会の招待状が来ました。やれやれ。クラスレッスンとはいえ、K村さんが見られます(^▽^)。ラジャはほとんど踊らないからねぇ。最終幕のトロワのサポートくらいで。はー(←飢えてる)。

 4月のタッチキンの公演は延期が発表されました。中止ではなく延期、しかも5月上旬(連休明け)です。詳しくはこちら。東バのバヤと重なっていたので諦めてたけど、これなら行けるかもしれない、と前向きに考えよう(ルダコさん、来るかな……)。東京・愛知とも、すでに販売されたチケットは、指定日(選べません)の同席に振り返るか、払い戻しだそうです。よくこんな時期に4日もオーチャードが取れたな、と思うけど、もしかしてそこもキャンセルになったりしたのかな……。
 
 休館中だった北上のさくらホールは1日から営業再開(大ホールは18日以降)。詳しくはこちら
 交通や工場など、再開のニュースがいろいろと聞こえてきて嬉しい気持ちになりますが、その反面、今までわからなかった被害状況なども見えるようになり、途方にくれたりもします。

 そんで、明日(今日だ)の花柳さんちの傘寿のお祝いの会でやる「ザ・カブキ」にK村さん2ヴァリ出演……orz。いや、がっくりくる話じゃないんだけど、どうがんばっても見に行けないからさぁ……。初演時にお世話になった数少ないダンサーの一人だから出る可能性はあるだろうと思って、結構真剣にチケットは探してたんだけど、気づいた時にはB席しかなくて、フォーラムAのBがどんなものかはもう、長年のマールイファンとしてはほらあれそれどれってとこで、かくするうちに地震ですっかり無気力になって……という間隙を突かれた(苦笑い)。はあー。今の会社の状況だと、当日券があったとしても無理だけどな……orz。1年かけて育てた後輩を、4/1付けでよその部に持っていかれることになっちゃったからさー、引き継ぎがさー。これでうちの担当社員は自分とうつ病休職明けのもう1名のみ。補充のあてはないわけじゃないけど、4月いっぱいは40度くらいの熱じゃ会社休めませんことよ。ほほほっ。

 いかん、会社の愚痴になってしまった。

 「ミラー」のグレゴリオの後、「涅槃の芯を踊るのを見たいね」って、ずっと言ってたわけですよ。別に由良之助を踊らなくてもいいから、涅槃を見たいよね、きっと今すごくいいよね、って。はー。なんでまたこんな日に……。年末の本公演でも、一度でいいから復帰してくれないかなあ。どの会場だってがんばって行くよ。45度の熱が出たことにして行くよ(笑)。
 
 というわけで、アドレナリンが上がったり下がったり。カルミナの話はまた明日(←書く書く詐欺というらしい)。


 「ベジャール!」生誕80年記念ドキュメント。カブキのリハと本番がちょろっと収録されていて、由良之助が首もって出てくるところでちょっとだけ映ってます。って誰が(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/30

OFC「カルミナ・ブラーナ」前振り

 OFCの「カルミナ・ブラーナ」へ行ってきました。というか、佐多達枝さんの、というべきなのかな、自分の気分的には。

 東京文化会館も久しぶりのような気がしますが、やっぱ落ち着きます。ホワイエの照明などはやや落としてあったようです。

 後藤(和)さんと武石さんと石井さんが出るのは覚えてたけど、実際に誰が出るんだったかすっかり忘れてて(笑)、プログラムを見ながら、今回は坂本さんは出ないのかー、堀内さんが見られるのは嬉しいなー、などと思いつつ、関口さんが出ないんじゃん!(T△T)ガーン! ……って、間際に気づいてやんの。うーん、何気に好きなんだよ、関口さん……orz。

 併演(こちらが第1部)の「陽の中の対話」は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番1楽章を使った、20分程の作品。舞台装置はなく、肌色(薄黄?)の衣装の男女4組の踊り。プログラムによると「人間の原初の姿、営みを探る」。佐多さんの作品はまだ3回目だけど、やや泥臭いというか、土臭いような気がしていたのが、もう少しクラシカルに洗練された、ややバランシンに近いようなイメージ。曲のせいもあるのかな。

 「カルミナ」の方は「合唱舞踊劇」とて、中央に四角く薄い「舞台」をしつらえ、左右両袖の花道(?)に合唱団、「舞台」の両脇にコロス(歌いつつ、簡単な踊りもする)、ダンサーは概ね中央の舞台で踊る。ほかの装置はなし。衣装も、ダンサーは「陽の……」に近い、肌色(薄黄?)のぴったりとした衣装に、女性はスカート部分の薄物の長さを変えたりはずしたり、合唱団・コロス・ソリストは黒の上下、児童合唱団は白の上下と、シンプルに、かつ抽象的に。

 いやー、いい舞台でした。やっぱり佐多さん、好きだなぁ。

 というところで続きは明日(なんのこっちゃ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/29

丸木美術館の展覧会予定など

Img_1737

 写真は昨年7月、埼玉の丸木美術館裏で。

 先月末から開催中だった「第五福竜丸事件展」(こちら)は、4月30日まで会期延長に。

 本当はこの21日(休)に見に行くつもりでダンナと約束をしていたのですが、地震とその後の経過の中で、とてもじゃないけど見られるような精神状態でなくなってしまったのでキャンセルになってしまったもの(雨降っちゃったしね)。4月末までなら、なんとか見に行けるかもしれません。ラッキー・ドラゴンシリーズがまとめて見られる機会なんて、そうないからねぇ。その頃にはレンタサイクルでも寒くないだろうし(日・祝日は巡回バスが出ないので、美術館に送迎を予約するか、駅からレンタサイクルかになっちゃうので、雨が降ると行きづらい)。
 アーサー・ビナードが「人類はみな、第五福竜丸に乗っている」と言ったのは3月5日のトーク(この記事)でだけど、それを読んだ時はまさかこんなことになるとは思わなかったよ(ちなみにビナード氏の発言は、世界各地で核実験が行われていることに則して)。

 この展覧会の後、丸木では、5月3日から「チェルノブイリから見えるもの 貝原浩『風しもの村 チェルノブイリ・スケッチ』を中心に」展(こちら。貝原さんの絵も見られます)を開催。「画伯」と呼ばれ、一部マニアックに(含自分(^▽^))愛されてきた故・貝原さんのスケッチと、本橋成一氏の写真、今回いち早く福島現地に入った広河隆一氏の写真など。5日には、貝原さんとチェルノブイリに同行した小室等氏のライブも。

 貝原さんのおおらかな愛情を感じるスケッチに現地の人のたくましさが加わって、希望が見えるような展覧会になるといいな。それはこちらの見方次第なのかもしれないけど。

 運動的には「チェルノブイリ世代」に当たる自分(当時大学生)。電車の中で聞こえてくる会話や、ツイートやその他モロモロ耳目にしつつ、この25年で忘れられたもの、伝わらなかったものの大きさに愕然とすることが多くてそれだけで凹むけど、師匠に言わせれば「オレなんか50年以上そうだよ」ってことになるんだろうな。

