« 4月16日だから | トップページ | 美丈夫の大僧正 »

2011/04/17

バヤ、マイ2日め。

 とかなんとかいいながら、すこっと寝落ち(笑)。軽くメモだけ。

 初来日のマシュー君(頭ちっちゃ!)は、ちょいと男気があり(笑)、最終幕は熱かった。海賊のアリとかでも見てみたい。コーラスとかも似合いそうな感じだ。3幕のランチベリーの編曲は、ソロルの「失地回復」のテーマがあるけれど、そこをうまくつかんで盛り上げてたなぁ。

 水香ちゃんの踊りはやはりフォトジェニック。マイムとか、お芝居の部分ではかなりいいのに、踊りになると「踊り」になっちゃうのは、そういうもんだと思うべきなんだろうなぁ。ガムザッティとの対決とか、大僧正への拒絶とか、そういうまとまったお芝居のところはかなりよくて、「踊り」も「踊り」としてはよくて、でもそこの間がぶつっと切れちゃうような。それでも初演の時よりはかなりドラマが見えるようになったのは、相手がマシュー君だから、というのもあるのだろうか。

 マグダヴェーヤは高橋さん。端正で上手くて役のイメージにはぴったりなんだが、なんとなく松下さんのマグダヴェーヤの方が「情がある」感じがするのは、端正すぎなのかな。

 田中さんは、婚約式の冒頭あたりはちょっと連投の疲れが出てたかも。木曜日よりも、ソロルへの恋心は前面に出てた感じ。初演時に比べるとオーソドックスな気がするのは、初演のソロルがひねりを入れてたからなんだろうなあ(笑)とか。今回は、あのラジャにしてこの娘ありですなー(笑)。

 で、あのラジャはラジャ的楽日だからかなんだからか、マイペースにやりたい放題つうか、なんつうか(笑)。木曜は婿殿の値踏みに余念が無かったようですが、今日は自分の決めた婿と、自慢の娘と、自分の悪企みにご満悦でありました。飲んでるうちに気持ち良くなっちゃって、娘の見せ場のイタリアンフェッテの前にばたばたしてやんの( ̄▽ ̄)。 
 なんてこともしつつ、婚約式のソロルの態度でニキヤ殺害決行を決心する一瞬があったり、それをもう一度逡巡したり、という積み上げでドラマそのものを作っていくのは、やっぱり木村さんならではでもあるのだな。
 チェスは2戦2引き分け。あれは打ち合わせがあるんだろうか。それともアドリブなんだろうか。

 大僧正って、3幕になるとしどころがないんだなぁ。その「しどころのなさ」をどう攻めてくるのか、来ないのか。楽しみー♪

|

« 4月16日だから | トップページ | 美丈夫の大僧正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バヤ、マイ2日め。:

« 4月16日だから | トップページ | 美丈夫の大僧正 »