« 見えない光の矢 | トップページ | 誰にも見えない、ので。 »

2011/04/13

桜とか柳とか余震とか

Img_2583

 いろいろとやる気が出ないのもありまして、先日の石神井での写真など少し。桜というか、木の花っていうのは青空あってだよなぁ。やっぱり。


Img_2588

 桜も満開でしたが、柳の新緑がそれに負けず劣らず(というよりそれにも増して)きれいでありましたよ。落葉松の新緑を見に行きたいねぇ。もう何年も見てないなぁ。


Img_2577

 こちらは多分ホウキモモの類い。公園ではなくて、公園の近くの家の庭で。前にも書いた通り、石神井公園というのはほぼ「池とその周囲」なので、「家の前が池」みたいな場所も多く、こういう人手の多いときにはさぞうるさかろうなー、というお宅もたくさん。まあご立派な家が多うございますけれども。

 東バは今日から劇場入り。もう初日だもんなぁ。今日も東京でも大きめの地震があったし。朝の山手線はぎゅうぎゅうというほど混んではいないんだけど、周り中からあの「きゅいきゅい」いう携帯の地震速報の音が聞こえてきて(自分のは未対応機種)、あれはちょっとびびるなぁ。車内で年配の女性が一人、プチパニックになってました。「こわい、こわいーーっ!」ってずーっと叫んでいて。声をかけてあげられるほど近くにはいなかったんだけど、確かにあの音は、このかんの学習経験もあって、人を不安にさせる。かといって、茫洋とした落ち着くような音(たとえば船の汽笛とかししおどしとか)では用をなさないような気もするしな。

 東京では震度3くらいは以前からそう珍しくはなかったけど、4というのは今まではそんなに起きるものでもなかったように思います。自分が覚えている(印象的な、ということかも)いちばん大きな地震は78年の宮城県沖地震のときだったかもしれないなぁ。うちの辺りは大概、道路側はブロック塀だったから(家同士の仕切りは万年塀)、行政の指示で補強工事やったりしてましたねぇ(←この時の地震でブロック塀が崩れて下敷きになって死者が出たのが問題になった)。

 その時だったか別の時だったか、震度4の時。テレビのニュースで、銀座でインタビューに答えていた白人女性が、「ソ連から来た。本当に怖かった。生まれて初めて地震というものを体験した。もう二度と日本には来たくない」と言っていたのを思い出します。「ソ連」といってもデカいから(笑)、どこいらの人かはわかりませんが、地震にまったく縁のないところの人だったんだろうなぁ。「生まれて初めての地震」がコレじゃあ、二度と来たくないよなそりゃ、と妙に納得しましたよ。

 どうか無事に初日の幕が開き、千秋楽の幕が降りますように。

|

« 見えない光の矢 | トップページ | 誰にも見えない、ので。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/51374707

この記事へのトラックバック一覧です: 桜とか柳とか余震とか:

« 見えない光の矢 | トップページ | 誰にも見えない、ので。 »