 このところ聞いているのがユキヒロさんばかりっていうのは、多少は「楽観的なウツ」みたいなものなのかもしれない。明日はOFCの「カルミナ」に行きます。定時であがれますように。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/28

ダンマガをかいに。

Img_2132

 浜松のバードハウスの中で。

 熱っぽいのは納まったけど、咳がひどいので今日も無為。本棚の整理など。ってか、これが咳の原因じゃねえだか?( ̄▽ ̄)

 残業とお店の短縮営業で、平日は買い物難民と化しているワタクシ。ご町内で調整して、午前〜午後の店と午後〜夜の店とかしてもらえないもんかとマジで思う。
 というわけで、日曜日のうちにダンスマガジンを買いに行きましたよ。なんつっても今月は「ミラー」が出てるはずだし。DANZAも……と思ったら、そっちは手に入らず。池袋のHMVのクラシック売場がなくなっちゃったのと(ほかの売場は縮小残留。跡地は熊沢に)、芸術劇場が早じまいしてたのと……orz。
 東武ルミネの無印良品の店の棚がすごくガラガラだったので、なんの買い占めかと思いきや、閉店セールで全品20%オフだった。やれやれ(←いいつつ自分もシャツ1枚購入)。

 ダンマガの方は、K村さんの写真はアタックが1枚。バロッコのパドシスの写真がないのが残念だなぁ。評はいい評だと思うけど、今のところ各演目の総覧的なものばかりで「どうつないだか」に着目したのがないのが残念。まあ自分で書けってとこなんだけども。アタックとボリビアの間のグレゴリオもとても大事な場面だと思うけど、そこについて書いてるのも見ないなぁ。まあ、評自体があまり出てはいないしな。

 ついでなので「バレリーナへの道」の今月号を立ち読み。マールイの冬公演のレポは、ロミジュリ(ペレン組)、くるみ(ヤパーロワ組)、ドンキ、ジゼル(シェスタコワだったかな?)、白鳥(ペレンだったかと)と、ぐるりと全演目制覇(^▽^)。メインはロミジュリ……だと思う。ツァルの鞭が話題に(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/27

クッキーでも義援。

Img_2091

 浜松、コツメの仲良しお尻。

 風邪が結構にヤバイ。のどにモロに来ています。腹筋が痛くなる咳ではなく、のどが「おえっ」ってなる方の咳。

 そんなこともあって、今日は基本的に無為。今月いっぱいで退職するパートさん(というかフリーターさん)のおみやげ用に(←前任者からこういう習慣になってるんですよ。まあ一人200円見当の集金なんで、大したものじゃないんですが)、池袋まで買い物に行ったくらい。前任者はそういうことにマメな、ある意味「女子校」的な人だったんですが、ぢぶんはどちらかというとそういうことが面倒なタチなんで、大概、お菓子やフレーバリーティーや入浴剤なんて「消え物」で済ましちゃうんですけどね。

 というわけで、サンシャインをぶらぶらしてたら、西武から撤退した「ステラおばさん」がいつの間にか入ってまして。ステラおばさん好きですんで(笑)、「これでもいいかな」と眺めておりましたら、「震災支援クッキーセット」なるものがありました。2000〜2400円程度のものが入って、1050円。1割だったかが、義援金になるそうな。
 ……まあ、中味はホワイトデー用のセットをいくつか組み合わせたものなんですが(袋が透明だからちゃんと見える)、賞味期限は4月末ですし。売り子のお姉さんがなぜか半泣きみたいになって一所懸命説明してくれるので、1セット自分用に買いました。なんせ、ステラおばさんは好物ですから(笑)。チョコがけクッキーは正直、今一つだけどな。

 ま、いろんなところで「支援」があります。義援金送り先の日赤一元化みたいな状況には疑問もありますが。そして「銃後」モードにいい加減うんざりも。

 スーパーの物はだいぶ戻ってます。昼になかった米も夕方にはあったしな。牛乳も普通にあるけど、鉄強化牛乳がなかったなぁ。鉄剤アレルギーなもんで、アレで鉄分補給をしてたんですけども。

 「Taroの塔」の2回めの録画を見終わったら、ちょうど3回目の放映にギリギリまにあった(笑)。なんでぢぶんが岡本太郎に無関心でいられないか、が、ちょっとわかった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/26

上野のウミネコ

Img_2472

 3/6上野不忍。こちらはウミネコ。足とくちばしが黄色いの。ユリカモメにしろウミネコにしろ、「魚とっちゃダメ」看板が好きらしく、どの看板にも大概どちらかが留まってます。

 えーと。近所のお稲荷さんで、「尾が長いけど、オナガにしちゃ声が変」な鳥をみかけまして。逆光の梢をようよう確認してみたら、どうやらインコの類いのようでした(緑っぽいヤツ)。うちの辺りで野良インコを見ることはなかったので、飼われていたのが地震で逃げたのか、地震と無関係に逃げちゃったのか、どこかから移ってきたのか。2羽連れだったけど、つがいなのかな。気が付けば今年はメジロをあまり見なかったなぁ。

 ちょっと風邪気味です。会社はかなり暖房温度を下げているので、腰痛対策を兼ねて腰カイロを貼ったりはしてますが。この土日は休みなので、片づけの続きなどしつつ休みたいと思います。寝るのがいちばんの省エネだな。電気毛布とか持ってないし。あ、「Taroの塔」の3話も放映されるようだから、録画した2話を見なくちゃいけないんだな。

 休館していた上野の国立博物館のメールマガジンによると、29日(火)から展示館限定で再開するそうです(これ)。埴輪は見られるようだw。春の庭園開放は実施、写楽展は5月に延期。開館時間は10時〜16時。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/25

携帯にすぱむ。

Img_2465_1

 3/6の不忍にて。9時過ぎに帰って一度寝落ちして12時過ぎにごそごそ起きるというこの悪癖は、電力需要の分散という意味では、半端な省エネよりも時局にあっている気がしないでもない。

 PCの方のスパムメールはこのところぐっと減って、スパムじゃないけどただ消すだけのGyao!なども来なくなって助かりますが、携帯の方は相変わらず。もっとも、ドメインを見るに、出所は多くないようですが。

 件名の変遷。

 読みなさい→お金がない→うざい!→今の収入に30万円足したらいくらになりますか→テレビ見た!?→とりあえず20万円振り込みました→読まなくていいんで登録してください→絶対に信じないんですか!?→正式採用となりました→寝ました。→一生ムシる気?→100%稼げる情報です。成功率100%です。→すぐに振り込まれたら信用しますよね?→大丈夫?→1回返信くれる度に2000円支払います!→いい加減、稼いでくれませんか?→ヤミ金→重要 入金確認のお願い→テレビ見た!?→まだ?→審査結果→ここであなたの人気が爆発してるって聞いてます? ←今ここ。

 ドメインが微妙に違うけれども、同じ出所であるであろうもの。開封はしてないので中味はわかりませんが、件名だけでもそこはかとないストーリーを感じる。「テレビ」が2回あるのが芸がない。そして、自分は何を審査されたのか( ̄▽ ̄)。ってか、消せよ、オレ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/24

