« ごやてんのおもいで。 | トップページ | カブキ西宮 »

2011/12/23

今年のゴヤ展

 ……というわけで、今年のゴヤ展です。

 近ごろの展覧会のこみっぷりからすると、休みの日に行くのはしんどいかなあと思っていたのですが、日曜の昼前でもそこそこくらいの混雑でした。仏像やブリューゲルほどではないっつーことだろうか。音声ガイドを借りている人が多かったですね。それに合わせて人だまりができてるんだろうか。

 まあぢぶんもマハだけなら特に無理しなくていいかな、と思っていたクチで。それが公式サイト(これ)にあるように、素描と版画がごそっと見られるというではあーりませんか。

 ぢぶんをエッチングにハメたのはエッシャーだというのが俗っぽくてアレですが(笑)、エッチングとデッサン、それに水墨が好きで、特に最近は油彩から興味が引いてるんですよ。なんか疲れちゃうんですね、色が重いというか。水墨画は、血のつながらない親戚にその道の人がいるので、小さい頃から見慣れてるというのもあると思うんですけども。

 なので、今回の展覧会は、思いの外コーフンしちゃいましたよ(^▽^)。もちろんプラドからも沢山来てるけど、ロス・カプリチョスなんて近代美術館蔵のがずいぶんあるやん。どこに隠してたんだよう(ノ_-。)。ものによっては、プラドの下絵と近代美術館の刷りが並べてあって、見比べられるようになってます。40年ぶりに再会できたものもあるし、あれもう一度見たかったなあ、というのもあります。「恐怖の愚」と「カスタネットをならして踊るオバケ」がなかったのが残念だ。でも大好きなロバシリーズが6枚全部見られたよ!(^▽^) ついつい楽しくなっちゃって、気が付けば両手を脇でぱたぱたしながら見ていたという……ペンギンかよ、ぢぶん。仕方ないので、両手を組んで「うんうん」みたいな振りして見てましたけどもね。顔が( ̄▽ ̄)ニヤニヤだったりして。

 ……まあ、暗いし怖いし地味ですけどね……。寓話とか諧謔とか好きな人にはいいんじゃないかなあ。

 せっかちな上に、そこそこ上背があるもんだから、じっと並んで見るというよりも、空いたところに行って眺め、あ、あっち空いた! って行っちゃ眺め、ってして(つまりそれができるくらいの人の数だったわけですが)、1時間ちょっとくらいでしたか。ぢぶんには充実してましたが、あまり大物を見た感じはない。マハはやっぱり、ほかの絵とは出来が違う、と思いました。ボレロの黒いレースの加減とかもう絶妙。

 ミュージアムショップによったら、ロス・カプリチョスの全点解説があったのでフンパツ。
 見開きで片面に図版、片面にゴヤによる注釈(というか警句のようなもの)の訳と解説が載ってます。「国立西洋美術館蔵」ということは、全点持ってるんだな! くー。まあ版画ですから、あっちこっちで持ってるってことはあるんでしょうが。ロス・カプリチョスに限らず、邦題のつけかたがうまいなあ、と思います。これでだいぶ得してる部分も。

 フンパツしちゃったから図録はいいかな、と思ったけど、やっぱりほかの時代も作品解説も欲しかったので買っちゃいました。かなり読みごたえのあるいい図録だと思います(まだ読んでないけど)。持って歩いて読むもんじゃないから大変だ。そのうちどっかの美術館から「データ作れー」って来るんだろうけどな(笑)。

 ついでながら。「奇跡の饗演」DVDは高いので、日ごろ使わない社販を使おうかなーと思っていたのですが、Amazonはそれより安かったのでそちらで買うことに。
 26%引き。ちなみにうちの社販だと22が限度です。新書館なので店舗勤務ならさくっと買えるんですがねえ。

 それにしても再販制ってどこにいっちゃったんだか( ̄▽ ̄)。

|

« ごやてんのおもいで。 | トップページ | カブキ西宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/53546385

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のゴヤ展:

« ごやてんのおもいで。 | トップページ | カブキ西宮 »