« 王子はご機嫌ななめ。 | トップページ | アニィの来なかった怒濤のロシア »

2011/07/15

吸わせて捨てる

Img_2703

 6月23日、イギリス海岸近くの栗。花盛り。花って生殖器なんだなあ、と思う匂い。

 残業で1時間遅く帰ってきたら、かっきり1時間遅くまで寝落ち。律義なんだかなんなんだか。ルグリの前にさくっといけるところまでいこうと思ったけど、そんなわけで小休止です。明日は別件で(ノ_-。)上野。……行けるかなあ、今日残業したから大丈夫かなあ。

 部屋がニンニク臭かった件。

 ご多分に漏れず冷蔵庫の中に賞味期限の切れた液体調味料などがあるのですが、これの処分は困り者ですやな。流しに流しちゃうのも気がとがめるし、入ったまんまでゴミに出すのも気が引けるし。使い切っちゃえばいいんだろうけど、そもそも使い切れるなら残らないしねえ。……。

 つうことで、例のダンシャリ本に「油を吸わせて捨てるのに吸わせて、ポリに密閉して捨てる」という方法が出てたのでやってみましたよ。商品名「吸わせるテンプル」ってヤツですね。

 まずはもう使わないであろう、製菓用洋酒。これはいい具合に吸い込みました。これをやっぱりダンシャリ中に発掘された、なんかホコリっぽいジッパーつきのビニール袋に入れて、ほかの生ゴミと一緒にさやうなら。これが先週。

 調子に乗って、これもできるかな? というのが、今週の焼き肉のタレ(塩ニンニク味)というわけです。前回うちで焼き肉宴会やった時のだよ、いつのだよ……。

 前回同様、シンクに「吸わせる」を置いて、上から少しずつ静かにタレをかけていきます。油分が多いので、流れていっちゃわないように注意して……。
 洋酒と違って吸い込みはあまりよくありません。でも吸わないわけではないので、時間をかけてていねいに。ニンニクの固形分が「吸わせる」の上にたまって、微妙に「ニンニク奴」のような形態に。ひょー、ニンニクくせぇ! 吸い切れずに流れた分や固形分は、キッチンペーパーでふき取って捨てる、と。

 そこそこなんとかなったか、というところ。でもこれを流しちゃうのはやっぱりマズイよなあ、というのは確認できたな。固形分はネットで回収できても油がねえ。

 まあ、「吸わせるテンプル」の用途が広いことはわかった( ̄▽ ̄)。ほかに何かいい方法があったらご教授よろしくです。使い切れない液体って、結構あるんですよねえ。それ以上にスプレーは厄介なんだけど。

|

« 王子はご機嫌ななめ。 | トップページ | アニィの来なかった怒濤のロシア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/52210556

この記事へのトラックバック一覧です: 吸わせて捨てる:

« 王子はご機嫌ななめ。 | トップページ | アニィの来なかった怒濤のロシア »