業界での支援の動きとか

Img_2462

 業務連絡的に。6月の東バの白鳥のチケット(アッサンブレ経由)が着。そういえばNBSのウェブで買った方は来てないが……と思ったら、そっちはコンビニで刷り出すんだったよ(笑)。すっかり失念。

 写真は3/6の上野不忍のユリカモメ。ぢぶんは本格的なバードウォッチャーではありませんが、鳥を見るのは好きです。好みで言えば、水鳥と猛禽類、大型鳥類。小さい山鳥は好きだけど、行けば見られるってもんでもなく(^▽^)、確実に「見に行ける」のはやはり冬の水鳥です。お手軽に好きなのはカイツブリですねー。キンクロはたくさんいるけど好みじゃない、と言ったら、ダンナに「あれは人相が悪いから」と言われた。そうか、人相悪いのか。オオバンも人相悪いけどな。
 この日は、キンクロはいつも通りたくさんいて、なぜかユリカモメよりもウミネコがたくさん。ここ数年でウミネコが増えたような気がする。鴨はあんまりいなかったなぁ。

 例に寄って新文化によると、講談社が被災地への絵本・児童書・コミックなどの寄贈を決めたそうです(これ)。天童を拠点に約12000冊を岩手方面の避難所へ。地図出版で有名な昭文堂は、被災地の地図計9点を緊急出版。東北6県+茨城県地図等の売上金の一部を日赤経由の義援金に(これ)。有隣堂でも全店舗で募金開始(こちらはピース・ウィンズ経由)、角川は小中学校への書籍の寄贈など、出版・書店業界でもさまざまな支援の動きがあります。

 自分が担当してるのは店舗/外商発注のシステムのはしっこだから、版元さんや書店さんが動けるように、しっかり仕事しないとな……。ぜひ、本はお近くの書店さんでお求めを♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/23

くらくら

Img_2485

 3/6上野動物園で、プレーリードッグ。せわしない動物。

 東京でも今日は余震が何度かあったけど、やっぱり本棚を移動したおかげでだいぶ気持ちに余裕ができた(笑)。そしてノートPCは暖房器具にもなるなぁと。おいおい。

 うちの会社の建物はとにかく揺れるらしく、地震の日に保育園行事で休んでいた同僚が「震度2くらいでこんなに揺れるの?!」とエキサイトしていた。ちなみに彼女は一戸建てから自転車通勤。地震の翌日の土曜に出勤してきた時も「ここ、何があったの?!」とびっくりしてた。うん、うちの建物、揺れるみたいだよ。避難した公園からみてた時も、うちの会社だけ揺れてたからねぇ(苦笑)。自社ビルじゃなくて、大手物流会社のビルのフロア借りなんだけどね。建物ごとつぶれない構造だとは聞いてるけどねぇ。

 先週の土曜日に出勤した分の「貯金」があるので、今日は定時に帰って医者へ行って薬をもらう。先週で切れていたのを引き伸ばしてたので、ようやく。これでめまいが減るといいな。
 めまいは地震の前からで、ひどくなったというわけではないけど、地震のせいでおさまりが悪い感じ。先生も「私も時々、自分なのか地震なのかわかんなくなっちゃうわー(笑)」だって。会う人がみんな同じことをいう気がするよ(笑)。

 そんなこんなで、帰ってから夕飯と、ついでに2日分の弁当を作る。弁当といっても、豆ご飯とタジンの蒸し茹で野菜だけだけども。片付けの続きはー。いつー。


 なんだか東電に出力調整実験されてるみたいだ。この情報を与えた時の出力はこれくらい。

 昭和Xデーにオイルショックを足したような街とネット。善意にも悪意にも真綿で首を締められる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/22

本棚移動完了。

Img_2107_2

 昨年9月、浜松市動物園のロバ。ここの話も中途半端になっちゃったっきりだなぁ……。頭のいろんな回路がちゃんと動いてない感じ。

 とにかく、本棚の移動は無事に終りました。これで寝てようが起きてようが、ベッドの上で本ないし本棚に潰される心配はなし。今の部屋に住み始めて以来だから、3年越しの課題(苦笑)が片づいた、というところ。

 ただし、今まで前後二重に入れていたのを止め、今回の移動で2段ほど出し入れ困難な部分ができたので、相変わらず床の上は本の山です。今まで「なんとなく」取っておいた本はもうブック某なり資源ゴミなりで処分することにしました。捨てるしかないかと思っていた雑誌(A5判)は、100均で買った整理袋に詰めて、本棚の「出し入れ困難部分」に重しとして沈めました。下の方が重くないと安定が悪い。こんなアブナイ状態だった本棚が倒れなかったのは、下2段にダンマガと公演パンフという重しがぎゅうぎゅうに詰まっていたせいではないかと、ちょっと思ったりもする。

 そんで、窓際に行った本棚に、ホームセンターで買った「遮光性カーテン」(「遮光カーテン」と違うのか?)をクリップ式マグネットで留めて、とりあえず今日の作業はおしまい。

 あとは落としっ放しにしてある本の整理とか、新聞の山の整理とか、もう……( ̄▽ ̄)ワラウシカナイ。まあぼちぼちやるしかないんだけど、ぼちぼちって本当にやらないのも同然くらいのぼちぼちだからなぁ(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/21

オフの日。

Img_2497_1

 3/6、上野動物園のペリカン。

 結局、天気はよかったのでどこかに行けばよかったかなと思いつつ、家の片付け。本棚の移動先はできたけれども、そこに置いてしまうと下2段は完全につぶれるというか、上の段の棚板を外して物を取る(要するに本棚としては機能しない)ことになる。それが今まで渋っていた理由なんだけど、もうしょうがないな、これは。頑張って本を減らすしかない。とにかく明日は本棚の移動をやってしまおう。

 気になっていた6月の東バの北上公演ですが、予定通り20日に一般発売が始まっていました(こちら)。ホールは今月いっぱい休館のようですが、業務は行われているということでしょうか。公演はともかく、発売は延期になるかと思っていました。さくらホール、頑張るなぁ! どうか予定通りに公演が行われて、たくさんの人の心の潤いになりますように。

 一方、新潟公演の方は、県民会館のサイトに4/8一般発売との案内が載っています(こちら)。「11/6(日)「ラ・シルフィード」」というのは何だろう。どこかのカンパニーの公演予定があるのかな。ちょいと気になるところです。
 このところの新潟・長野の地震も大きかったのですが、東京からはなかなか様子がわかりません。新潟日報のサイトによると、新潟での計画停電はいまのところすべて回避されているようです。

 まあ、ひところの地震速報の頻発でちょっと参ってしまい、あまりテレビをつけてない、というのもあるんですけども。伝えるべきニュースはたくさんあるはずなのに、同じニュースと映像がぐるぐると繰り返されている気もします。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/20

