« 食後のペリカン | トップページ | チェルノブイリの風しもの村 »

2011/05/14

花の写真いくつかと、関係ない覚書

Img_2628

 ちょっとさまざまありまして(主に仕事関係)、へばってます。明日は早起きで丸木の予定。上の写真は4/30の美術館裏ですが、もう季節が変わっているだろうか。この時期は早いからなぁ。あまり混んでないといいな……というのは、美術館には申し訳ないな(笑)。

Img_2642

 なので、30日の写真を最終放出(笑)。たんぽぽはもうみんなボウズになっちゃってるかな。やっぱり「懐かしい風景」なんですよね。同じではないけれど、見たことのある風景。それはぢぶんの「原風景」ってヤツに近い、ということなんだろうな。草原でも公園でもない「はらっぱ」。大概は休耕地と川の土手ではありましたが。

Img_2644

 自家用とおぼしき小さな畑の端っこによく作られているのがヤグルマギク。うちの中高は「園芸」という授業がありまして、フラワーアレンジメントでよく使いました。青や紫のが好き。

Img_2645

 これも畑の片隅。芝桜は白が好きだけど、あまり見なかったなぁ。もう花は終ってるだろうな。

 唐突なようで、そうでもないようですが(どっちだ)、ランチベリー版(マカロワ版)のバヤデルカを聴きながら、ダンス、あるいはバレエにおける「音楽性」とは結局、「音楽を解釈する力」なのではないかと思ったりもしてみています。つまり「拍」や「旋律」ではなく。「音と合っている」かどうかではなく、「音とパ」の意味するものそのものを自分の中で再構築していく力。踊っていてもいなくても、あるいは踊る役でなくとも、「その音楽」を解釈することで、その舞踊性とでもいうべきものは担保されているのではないかと(立ち居振る舞いだけによるのではなく)。そんなことをちょっと考えています。あの最終曲は男3人の対決のドラマなんだなあ、というのは、モチーフを聴くとよくわかるのか、対決好きの人で3役見ちゃったからそう思うのかはよくわかりませんが(笑)。

|

« 食後のペリカン | トップページ | チェルノブイリの風しもの村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/51664293

この記事へのトラックバック一覧です: 花の写真いくつかと、関係ない覚書:

« 食後のペリカン | トップページ | チェルノブイリの風しもの村 »