« 富山食ったもの日記その1 | トップページ | 雨さえも »

2012/08/31

オーバード、覚え書き

 昨日の記事に富山着の時間が落ちていたので入れておきました。「富山行く!」とゆうたら、経路とか時間とかいろいろ聞かれたので、オーバードはちょっと気になるホールらしい。

 つことで、初オーバード。いいホールでした。どこか似てるホールを知ってる気がするんだけど、今ちょっと思いつかない。座席は1階の後方が2階の扱い。よって、3階席は実質2階席というか。客席側の奥行きはゆうぽうとぐらいでしょうか。今回3階の2列目でしたが、舞台からの距離は大体ゆうぽうとぐらい。高さはもうちょっとあって、2.5階くらいかなー。
 上の階のバルコニーは、最近多い、舞台に対して横向き(ちょっとだけ斜め)のタイプ。1階前方は、上から見た感じだと、ゆるやかなスロープっぽい。3階は1列ごとに段差。
 音響はやわらかめな気がしたけど、オケが違うからかもしれない。舞台も、東バのドンキのセットを置いても狭い感じはしなかったな。

 今回、休憩が1回ということもあって、下のホワイエは見なかったのですが、3階はベンチちょっと少なめ。オペラの衣装などが飾ってありました。トイレは上手側。なかなか広めですが、入ってから2カ所に分かれるタイプなので、交通整理はめんどうかなあ。あまり混雑はしてなかったので、問題は特になかったけども。

 チケットは、ホールに電話で問い合わせた時は、郵便振替で入金の後郵送、だったかな。原則、カウンターに取りに行くようになっているようで、ちょっと面倒な感じ。ぢぶんが電話をしたときには、ホール分もあまり残っていなかったので、結局ぴあで取っちゃいました。ほかに、アーツナビという富山のプレイガイド(こちら)で扱ってます。こちらは登録無料(ホールの会員は有料)。

 駅北口からはすぐ。大きく「オーバードホール」と書かれたビルの、エスカレータで2階に上がったところが入り口。入り口をまっすぐに行き過ぎたすぐのところにカフェもあります。
 いわゆる繁華街は南口。ぢぶんもホテルは南口だったのですが、この南から北へ抜けるのが結構わかりづらかったな。駅の東側(滑川側)にある地下道を通るのがいちばん近いというか、実際徒歩だとそこくらいしかないんだけど、ちょうどその辺りが工事中で。「地下道入り口」と書いてあるところを臆せずに降りていって、看板を見ながら歩けば、オーバードの入り口正面の出口に出ます(変な日本語だなー)。むしろ、帰りの出口で迷ったという( ̄▽ ̄)。

 まあ、富山は市電の街なので、市電通りがわかれば大概なんとかなります。バスとちがって、走ってなくても道路みればわかるからね。駅の間が短いから、とにかく線路に沿って歩いて駅に出れば、大概なんとかなる。埼玉県の地図がなくても( ̄▽ ̄)。

|

« 富山食ったもの日記その1 | トップページ | 雨さえも »

コメント

富山オーパードホール、行ってみたくなりました。
地方公演は初めてのホール体験も楽しみの一つです。
津の三重県文化センターは津駅からバスで10分弱の近さです。ただし、津駅というのはJRと近鉄が一緒になっていて文化センターは近鉄口からバスが出ているのですが、JR口から裏に回るのが少しわかりにくかったです。私と同じように尋ねている人たちがいました。
ホールは席数も2000近くあるような立派なホールでした。両脇にはバルコニー席があって豪華です。ホワイエはやや狭かったかな。
スタッフの方々がとても感じがよくて、お手洗いの中にもスタッフが一人いて和式と洋式を誘導してくださってました。観客に良い思い出を作ってもらいたいという気持ちが伝わってきて、ほんとにうれしかったです。
もちろん、東バの公演と大阪フィルの演奏のすばらしさのおかげですけど。
綾瀬川さんのレポにつられてつい長々と書いてしまい、すみません。

投稿: かかし | 2012/09/01 23:09

オーバード、バレエやクラシックのファンには気になるホールのようですね。
津の情報もありがとうございます! いずれ行くような気が(笑)。
初めてのホールは、わくわくと不安(席どうかなっていう)がないまぜですが、やっぱり楽しみですよね。
いつもと違うチラシがあったり、ホワイエもいろいろで。
沖縄のコンベンションセンターに行ったときに、
ホールはよかったのですが、食べるところに事欠きまして(笑)、
以後ホールの覚え書きをするようになりました。
「食いっぱぐれ日記」の由来です(笑)。
あちこちの情報を共有して、楽しく観劇できるといいですね。
津の舞台の話もまた、お暇なときに聞かせてくださるとうれしいです♪

投稿: 綾瀬川 | 2012/09/02 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富山食ったもの日記その1 | トップページ | 雨さえも »