寒桜

Img_2461_1

 このブログの左サイドにもブログパーツを貼り付けてありますし、多くのブロガーさんが使っている「クリック募金」の「イーココロ!」では、今回の震災現地で活動しているNPOへの支援(募金)を呼びかけています(こちら)。国境なき医師団が早くから現地での医療活動を開始していることはツイッターで読みましたが、ほかにも海外の災害救援に従事してきた団体が、そのノウハウを活かして活動を始めています。報告を掲載している団体もあります。クレジットカードだけでなく、イーココロ!のポイントでも募金ができるのがいいかも。自分のポイント、ちょっとしかないけどな(←あまり通販を使わない)。

 3月6日、上野不忍の寒桜。公園の中には咲いている木もありました。今日はあったかだったから、だいぶ咲いたんじゃないかな。20、21日は普通に休みだから見に行きたいところだけど、天気はよろしくないようだし、家の片付けをしなくちゃね。本棚の移動に当たっては遮光カーテンが欲しいところなんだけど、こういう時にキンカ堂がないのは不便だ。いや、ホント、不便なのよ(苦笑)。でも本棚3台がフラワーロックみたいにユニゾンで揺れてるのは嫌なもんだねぇ。まあ横に揺れてるから倒れなかったんだと思うけど。

 土曜は3時まで通常業務で仕事の追い込み。やっぱり明るいうちに仕事するのがいいよ。夕方は歯医者で無事に治療をし、少し買い物をして、仕事帰りのダンナと落ち合って夕飯。「どれみふぁワンダーランド」をみるべく(笑)目覚ましをセットして寝たのに、そのまま1時まで寝てました。アコスタのソロル、楽しみだったのに(T_T)。再放送は忘れずに見よう。

 それにしても、駅で待ち合わせたダンナってば、安全靴に白のキャップにザックで、ジャケットのポケットはパンパンだし(←これはいつも)、すげぇ怪しすぎ( ̄▽ ̄)。これで職質に会わないのが不思議だ。「意図はわかるが、その恰好は凄すぎる」と言ったら、「昨日も言われた」というので、ずっとそんな感じらしい(しかも直す気はないな)。せめて安全靴の中にズボンの裾を入れるのをやめたらいいと思うんだが、以前「それじゃ安全靴の意味がない」と一蹴されたので(笑)、そこも彼なりのこだわりらしい。うーむ。

 気が付けばお彼岸。近所の沈丁花は満開でした。このまま暖かくなるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/18

スタダン「幸福の王子」の覚書

 土曜が出勤なので、今日は残業しないでいいかなと思ったのだけど、パートさん(というよりもフリーターの若い人たちなんだけど、就業時間が社員より短いので社内区分的には「パート」になります)たちが「残業しましょうか?」と聞いてきてくれたので、そのままみんなで1時間だけ残業。そもそも例年よりも少ない人数で年度末業務に突入しなくちゃいけないというのに、月初めにいきなり退職者が出たりして(←以前のボヤキはこれ)、どうにも無茶な状態なので本当にありがたいんですが、一方ではこんな状況なので残業してもらって停電になったり、電車が停まったりしたら……と思うと早く帰ってくれた方が安心だとも思ったり、でもわざわざ言いに来てくれるというのは、こちらを心配してくれるとともに少しでも(地震で来れなかった分などを)稼ぎたい気持ちもあるんだろうな、と、まあいろいろと中間管理職(ヒラ社員だけど)としては悩ましくもあります。来週の残業を極力減らせるよう、明日がんばって追い込みをかけよう。

 昨夜は久しぶりにゆっくり寝ました。やはり二度ほど目は覚めましたが(薬の作用でトイレが近い)、その後寝つけないということもなく。さっきも、11時過ぎにダンナの電話で起こされるまではぐっすりでした。やっぱり疲れてるなー。

 スタダンの公演について書き損なっていますが、トリプルビルのうち、2作はいわゆる「コンテ」で、鈴木稔氏の「幸福の王子」が「物語バレエ」。鈴木氏の「物語バレエ」は、ドラクエなどもそうですが、クラシックを基本に、アクロバティックな動きはそう多くなく、比較的シンプルに、しかし「物語」を伝えることを大切に、という作風であるかと思います(日本語が変だ)。

 「幸福の王子」は二人の天使(林ゆりえ・吉瀬智弘)が、「この世でいちばん尊いものをふたつ持ってくるように」と言われる場面から始まる1幕物。誰でも知っている話のはずなんですが、このくだりは忘れてました(笑)。天使の林さんがとってもキュート。吉瀬さんは背が高くて、衣装(白のランニング?的な上と短パンで、背中に羽根の絵)のせいか、ちょっと「体操のお兄さん」っぽいイメージ。

 王子は大野大輔さんで、おっとりとした育ちのよさからくる優しさがぴったり。動きもノーブルで、牧の塚田さんに雰囲気が近いかな? 正直、デジレやアルブレヒトではないような気がしますが、イヤミのない「身分の高さ」という意味ではまさに「王子」です。
 使いのツバメは福原さん。衣装が、ひざ下で絞った黒のパンツなので、折角の脚のラインがキレイに見えないのがちょっと残念。黒タイツじゃダメなのかなぁ。見た目のイメージがちょっとナガセくんとダブるんですよね。ナルシーじゃないナガセ(そんなのナガセじゃないぞ!)というか。
 「町の権力者」の新田さん、黒田さんの俗物ぶりもいい。こういう「適材適所」の配役をみると、座付き振付家の強みを感じます。

 音楽はショパンを組み合わせて。このかん、地震速報の音などがこびりついた耳を、この舞台で使われた「英雄ポロネーズ」や「ショパニアーナ」の「マズルカ」の曲が助けてくれました。
 また、おちついたらゆっくり書きたいと思いますが(いつだ)、いろいろ迷ったけれども行ってよかったです。しかたないとはいえ、もう少したくさんの人に見て欲しかったなぁ。スタダンの皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/17

今日は寝ます

Img_2510

 ちょっと疲れてきたので、節電かたがた早いけれど寝ます。多分、トイレとかで起きちゃうけどな。目が覚めて、ちょっと寝つけなかったら携帯でツイートでも読むことにします。

 写真は、6日に上野動物園で撮ったハシビロコウ。何羽かが、ケージの中で営巣していました。

 ではおやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もうじき週末だし

Img_2306

 復旧、ではないけれど、電車の営業区間が伸びるに従って、朝のラッシュも本格的になってきました。80年代の京王線の通勤快速くらい(どんなくらいだ)。あの頃は山手線の駅にも通称「プッシャー」っていうような、通勤電車に人を押し込むのが仕事、というバイトさん(?)がいたものだけど、いつの頃からか見なくなったなぁ。

 東京の揺れは、よそと比べれば「たいしたことない」なんだけど、東京(都下だ)に生まれて40年以上暮らしている(一部千葉)ぢぶんでも、おそらく初めて、というほど大きかった。少なくともぢぶんが覚えている中で、立っていられないほどの地震は初めて。会社の建物の構造はとにかくとしても。同じように60年近く東京(一部千葉)で暮らしているダンナからにして、「初めてじゃないかな」というほどの地震ではあったんですよ。仕事中なんかは気が張ったり、集中したりしてるからいいけれど、身体の方ががたがた文句を言ってもしょうがないってば。

