« いろいろと。 | トップページ | バテらった »

2012/09/09

カブキのCD

 まさか来るとわ……(・_・)!

Ca3k0265

 いやもうさすがに出ないだろうなー、と思いつつ、ブックオフの「入荷時メール通知」に登録だけしておいてうっちゃっておいたら、来ましたよ。びっくりしたなあ。しかも状態が結構いいよ。ライナーも盤面も。そんで950円。

 まだ全部は聞いてないですが、「全曲」ではないです。1幕は判官切腹までまっすぐ行って、最後の由良のソロ、2幕は一力茶屋と討ち入り。城明け渡しと山崎街道、雪の別れがまるまるなくて、討ち入りは「立騒ぐ」の後に総踊りで、ボーリングとヴァリエーション3つがないのが寂しいなあ。涅槃は入ってます。でないとオチがつかないな( ̄▽ ̄)。まあ「雪の別れ」は義太夫以外は「判官切腹」のリプレイではあるのか。

 聞きながら、あの人この人思い出したりしつつも。

 ご推察の通り、ぢぶんと黛は思想的立場が決定的にちがうわけだけど、こうやって純粋に音で聞くとあらためて、現代音楽家としての黛ってすげー、と思ってもみたり。映画音楽慣れしてるというか、クライマックスがいきなり東映時代劇になっちゃったりするけども。ていうか、日本の現代音楽家は多かれ少なかれ、映画音楽で食う、っていう側面はあるだろうからなあ。

 
 

|

« いろいろと。 | トップページ | バテらった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろと。 | トップページ | バテらった »