« 誰にも見えない、ので。 | トップページ | 原発関係の新装版など »

2011/04/15

バヤ、マイ初日。

 東バのバヤデール、マイ初日。「ダンス・イン・ザ・ミラー」からまだ2ヶ月なんだけど、半年くらい経ったような気がします。長かったよー 。・゚・(ノд`)・゚・。 。本当に。海外遠征で3ヶ月くらい見られないことはあったけど、こんな風に長く感じたことはなかったなぁ。今日は2階下手のB席。コストパフォーマンスのよいお気に入りの席なのだ♪

 今夜の主役は小出さんとゼレンスキー。ゼレは前々回のマリインスキーの来日で「海賊」を見たきりだと思うのですが、その時よりも調子がよいのではないかと思います。ジャンプのキレがよく、特に前に向かうシンプルなジュテだと「ふわっ」と浮く。頂点でもう一度浮くのを何度か見られました。マネージュのキレもいいしスピードもある。回転も速い。なのになんとなくもっさり見えるのは、衣装のせいもあるだろうなぁ(笑)。

 小出さんは、復帰してから踊りが変わったような気がする。シャープになったというか、強くなったというか。今日は影のコーダのアレグロがすごかったです。お口ぽかーん、ってなりそうな速さと正確さ。強いニキヤだったなぁ。個人的には、1場のソロルとのPDDの前のソロがよかった。肩の開き方に、幸せが身体の中に立ち上ってくるような、そういうニュアンスがある。
 二人の間にもう少し通い合うものがあってもよかったかなー、と思うのですが、そこは日曜に向けてぐっとよくなるような気がします。

 ぢぶん的な今日のお目当てはなんといっても井上くんの初ブロンズ。いやもう、かわいいのなんの! 鋳造途中で命が入っちゃったみたいな柔らかい仏像。ひざを着くジャンプではちょっと滑ってたみたいですが、ほかの着地は全然音がしなくて柔らかく決まるし、高速シェネもきれい。なんというか、水銀の球がころころ転がっていくような。いやー、もう一度みたかったなぁ。

 武尊くんの大僧正は貫録が出たなーと思いきや、冠を取るとやっぱり若い(笑)。青年僧正の純愛。まあ友佳理さんに頭っから叱られてた前回に比べれば(笑)。パ・ダクションの矢島さんと森さんがかわいいよー(←オヤジか、ぢぶん)。

 田中さんのガムザッティは「ラジャの娘」。ちょっと大人っぽい。ソロルに恋していたというよりも、親の決めた「自分にふさわしい相手」。それがアダージョの途中で心を開いて恋する瞬間がある。3幕の結婚式でのソロがすごくいい。もうソロルの心が自分には戻ってこないことを知っていて、でも絶望の中でも「ラジャの娘」として結婚式に臨む、そんな強さ。

 木村さんのラジャは、奈良さんにはちょっとクールで、高木さんには「うちの娘いちばん!うちの娘世界一!娘のためなら何でもやるぜ!」なベタ甘のパパでしたが、今回はヴェールを取った後の「どや!」もなかったので、コワモテの強い領主さまかなー、と思っていたら、ガムザッティのバリエーションになったとたんに「うっとりー、デレデレー」なパパンになってました(笑)。あの衣装にあうけど、身体のラインが全然見えなくてもったいにゃい(ノ_-。)。

|

« 誰にも見えない、ので。 | トップページ | 原発関係の新装版など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バヤ、マイ初日。:

« 誰にも見えない、ので。 | トップページ | 原発関係の新装版など »