« 北風とぬりえ | トップページ | 原爆ドーム(朝日文庫) »

2012/08/23

浦上天主堂のつづき

 浦上天主堂の写真の続きです。縦長の写真が横倒しになってますが、クリックすると縦に見られます。どういうことだ、いったい( ̄▽ ̄)。

Img_28222_2


 天主堂の正面にある「悲しみのマリア」像。被爆した際に指が欠けたものの、大きな破損はまぬがれました。

 
Img_28182_2


 ピンが甘くなっちゃいましたが、「使途聖ヨハネ」像。こちらも鼻が欠けています。こういうのって、本当に風向きだの、壁か何かの陰になっただの、本当に偶然なんだろうなあ。


Img_28242_2

 正面の上方にずらりと並んだ天使の顔。多分、再建の時のもの。


Img_28232_2

 アップで見るとちょっと怖い。


Img_28202_2

 パパ・ヨハネも。1981年にヨハネ・パウロ2世が天主堂を訪問した記念に、その翌年造られたとか。やっぱりカトリックにとってローマ法王ってのはデカいんだなあ。ヨハネ・パウロ2世って、在位(1978〜2005)が長かったから覚えているというのもあるけど、割に人気があったような。ぢぶんも結構、好印象だ。というか、その後の人の印象が薄い。


|

« 北風とぬりえ | トップページ | 原爆ドーム(朝日文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/55487068

この記事へのトラックバック一覧です: 浦上天主堂のつづき:

« 北風とぬりえ | トップページ | 原爆ドーム(朝日文庫) »