« 京都ちゃんと食ったよ日記。 | トップページ | チケとり/牧神のつづき。 »

2012/01/21

金閣寺

Img_3084

 そんなわけで金閣寺。12/24撮影。

 修学旅行で金閣/銀閣コースを選ばなかったので、ホンモノを見るのは初めてですが、既視感たっぷり(笑)。

 「そう、この角度だよ! これだよ!」

 ……と胸の中に甦るのはあの「日本沈没」(テレビ版)で沈み行く金閣の姿ですな( ̄▽ ̄)。放映は1974年。小学校低学年。毎週テレビに貼り付いて見てましたよ。主演は村野武範と由美かおる。由美かおる、この頃からイメージ変わらん。デーヴァダッタか。

 おいといて。

 全26話のテレビ版、うち3回が京都壊滅に充てられています。本放送1回こっきりしかみてないのに、強烈に覚えているのが、この京都編、そしてどこの回だったか、母子家庭でトラックの運転手をしている肝っ玉母ちゃんが雪の中、もういくらももたないかもしれないという橋を、トラックの荷台に避難民を満載して、何度も何度も往復する話。ええ、最後の1回を渡り切るかどうかのところで橋が落ちてすんでの所で助かるって展開だったんだと思うんですが(笑)、いやもう本当に怖かったなあ。渡島半島がぽっきり折れるのは、琵琶湖の南北に亀裂が走って本州がざっくり折れるのと並んですごいインパクトでありました。

 京都はなぜか、京都周囲にオーロラ(カーテン状)が出現しましてですね、これが出ると大地震、みたいな話だったような。どういう理屈かさっぱりわからなかったですが、ひたすら怖かった。

 そんで、金閣寺の水没です。もちろん、あの池に落ちていくわけですが、それが「崩壊」ではなくて、あの姿のまま傾きつつ、ずぶずぶと下に沈んでいった姿は鮮明に覚えてまして、後年ドビュッシーの「沈める寺」を聴いた時には(つうかタイトルをみた時、ですね)、もう金閣寺のこととしか思えなかったという( ̄▽ ̄)。うん、全然関係ない曲ですけども(そもそも「仏教寺院」ですらない)。でももう、寺が沈むったら金閣以外にはあり得ない、と。
 なんでそんなに覚えてるのかなーと思ったら、映像の出来がよかったんで後半のOPに使ってたという話なんですが。

 しかし、毎回毎回ミニチュア組んでの特撮。すげぇ番組だったよなあ。今、すごく見たいんですけどね。今みるとどんな感じなんだろう。リアルすぎてイヤな気持ちになるんだろうか。やっぱり理屈としてあり得ねーっつって笑うんだろうか。

 70年代のパニック映画全盛期、明日にも東海大地震が起きると言い聞かされ、99年には人類は滅亡すると騒がれた時代に子どもだったぢぶん(←いわゆる「オウム世代」ってやつか?)にとって、今の状況はなんだか不思議な気がします。あれから30年以上経って、もうぢぶんが生きてるうちにはないのかな、と思っていたことが起きているような。

 ということを金閣寺で思い出す、と。ぢぶんにとっての金閣寺は三島由紀夫でもなければ、日本の美の頂点でもなく、「日本沈没」なんだなあ( ̄▽ ̄)。

|

« 京都ちゃんと食ったよ日記。 | トップページ | チケとり/牧神のつづき。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/53784897

この記事へのトラックバック一覧です: 金閣寺:

« 京都ちゃんと食ったよ日記。 | トップページ | チケとり/牧神のつづき。 »