« 半月ぶりですが、2幕です。 | トップページ | かぜだ。 »

2012/11/01

くるみ割りのえほんなど

 月が改まったので、イラストを秋に。とはいっても、まだ紅葉という感じではないので、緑のもみじ。今回初めて雪月花さんからお借りしました。

 ……クルミ割り仕様にはまだ早いもんなあ。

 
 つことで、東バは一足さきに、来週から「くるみ割人形」です。最近はバレエものの絵本や児童書もずいぶん出るようになりましたが、「くるみ割り」は群を抜いて多いんじゃないかな。上演頻度が高い、子役がたくさん出せるので(版によるけど)発表会などで見たり踊ったりする機会が多い、音楽が有名、などの理由もありますが、やはりホフマンの原作がしっかりしてるというのもあるのではないかと。バレエの方は筋がだいぶ端折られちゃってますけども。

 以前も紹介しましたが(こちら)、自分のオススメはこれ。


 ブロンズ新社、いせひでこ絵。

 いせさんのファンだというのもありますが。文章量が多いので、自分で読むならちょっと大きい子向けですか。

 こちらは講談社。石津 ちひろ文、堀川 理万子絵。

 バレエの舞台そのままの絵本を、というむきにはこちらを。堀川さんの絵も、ぢぶんは割に好きです。


|

« 半月ぶりですが、2幕です。 | トップページ | かぜだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半月ぶりですが、2幕です。 | トップページ | かぜだ。 »