« 黒猫堂商店の一夜 | トップページ | 生田その2 »

2012/11/21

生田緑地

Img_34532

 日曜日に出かけた川崎の岡本太郎美術館のある生田緑地にて。ふう、長い。紅葉はまだまばらでした。今週か来週かなあ。

 岡本太郎美術館は、生田緑地のいちばん奥にあります。生田緑地についてから結構まだあるんだよね。たまには中のコースをぐるっと回ってみたいけど、なかなかそこまでは行き着かないというか。

 小学生(多分4年くらい)のときに、社会科見学(遠足?)で、民家園と地層観察に来た覚えはあるんだけど、それ以来かなあ。あ、大学の学芸員取得コースで民家園に行ったか。博物館実習って、大体は地元の博物館相当施設で2週間やるんだけど(ぢぶんも駅前の郷土資料館でやった)、実家が遠かったり、受け入れ施設がなかったりした学生は、教授がまとめて民家園につっこんでたなあ。多分何かしらのコネがあったんだな。教授自身は考古学の人で、千倉で土器掘ってたけども。そして授業の時間が余ると(余らせるなよ……)、歯ブラシでその土器の破片を洗うのだ(そしてあら不思議、さっきまでひとつだった破片が手の中でふたつに増量……( ̄▽ ̄))。
 うちらは人文系なんでそんなもんですが、理系の友人のところは、江ノ島水族館で実習とかあったらしい。うらやましい。友人本人は渋谷の「塩とたばこ」でやってたし。

 えーと。生田緑地は小田急の向ヶ丘遊園駅から。小田急も自分が高校生の頃は時々使ってたんですが(←高校が小田急と京王の間にあった)、あの頃から比べてナントカ急行の種類が増えてるし、何がどの駅に停まるんだかわけわからんようになってるという。そしてコメダ珈琲はいつ行っても混んでて入れないんだよなあ……。

 

|

« 黒猫堂商店の一夜 | トップページ | 生田その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒猫堂商店の一夜 | トップページ | 生田その2 »