 ぢぶんも、会社にいる間は一応「班長」(手当ないけど)だし、年長者だし、パートさんや後輩に気を配ったり仕切ったりしながら、いっぱいいっぱいで回っている仕事をこなさなくちゃいけないし、何より周囲に人が多い分心強いのもあるからなんとかなってるけど、やっぱり疲れてるなー、という自覚はあるな。例のキャビネットのおかげで、死に損なうとはいわないまでも、危うく「重傷1」になったかも、というのも、実は結構ショックだったのかー、とか(←テンパってるから自覚は薄かった)。その話は、また落ち着いてからでも。今笑い話でネタにできるんだから大丈夫さね。

 まあ、もっと怖い思いをした人はたくさんいるわけで。ぢぶんは、仮詰めの歯が痛むたびに、歯を削ってる最中じゃなくてよかった、と思います。ぢぶんがそういう瞬間にあたる確率は少ないけど、歯医者さんの中にはたくさんいるんだろうな。削ってる最中に地震とか。土曜日の夕方、歯医者だな。

 さ、あと2日(土曜も出勤)。連休中には部屋の片付けに着手しないと(←絶対終らない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/16

その日の書店

 今日はほとんどの社員が出勤。電車は月曜よりもずっと混んでいたけど、あれだよね、「通勤ラッシュの北千住より全然マシ」みたいな(笑)。あれを千代田線と常磐線で合わせて6年やったから大概のことはそれで済む。中学から京王線の通勤快速で通ってたし。東京の人はラッシュ慣れしてるからこういう時にも「普通」な感じ。

 金曜の業務中断と月曜の初動の悪さの影響が火曜になってやってきて、久しぶりにパートさんにまで残業(1時間だけど)してもらうハメに。水曜以降、どういう具合(見本の集まり具合も電力事情も通勤事情も)になるのかよくわからないので、とりあえずできる時に多めに片付けておいて、明日ノー残業になるならそれでよかろう。

 各地の書店の様子などはぢぶんのポジションからではなかなかわかりませんが、新文化のサイトにまとめがありました(こちら)。
 また、地震発生直後からの書店のツイートを集めたものがこちらにあります。

 同じく新文化のこちらによれば、取次の配送は隔日になるみたい。こういう情報はうちらのところまで降りてこないんだよなぁ。下請けだからなぁ(ノ_-。)。

Img_0396

 ずいぶん前のたんぽぽ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/15

ま、なんとかやってます

 や、さすがにくたびれてきたらしく、歯が痛い。先週、次の歯の以前かぶせた銀を剥がして仮詰めをしたところ。疲れるとこういうところに出るよなぁ。

 始業時には全体の三分の一ほどでしたが、徐々に会社に到着する人が増えてきて、最終的にはパートさん含めて四分の三くらいは出勤してたのかな? 千葉の方から出社してきたフリーターの子にはびっくりしたよ。「電車動いてたから」って、来てくれてとっても嬉しいし助かるけど、無理しちゃダメだよ! 後輩は、親戚の消息がわからない、と半泣きになってたけど、「家で一人でニュース見てるの怖いけど、家にいると見ちゃうから」と言って出勤してました。なんのかんのいって、会社って今でも「共同体」としての機能は残ってるんだなぁ、と、この3日間で感じました。

 まあ年度末ですから、11日めいっぱい残業して、12日の土曜出勤日にめいっぱい仕事して、とにかくかつかつ、みたいな業量なのにあの地震。とにかくなんとかしないと自分も同僚もエライ目にあう、ってのは大きいですけども(苦笑)。うちみたいに「今日着荷したものの納期は明後日」という短いサイクルで動いていると、溜めておいて一気に仕上げるみたいなことができないので、みんな必死。

 自分らの仕事は、遅れようが間違えようが、取引先に多大な迷惑をかけるにしても、人の命に関わることじゃないし、一刻を争うことじゃないかもしれない。だけど、書籍流通は文化の血管のひとつだからね。身体と相談しながらがんばるよ。

 とはいえ、さすがにくたびれてもきたわけで(笑)。仕事中はテンションあがってるからいいんだけど。うちも会社も「計画停電」の範囲には入ってないけれど、停電がいつあるかはわからないからと思って、冷凍庫の中味を喰い尽くそうキャンペーン中です。今日は帰りが9時半頃だったし、あまり食欲もなかったので、冷凍うどんでタジン。山東菜、マイタケ、長ネギ、インゲンに生卵を落としてちょっと蒸らして。インゲンにうどんが意外と合います。それと買い置きの小魚の佃煮。

 今、自分(たち)がやらんとならんのは「食べ物を大事にする」もあるなぁ。これ以上買ったら食べ切らずにダメにするかも、ってところでちゃんと止まること。買ったものは無駄にしないで食べること。日ごろからやらなきゃいけないことだけど(笑)、今さらながらに思いました。

 あ、停電対策で冷蔵庫に保冷剤(アイスノンとか)を入れる時は、上の段に置くと、昔の氷式冷蔵庫的な効果があるんじゃないかと思います。「氷式冷蔵庫」って、電気じゃなくて氷で冷やす冷蔵庫のことね(^▽^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/14

よっしゃ!

 出勤します。
 もう一度貼っておきます。自分のツイッターのアカウント@ayasegawa_neta は、左ブロックの「ツイッターやってます」画像またはここから入れます(接続できれば)。ツイッターのアカウントがなくても、携帯やPCのブラウザでみることができます。

 就業時間は無理ですが、それ以外に気づいた情報があればアップできるかもしれません。また、あちこちカーソルで触ってみて、クリックできるところがあれば、そこにジャンプできます。行った先の情報が正しいかどうかは、判断してください。自分がアップした中で間違ってると思うものがあれば、このエントリのコメント欄に書き込んでください(ソース先と一緒に)。

 何か目に優しいものが見たいと思ったら、自分のフォロワーさんのギャラリー彩の瀬さんの「綾瀬川の花鳥風月」をどうぞ。写真集なのでデータが重いかもしれませんが、川の方の綾瀬川(笑)の鳥や花が見られます。彩の瀬さん、勝手にすみませんo(_ _)oペコ。

 じゃあみんな、今日も長くなりそうだけど、生き抜こうぜ!ヽ(´▽`)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタダンのトリプルビル その1

 えーと、こんな中ではありますが、スターダンサーズ・バレエ団の「振付家たちの競演」に行ってきました。ちょうどこの土日で開催されるかどうかわからんなーと思っていたのですが、開催決定ということだったので。楽しむ気持ちにはなれないだろうなー、と思いながらでしたが、現金なもので、始まってしまえばすんなりと作品の中に入れたように思います。

 自分が持っていたのは2階の2列目の席でしたが、2階席はすべて1階席に振替となりました。自分で選ぶのではなく、あらかじめ「この席はこの席に」と決められていて、受付でチケットを引き換える方式。理由は聞きませんでしたが、地震が(弱くても)あった場合、2階席の方が揺れが増幅されるからかな、と思いました。

