« ゆりかえし | トップページ | 千葉からの野菜 »

2011/04/09

絵本、その後

Img_0979_2

 今週は土曜出勤日だけど、一人か二人出ればいいくらいの業量だったので、ほかの人に任せてお休み。4月に入ったばかりなので、毎年年休を余らせるロートルから順に休みを取る事に(笑)。というより、昨年秋に復職した人がまだ無年休なので(昨年の出勤日数が足りない)、その人は仕事があろうがなかろうが
出ざるを得ないってことなんですが。

 先日のエントリで触れた、「絵本プロジェクト」ですが、盛岡では受け入れを一時ストップしているそうです(こちら)。本がたくさん寄せられたために作業が追いつかないとのことで、受け入れ可能になれば、HPでお知らせがあるようです。仙台は引き続き受け入れ中。ほかに小淵沢でこのプロジェクトを続けている方々が、全国からの受け入れを18日まで継続して行うそうです(こちら)。仙台は強い地震があったばかりですし、受け入れ先がパンクしないように、小口のものは小淵沢にお願いするのがよいかもしれません。杉山さんの日記(こちら)には多くの「ヒント」が含まれています。

 小淵沢はもちろん、多くの絵本関係の美術館があり、作家が住む街。だからこそこれだけの大きなプロジェクトの運営もできるし、市役所も場所提供などの協力をしてくれるんだなあ、とちょっと感慨深かったり。新卒で絵本の担当になって最初の「出張」は、小淵沢の松村太三郎さんとの仕事でだったので、まあいろいろと思い出すこともあったりします(帰りに乗り換え間違えたりとか( ̄▽ ̄))。

 函館でも、同様のプロジェクトが始まったようです(こちら)。仙台での受け入れ先の「あゆむネット」のサイトも立ち上がりました(こちら)。

 「文庫活動」というのは古くから続けられていますが、正直最近はどうなんだろうなあなどと思っていたのですが、たいした底力ですよ。こういう地道な活動が、いざというときはものをいうんだなぁ。

|

« ゆりかえし | トップページ | 千葉からの野菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵本、その後:

« ゆりかえし | トップページ | 千葉からの野菜 »