« おくら | トップページ | オネーギン、神奈川公演。 »

2012/10/06

いよいよ神奈川。

 横須賀の梅さんと渡辺さんのトーク、申し込みが5日までだったよぅ……orz。うっかりしてたよ……。

 アッサンブレからはメルマガがきまして、ちゃんと各種特典申し込みの受付日のお知らせが乗っておりました。

★くるみ(わ)特典クラス見学会 →10月1日〜20日 忘れてたけどもう始まってたのね。

 そんなわけで、もうオネーギンの神奈川公演まで12時間ですよ。はー、早いなあ。公式ブログの方が更新されて、舞台とリハの写真がたくさんあがっています。吉川さん、GJ!

 爺ズは、高橋さんと氷室ックはすぐわかったけど、前に永田くんがやってたとおぼしきポジションがわからずに……って、イケメンの佐藤くんかいっ( ̄0 ̄)。伝田ばあちゃんもわかりませんでしたよ……。さすがにそこまではなあ。

 リハで繰り返し合わせていた三幕の舞踏会の群舞。初日に上から見たら、つづれ折りになるところなど、ぞくっとするほどきれいでした。田中さんが鏡ふきと本持って走るだけなのはもったいないな。矢島さんも二人とも、日替わりで踊る場面もあればいいのに、と思ったり。矢島さんは二幕で少し踊るけども。そうそう、矢島さんの「鏡」の「あらシワが」っていうのにちょっとツボった( ̄▽ ̄)。

 一幕の青年団は、松下さんの正確さに目が行くけども、岡崎くんのそれこそ「青年っぽい」ヤル気とか、氷室ックの微妙な攻めの姿勢とか、やっぱり面白いんだよなー。女の子たちが手を上でつないで輪になって踊りながら、チラチラと誘うような、あそこも好きな場面。明日のパーティのエスコートが誰になるのか、そりゃもうたいへんですともさ! 見せ場の男性にエスコートされながらの対角線ジュテ二本、盛り上がるよねー♪ 

 主演の二人、初演の東京と横浜でも意図的にあるいは舞台の上で変わったところはあったけど、再演の東京でもいくつかさらに変えてきたな、というところはありました。そのあたりは今度の横浜が終わってから。

|

« おくら | トップページ | オネーギン、神奈川公演。 »

コメント

神奈川公演、行かれるんですね。うらやましいです。
私は上野の金、土、と見に行きましたが、マッキーの美しさは言わずもがなですが、作品としては土曜日の方がのめりこめました。日本人だからかな?いやいや、斎藤さんと木村さんはすばらしかったですからね。それをもう一度みれる綾瀬川さんがうらやましいわけです。
レポ、お待ちしています。

投稿: かかし | 2012/10/06 09:27

行ってきましたー(*゚▽゚)ノ。
いろいろと感慨深い公演でした。
友佳理さんと木村さんのペアは、初演からの積み上げもあるでしょうが、
互いに何もかもをまっすぐにさらけ出すしかないあの不器用さに、
揺り動かされずにはいられないんだなあ、と、なんとなくそう思いました。
「技術」では得られないもの、がそこにはあるような気がします。
ともあれ、神奈川に感謝ですー。゜゜(´□`。)°゜。

投稿: 綾瀬川 | 2012/10/07 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おくら | トップページ | オネーギン、神奈川公演。 »