« やれやれ | トップページ | くるみ(べ)二日目。 »

2012/12/15

くるみ(べ)初日。

 というわけで、くるみ(べ)の初日は、すごーーーーく楽しくて幸せでした! が、ちょっと頭痛(いtもの)がヒドイので、軽く。帰って夕飯食べたら爆睡しちゃったよ。

 いやまあ、とにかく木村さんがどの瞬間を切り取っても、楽しそうでしたよ( ̄▽ ̄)。ここしばらくの舞台はいつ見ても楽しそうだけどなー。
 首藤さんの「M…」だと、2幕はビムとママンのためのパパからの余興みたくなるんだけど、木村さんにかかると、幕開けから終わりまでのすべてが、「M…」によるショーみたい。リハ写真の感じだと、もっと怖かったり不気味だったりするかと思ったけど、プティパの場面でも割に好々爺っぽかったな。そのかわり、ビムが逆鱗に触れた一瞬が恐ろしく、父と息子ってやっぱり「ライバル」なんだなあ(笑)、と。

 アラブ初役の沖さんの目力がすごい! 目千両がいかんなく発揮されてましたよ。松野くんが随処できれいな動きを見せていて、しかも何をやっても面白すぎるという( ̄▽ ̄)。あれは天然なんだろうか。抜擢される人はやっぱり抜擢されるだけのことはあるんだなあ、と思う二人。
 地道にコツコツやってきた杉山くんも、クラシカルな柔らかいいい動き。今回は闘牛士のリーダー(?)。腕のポジションとか、きれいだよねえ。そしてまじめそうなのになんかいろいろ壊れてきてるような(笑)。
 初役といえば、パリの川島さんがまたよかったな。井脇さんはわりとシャープに踊ってたけど、川島さんはもう少しフェミニンでまろやかな感じ。
 あと個人的には雪の場面の最大のヒットは、中村くんの超ブリブリだったりして( ̄▽ ̄)。ここいらも壊れてきたなー。妖精さんの奈良さんもかっちょよかったけど、田中さんがすっごい可愛かったよ!

 抜擢される人は抜擢されるだけのことはあるんだけど、やっぱり抜擢に応えるべく力をつけていく、ということもあるんだよな。そうやって上がっていく人もいれば、コツコツ上がっていく人もいて、カンパニーというものがあるんだな、と思ってもみたり。
 だってほんの数年前までは、木村さんがM…を踊るなんて思えなかったしねぃ。どこかの時点で「これだけ踊ったからもういいや」って思ったら踊ることのなかった役のあれこれを考えたら、続けるってのは大変だけどそれだけのことはあるのかな、と。

 ほかのことは後日。

|

« やれやれ | トップページ | くるみ(べ)二日目。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やれやれ | トップページ | くるみ(べ)二日目。 »