 場内には、今回の収益は被災地への義援金とする旨の貼り紙がありました。また、開演前に主催者から短い挨拶もありました。こんな状況で開催するかどうか迷ったこと、しかし見に来てくださるお客様がいるなら最善を尽くそうと決めたこと、収益を義援金にすること、安全に関しては最大限注意しながら進行する、などなど。メモなどとっていませんから正確な言葉ではありませんが、概ねそういった趣旨で、簡潔で好感のもてるものでした。

 スタダンゆかりの振付家3名による新作公演という意欲的なプログラムでした。特に鈴木稔氏による「幸福の王子」は、適材適所の配役、クラシカルでイヤミのない振付とわかりやすい物語進行、ちょっとキュビズムを思わせるようなシンプルだけど洒落た装置など、「座付き振付家」の強みを発揮したすてきな作品でした。

 歯が痛いので、個々の作品については明日にでも。やや業務連絡的にいうと(笑)、周藤くん、横内くんはともに「幸福の王子」の「町の人々」という群舞の中にいましたが、それなりに二人で組んで踊る場面もありました。周藤くんは、舞台でのアピールがぐんとついてきて、やや野心的な感じも。横内くんは(久しぶり!)相変わらずややエンジンのかかりが遅く最初は表情も固めでしたが(笑)、両腕をアンオーにしてポーズを取った時に、自分は彼のこの空間の取り方が大好きだったんだな、と改めて思いました。くっそお! ばかばかばかー!・゚・(ノд`)・゚・。

 えーと。客入りは案の定悪く、自分みたいにスグチケで買った(←収益を下げてる)客もいるだろうし、「収益、でるのか……」と思わなくもなかったり。収益はともかくとして、もう少し多くの人にみてもらいたかったなー、と思いました。来たくても来られないという人も多かったろうとは思いますが、ちょっと残念。

 開催についてはいろいろあるかもしれませんが、ダンサー・スタッフの中にも被災地の出身の人、連絡の取れない親戚・知人などのいる人がいたかもしれませんし、ほかさまざまな人がさまざまな想いを抱えた中での公演であったろうこと、しかしその中でもいつもと変わらぬ舞台を見せてくれたことは心にとどめておいてもよいのではないかと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/12

とりあえず無事にしています。

110312_12300001 みなさん、心騒がしくいらしゃると思います。自分もすごくテンパリました。仙台の「昨夜のバレエ」の槻本さんから「自分も家族も無事」とのツイートがありました。ブログの方にも近況が書かれています。本当によかったです。心配されてる方もいらっしゃるかと思うので、ここに。

 自分のアカウントはこちらです。ツイッターのアカウントを持っていなくても読めます。外出中や、情報などはここへ書き込むことが多いので一応。

 昨日の自分の顛末などを「続く」に。いろいろありましたが、筋肉痛程度ですんでよかったです。会社に一泊して、今日の昼過ぎに帰宅しました。心配してくださった方に申し訳ないくらいスムーズに戻れましたし、同僚たちといたおかげで、心強く夜をすごせました。

 写真は、今日の家の近くの庭木。せめてもの目のやすらぎになればと。


続きを読む "とりあえず無事にしています。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/11

ダンナも無事

ヤマヒデの無事を確認。
二人とも職場泊まり。
携帯の電池が少ないので、これで。
みなさん、どうかご無事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず無事

会社に缶詰め中ですが、とりあえず無事です。
三鷹の実家も被害なし。
むしろ家がどうなってるか不安です。自分のせいで火事になってませんように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北上の白鳥、(やや)詳細出ました

 横須賀公演はいつもながら早く情報が出るものの、ほかはなかなか開かない全国公演。やっと北上が出ましたーヽ(´▽`)/。

 これの2番目。さくらホールのサイトって、凝ってるわりにわかりづらいんだよなぁ。というか、凝ってるからわかりづらいのか。

 結果的にはアッサンブレ通しの方が500円ほど安かったようです。アッサンブレ通しの各地主催公演は「アッサンブレ割引」にならないので(主催が違うからね)、まったく割引にならない場合/多少安くなっている場合、先方の一般発売が開いてみないとわからないんだけど、最終的にはちょっとお安くなってることが多いみたいです。

 発売は3/20(日)9:00から。10時じゃないので注意。ホールと地元プレイガイドのみの発売で、ぴあやローソンチケットなど大手での販売はないようです。アッサンブレの申込を忘れた人や、Sでない席を申し込むつもりだった人はここでゲットだ! ペア割引あり。

 チラシは前回の例の妙な衣装(笑)。こうしてみると妙でもないような気もするんだが、やっぱり妙な気もする。今回も木村さん(だけ)はこれなんだろうか。いいじゃんいつもの白で、と思う一方、もう一度アレを見たい気持ちも半ば( ̄▽ ̄)。

 チラシ、もっと大きくならないかなー、裏面はないのかなー、と探し回ってみましたところ、チケットサービスのページの中(ここから「バレエ」で検索)の写真がでかくなりました。それによると、弾ロットバルトに松下道化、トロワは高村・佐伯・長瀬組のようです。いちばん下の方にちっちゃく「ワークショップ、開演前のプレトークなどを予定」とあるので、早めに北上入りした方がよいですな。オケなし公演だけど井田さんが来てくれるのかな? それとも監督とか監督輔とかのトークになるんだろうか。クラス見学はないのかなー♪ 平日だから無理か、それは。

 ちなみに裏面はまだ発見できてません(作ってないとか?)。新潟公演の詳細も出てるかなーと県民会館まで行って見ましたが、こちらはまだ5月の予定までしかアップしてないようです。

 さくらホールの「年間5公演のおすすめセットSactive倶楽部」って、「TAO LIVE 2011 ~浮世夢幻打楽 参の絵巻~」「白鳥の湖」とあと3つ何なのかがちょっと気になる(^▽^)。


予告。
Img_2102


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/10

カンフェティ/浜松のゴリラとか

 演劇系フリーペーパーの「カンフェティ」は、最近必ずといっていいほどバレエ関連の記事が出ていますが、今月は小出さん登場です。4月の「バヤデルカ」に向けてのインタビューが1ページ。身長、160ないんだ! というのもちょっとびっくり。小柄だとは思っていたけど、160はあるもんだと思ってました。ニキヤの踊りは、身体を「重たく見せるテクニックが必要」なのだそうで、具体的にどんな場面なのかよくわかりませんが、婚約式のソロの辺りなのかなぁ。

 タッチキンのコレスニコヴァのインタビューも。700回も白鳥を踊ってるというのもスゴイなぁ。毎回新しい何かを盛り込もうとしているのだそうだ。パートナーについても語ってくれればいいのに。

 さて、ところは浜松です。
 水棲動物(?)と子ども動物園のある一角を抜け、道なりに下ります。イメージ的には、裏山(丘くらいか)に唐突にぽこぽことケージがある感じ。

Img_2020

 乙事主がぶおーん!!   

