« ちらしとか届いたものとか | トップページ | エオンナガタその3 »

2011/11/26

カレンダーやら古切手やら

 定時であがれたら船堀の公演いこうかなー、と思って、一応取らぬ狸でオペグラも持ってでかけて、一瞬だけど4時前くらいには「定時であがれんじゃん!」と思って、結局9時前まで残業してたってあんた……orz……な日。まあ前売り買ってなかったんでアレですが。

 せんだって、ダンナのカレンダーができたから買ってね、という記事を書きましたが(これ)、年末とてあちこちから各種同様のご案内が来ていたりして。

 マンスリー募金先のJVC(日本国際ボランティア協会)の今年のカレンダーは松尾純さんの写真(これ)。ダライ・ラマのオフィシャルカメラマンの人ですね。今回はアジアの子ども、とかそういう感じかな。ここのは割りと使い勝手もよいのですが、人物写真があまり好きではないので、買ったり買わなかったり。3月のイエメンの子の写真がカワイイ( ̄▽ ̄)。
 カレンダー1部の収益で、パレスチナの子に1人3週間、牛乳とビスケットを支給できるそうです。もちろんパレスチナだけではなく、支援先9カ国、今年は気仙沼/南相馬市での支援活動にも充てられるとのこと。

 支援先の子どもの描いた絵を使った年賀状(これ)などもあります。10枚500円(私製ハガキ)。例年、バレエ+干支みたいな年賀状を描いてたんだけど、今年はちょっと時間的/精神的な余裕がないからここのを使おうかなーと。
 もちろん、ダンナの絵葉書も、使うことができます(これ)。ていうか使えよ、オレ。

 年末の大掃除を控えた企画もいろいろ。

 プリペイドカード、使用済み切手、書き損じハガキなどは多くの団体で集めています。ぢぶんと縁のあったところでいうと、JVCのほかにもSVA(シャンティ)(ここ)とかシャプラニール(ここ)とか。団体によって微妙に集めてるものが違うので注意が必要です。シャプラニールは使用済みのディズニーランドのパスポートも集めてるんだなあ。古本やCDを集めているところも多いですし、ブックオフを通して、買い取り金を寄付することもできます(これ)。シャンティは絵本や図書館活動を通じた活動が多いのが特徴で、まあぢぶんは仕事柄というか、元々曹洞宗のボランティアの方が中心でやってた頃からの薄いご縁もあったりして(一応仏学徒だったので)、注目させていただいたりしています。

 どこも、それぞれの海外支援先に加えて今年は東北での支援活動もあり、人手も元手も大変だろうなあ。ということで、いろんな形、いろんなチャンネルでのご協力を、ということで。もちろん、ダンナ製品の申込も大歓迎です(やー、フリーはキツイ……)。

|

« ちらしとか届いたものとか | トップページ | エオンナガタその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/53335364

この記事へのトラックバック一覧です: カレンダーやら古切手やら:

« ちらしとか届いたものとか | トップページ | エオンナガタその3 »