« バテらった | トップページ | 鳥獣戯画的な高岡 »

2012/09/11

富山ドンキつづきのつづき。

 えーと。富山の続きですね。いやしかし、ホントに暑いな……。

 男性陣は、闘牛士に宮崎くんがイン、安田さん抜けで、森川くんが闘牛士&親方、かな。闘牛士の帽子って、顔の前に小さいボンボンがついてるので、個体識別がしにくい……。といいつつ、長瀬さん、宮本くん、森川くんあたりはすぐわかったりするんだけど。意外と弾くんが埋没するなー。杉山くんはジュテの形がきれいなので、エスパーダに気を取られてなければわかる( ̄▽ ̄)ゴメン……。

 エスパーダとメルセデスが引っ込んだ割とすぐ後かなあ。サンチョが女の子にちょっかい出して(といっても高橋サンチョだからエロごとではないんだが)、いきなり闘牛士にどつき倒されてたんで(←ほんとーに倒されてた)、松下さんじゃないし誰だそのガラの悪いのは、と思ったら、ここでまさかの杉山くんΣ( ̄ロ ̄lll)! そ、そのポジションが来たのかっ。あとはチンピラ長瀬と二人がかりでからみまくりです。っていうか、長瀬さん終始チンピラすぎ……( ̄▽ ̄)。岡崎くんは、初日ほどではないけど、高めテンションと大振りを持続中。気合い入ってるなー。

 高橋サンチョは概ねいつも通りですが、1場のどこだったかな? タンバリンがわりにメロンパン叩きまくってましたなー。……そもそもメロンパンなのか、あれ(←どうしてもそうとしか見えない)。松下ガマーシュも概ねいつも通りですが、東京ほどは弾けてなかったかな。1場の最後、キトリのソロの後で宮本隊長につまみ出されていたのは、ガマーシュじゃなくてお付きの氷室ックだったような。2場の宮本ジプシーと氷室ックの帽子対決では、氷室ックが小銭で解決。というか、1場でもところどころ小銭で解決してたような気がするんですがっ(←でもあまりちゃんと見てなかったのでいまいち自信がない)。ガマーシュ(のお付き)としては、この上なく正しい解決法のような気もしなくもないけどな……。

 とはいえ、今回の最大の呼び物といえばドン・ノベッチでありますよ! 何年ぶりなんだ。まさか再び見ることがあろうとはなー。相変わらず、相変わらずの恍惚っぷりでしたよ。ちょっと威厳(というかスゴミ)増してた? 高橋さんとの阿吽の呼吸も相変わらず。慣性の法則で歩いていって、オケピぎりぎりで高橋さんに方向転換されてたり。「あっちの世界にいっちゃった」系のキホーテとしてはピカイチだなあ(芝岡さんがこの系統?)。夢の場では、キューピッドの子役さんがいないので、舞台奥で一人で恍惚となっておりました。あそこはやっぱり子役さんが欲しいところだな。

 公式に写真上がってますが(河合さんGJ!)、みんなやりたい放題だなあ( ̄▽ ̄)。背景が1幕なのは、開演前(ゲネ前?)かしらん。

 ということで、次は最終回ですな。
 

 

|

« バテらった | トップページ | 鳥獣戯画的な高岡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バテらった | トップページ | 鳥獣戯画的な高岡 »