 ま、お約束で。最近「サクサク」見てないなぁ。

Img_2024

 立体交差の下をくぐります。快晴。残暑。暑いよう。
 突き当たりを右に行けばミニサファリ。左に行けば類人猿・猿を通って小獣。サファリにコツメはいないだろうから、とりあえず左にいきませう。

Img_2027

 ゴリラさん。ちょっとオバサン顔。すごい集中力で鎖をいじってました。その前で記念撮影する家族連れあり。

Img_2031

 寝ながら尻をかきつづけるおっさん。

 このほかに「猿のアパート」だの「ヒヒのアパート」だの、この動物園のウリのひとつのゴールデンライオンタマリンだのが密集してるんですが、申し訳ないことに、ぢぶん、猿類に関する興味がまったくといっていいほど枯渇してるんだな。年とともに、動物に対する興味もだんだん特化が激しくなって。

Img_2135

 入口近くの池のそばにいたクモザル(だと思う)。場所違いだけど、猿類でまとめてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/09

第2ポイント通過

Img_2008

 エミューさんです。俳句はついてないけど。浜松市動物園、もう少しひっぱります。

 さて、お目当てはコツメちゃんだったはずなんですが、ゲートでもらった地図を見てもどこにいるのかわからない。ふむ。

 と、いいながらふらふらとペンギンまで来ちゃったんですが。ふと振り返れば、そこにはアシカ。

Img_2019

 アシカ。ここはかなり低いところにあるプールを上から覗き込むようになっているので、ちょっと物足りなくはあります。給餌のときは、お兄さんとのいちゃいちゃっぷりが楽しいですけども。

 あ、ここにも何か貼ってある。

Img_2017

 ……(T▽T)。

 いや、そうかもしらん。そうかもしらんがーーーっ。そんな指名手配犯みたく。

 この一角には、子どもが動物と触れ合うための(ヤギとかウサギとか)広場があったりもしましたが、平日の昼すぎとて、閑古鳥なきまくり。こうなるとちょっと入りようがないくらい。

 そしてペリカンさんーーっ♪ 

 いや、本当に、コツメを見に来てペリカンさんの美しさに開眼してしまった。かなり高さのあるケージに1羽飼いで、しかもそのケージの網が細かかったんで写真は撮れなかった(というか撮ったけどろくなもんじゃなかった)のが口惜しい……。マイペースな羽繕いにケージ貼り付きで動けなくなっちゃいましたよ……ヽ(´▽`)/。はー、いいなあ、ペリカン。

 しかし、コツメちゃんはどこにいるんだ。くまさん、知りませんかのう。

Img_2010

 「話せば長くなりもうしますが、そもそもワシがここに来た時にはですのう……」

 いや、長くなるんならいいです。すみません。

 というわけで、コツメ詣でのさすらいはもうしばらく続くのであった。

続きを読む "第2ポイント通過"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/08

そこで一句。

 光藍社からDMが来たけど、特に見るものはないなぁ。

 さて、浜松市動物園。小山を利用した、起伏のある、しかしこぢんまりとした動物園です。入ってすぐの坂を登るとカンガルー、エミュー、ワラビー。

Img_2006

 残暑に耐ふるカンガルーです。時は9月15日。まさに残暑。奥の方にちゃんと、土掻きてるヤツがいるし。ちょっと土を掘り下げると、ひんやりするもんねぇ。いや、大概ごろごろしてますけども。

 ……って。

 えーと。ちゃんと残してなかったんでどういうものか忘れましたが(確か地元の句会かなにかのだった?)。いくつかこういう句の貼ってあるケージがありまして。


Img_2014

 きょとんと立てり稲光。

Img_2016

 きょとん。

Img_2120

 きょとん。

Img_2015

 きょととんととん。

 そういえば、大概の動物園にあのペンギン小屋があるように思いますが、あれやっぱりペンギンに適した仕様というか、あると安心とか、そういうものなんですかねぃ? 営巣用とか。
 あ、ペンギンは身長と座高と体長があまり変わらないというサンプルかもですね(最後の写真でいうと右端が「身長」、2番目が「座高」かと)。「尻をついている」のを「座ってる」とすれば、ですが。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/07

浜松市動物園へ

Img_2004_4

 まあ書くべきこともあるんだろうけど、もう面倒くさくなってきたから、浜松市動物園(「市」が入るのが正式名称)ネタで行く。当分会社のことで、頭ぐるぐるだしー。考えてる暇なんか、ないない。

 えーと。撮影はすべて昨年の9月15日です。なのでこのように葛が美しく咲いていたりする。お目当てはこの子たち。

Img_2071

 コツメカワウソ(「K村さん」ではないのか)。ミツグくんとアヤメちゃんです。

 浜松市動物園は、浜名湖のほとりにあります。浜松駅北口から「バスターミナル1番ポールより「舘山寺温泉」または「舘山寺村櫛」行きのバスに乗車し、約40分」なんですが、もう最初っからバスに乗り違えまして。途中で降りて叱られて。なんつーか。もうちゃんと着けるのかい、と。

Img_2138

 ま、なんとか着きました。お隣はフラワーパーク。単体のチケットは400円。フラワーパーク+動物園なら850円。でも、窓口のお姉さんが、「どっちのチケットでも同じですからー」と言うて、フラワーパークのチケットを渡してくれました。いいのか、そんなんで(入れたからいいけど)。

Img_2005

 途中の展望台から見た浜名湖。この時はお天気が悪かったけど、途中からがんがん日が照って、かなり暑くなったのでありました。
 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/06

ミーアキャット

 調子に乗って浜松動物園の写真。撮影は2010年の9月15日。なぜそんな日にそんなところにいたかは、……クラスタだけが知っている( ̄▽ ̄)。まとめてイメージゲートにのっけようと思ってたんだけど、永遠にまとめないような気もするからさ。

Img_2096

 コツメカワウソの隣はミーアキャット。コツメのバトルは「仲良くけんかしな」レベルから遠く離れた真剣勝負ですが、こちらはのんびりと、かつ活発に遊び回ってます。しかし本当に座りのいい動物だな。そして手は必ずその位置か。

 ……そのはしっこの計りは何。

Img_2095

 見張り台。

 動物園の中とはいえ、警戒は怠りません。群れが遊んでいる間、かならずひとりは高いところで見張りの任に着きます。……何度回ってきても必ずいたから、多分そうなんだろう。

 しかも、計りの上で見張ることによって、常に「ミーアキャットの体長(座高?)と体重」が展示されるという、浜松動物園のこの知略やいかに。おそるべし、浜松動物園。
 
 君、君の習性、利用されてますよ。

Img_2093

 「はい?」

 あ、いえ、なんでもないです。すみません、お仕事中に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/05

