« ちょろっと | トップページ | モンテカルロ、ちょっとだけアップ »

2012/03/09

中途半端に

 レポは各種手を付けてうっちゃり、みたいな状況ですが。なんかいろいろ気ぜわしいばかりで、実質ぐうたらみたいな。

 あと10ページほどで読み終ります。

  「一休―風狂の精神」 (講談社現代新書) 西田 正好

 現代新書の新装の方には入らなかったのか。旧版の装丁の方が好きですが(新装は色がきつすぎて目がちらちらするので、背表紙で探すのがイヤ)、今読むと「字が小さいなー」と( ̄▽ ̄)。

 一休の時代というのは足利政権ですが、ぢぶんとしてはこの時代がいちばんわけわからんかもしらん、とあらためて。鎌倉も3代すぎて北条時代に入っちゃうともうわかんなくなっちゃうし、その後は信長が出るまでダメ、ちうわけで、日本史のマイ暗黒時代(笑)。庶民史的なところでいうと、いちばん面白いともいわれてるんですけどねー。

 禅の極意といえば「花は紅、柳は緑」に尽きるともいえるわけだけど、なぜかうちの助教授はその後に「雀はチュンチュン、カラスはカアカア」が付いてくるという( ̄▽ ̄)。「花は紅、柳は緑、雀はチュンチュン、カラスはカアカア」で、ワンフレーズ。いやまあ確かにそうなんだけど、後半はどこから拾ってきたのか。

 まあ場違いな感じではあるんですが、マイヨー版の「ダフニスとクロエ」を観ながら、ちょっとそんなことを思い出したり。これもテレビ放映で観た時はどうもピンと来なかったんだけど、実際に観たら「なるほどー」と思うところも多かったな。やっぱりナマで観ないとどうも集中力が違うよな。ただ、目玉のひとつであった、装置に投影される絵はほとんど目に入らなかった。だってコピエテルスとローラントなのに、背景なんて観てるヒマがあるわけが……(^▽^)。

 

|

« ちょろっと | トップページ | モンテカルロ、ちょっとだけアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/54175574

この記事へのトラックバック一覧です: 中途半端に:

« ちょろっと | トップページ | モンテカルロ、ちょっとだけアップ »