ねむい。

Img_2098


 だめだ、眠い。おやすみなさいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/04

足りないのは

Img_2345

 だんだん、どの写真を使ってどれを使ってないのかわからなくなりつつある……orz。でも見る方にとってはどれもただのペリカンだという気もする。ぢぶんが松江のフォーゲルパークで、くちばしびろーん♪をできる日はくるのか。東バの松江公演とかないかな。ってなんだそれは(笑)。
 フォーゲルパークのブログにペリカンの運搬(ペリカン便じゃないよ)の様子が出てました(これ)。いいなあ。あんな風に抱きかかえてみたい。

 今年は冬鳥を見に行ってないや。ぢぶんに足りないのは鳥成分だったんだろうか。ジーンズの鳥は見たけれど(「はなぢ出る」とかいいながら、心の片隅で「デビルウィーング!!」をさせてみていたぢぶん。いいのか、そんなことで)。

 えーと。6月の「白鳥」は振り込みました。そんで、13日のスタダンのトリプルビルを取りました。いつのまにか「すぐチケ」が出てたからさー。SSありのA席でも2階の割りといいところだった。ひさしぶりに横内くんや周藤くんが見られるといいんだけど。チラシを見る限りでは新村さんは出ないみたいだ。

 いやもう本当に。会社行きたくない……しくしく。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/03

愚痴。

Img_0760

 これも2月の沖縄。アダンの実だったような気がする。

 いやもう会社でちょっと立ち直れないというよりもなんというか、ええ、どーすんだよこの先……orz、みたいな状況になりまして。係長と二人、ただただ為す術も無くとほーに暮れるしかないという。貴重な半日近く、ほんとに二人して途方にくれちゃったよ。一応、体制建て直しの方針は立ったけど、明日班長会議にかけるのがすっげぇいやだ。はー。そんで、現場指揮の方針が全然立たない(T_T)。どうすりゃいいんだ、まったく……orz。

 マジに、今月Kさんの舞台がなくてよかったっす(ノ_-。)リハ、ミタイオ……。ほかにフォローのことばがない。

 そんでもサブロクのおかげで今月も45時間を超えて残業はできないので、毎日夜中まで仕事ってことはないけども。それもここまでくると善し悪しではあるけどな。サービス残業されると「この時間でこの業量こなせる」と思われて、そういう人工計算で見積もり作られちゃうから、結局パートさんに時給が払えなくなっちゃうんだよねぇ。ふー。

 まあ、なるようになるさね。ならないようにはならないんだから。

 はー。4月の舞台はちゃんと観られるのかな……。平日は1日しか取ってないけど、土曜出勤日がまだわからないからなぁ。(ノ_-。)リハ、ミタイ……。

 えーと。「バレリーナへの道」がぼちぼち店頭に出てるかと。マールイの冬公演のレポもあるはず。目次しか見てないけど、目次にはあったよ(笑)。

 あと、7日辺りに出る「JunCture」の2号に、星野幸代氏の上海バレエリュス関連の論文が出てた(「日本統治下文化工作における上海バレエ・リュスと小牧正英──『大陸新報』報道を追って )。面白そうだけど、立ち読みするにはヘビーだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/02

いろいろ来る。

 3月のイラストは……イースターっぽい月……って無理やり(笑)。カルミナと、できればスタダンのトリプルビルに行こうかと思っているのですが、まだチケットとったのはカルミナだけ。12日は出勤だしな。

 アッサンブレで取った「白鳥」の予約ハガキが着。自分としてはちょうどいいくらいのとこ。「バヤ」も「白鳥」も小出さんと水香ちゃんなもんだから、どっちがどっちだったのか、もう頭がごちゃごちゃ(笑)。続けて初役主演の小出さんも大変だなぁ。

 日曜に取った横須賀のチケットももう届いた(笑)。クレジットのその場決済とはいえ、早い。佐川のお兄さんが9時半頃に来て「遅い時間にすみません」を連発してたけど、自分が帰ったのも9時過ぎだったからちょうどよかった。

 いろんなものが来る。日曜に出したe-ブックオフの買い取り計算書も来た。40点で2,573円。値段のつかなかった本はなし。小さめのみかん箱に冊数詰めるために新書とコミックが大半だったので、これくらいならいい方かな(しかも店頭買い取りで値段がつかなかったヤツも入ってたし ^▽^)。今回は、これにキャンペーンで750円のブックオフお買い物券がついてくるので(←35点以上の場合)、結構お得であった。
 一人暮らしにはちょっと広めの部屋ではあるけど、それにしたって限度はあるからねぃ。自分の本棚も回転させないと(笑)。それにしても、本って蛍光灯でも結構灼けるんだなぁ。しみじみ。
 いや、それ以前に、買ったまま読まないうちに改訂版が出るっつうサイクルをなんとかしないと(笑)。

 紹介したい本はまだまだたくさん本棚にあるんだけど。記事を書いたら買い取りに出せるのになあ、というものも含めて( ̄▽ ̄)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/01

タジンで付け合わせ

110227_20430001 相変わらず残業。これくらい仕事してると、もう何の本を打ったのかよくわからなくなる(笑)。月初めなので新刊点数は落ちてるけど、年度末なので外商先の予算消化用のローカルデータの依頼が多い。

 日曜のタジンです。なぜかいきなり「ひき肉を焼いたのにべちゃべちゃにケチャップをつけて食べる」との啓示が降りまして(笑)、スーパーで「焼いていないハンバーグ」を探したのに、2軒ともなかったんだよなー。焼いてレトルトになってるのはいろいろあるんだけど。食中毒対策とかですかね? なので、ちらっと映っておりますが、メインはピーマンの肉詰め。なぜかこれはあったのさね。ま、ひき肉には違いあるまい。

 タジンの方は付け合わせのはずなのに、なぜか俄然量が多い( ̄▽ ̄)。ま、お野菜ですから多くても。
 ひとつ覚えのように、カブ、人参、いんげん、マッシュルーム、ごぼうを白ワイン蒸し。大根のように見えますがカブです。ワンパックの「大カブ」。実際、聖護院くらいありましたよ。カブは酒もワインもよく吸います。えらく酒臭いカブになったりする(笑)。太めのインゲンは蒸し物にはもってこいですね。人参は炒め物にも煮物にも蒸し物にもと、用途が多いですが、それだけに逆に余らせてしまうことが多いワタクシ。日もちがいいので後回しにしがち、というのもありますが、何にでも使えるとつい「次でいいや」と思ってしまうのでありました。まだたくさんあるので、がんばって喰ってます。タジンはイシガキ19cmを使用。

 まあ、月イチで野菜パックを取っているので、どうしても月前半は葉物中心、後半は根菜中心になりがち(笑)。前の冷蔵庫の野菜室は、悪くなった野菜は液状化の傾向だったんですが、今の冷蔵庫はどちらかというと乾物化の方向。どう違うんだろ。

 月末とて、Amazonからアフェリエイトのお知らせなども。いつもありがとうございますo(_ _)oペコ。紹介したものが購入されているのも嬉しいし、なんも関係ないものをわざわざうちで買ってくださるのも嬉しい。やはり本が多いですけども、隠れた主力商品はぢつは洗濯機カバー。なんともはや。みんな、苦労してるんだなー(←意外と情報が少ない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »