« くるみ(べ)初日。 | トップページ | 柿 »

2012/12/16

くるみ(べ)二日目。

 というわけで、ベジャールのくるみ、千秋楽です。初日と千秋楽しかないけどな。

 なんといっても今日は、渡辺さんの「母」だなっ(^▽^)。「海上の月」でも「母」のイメージが美しかったので期待していたけど、期待以上でした。岡崎くんのビムも、岡崎くんのいいところがちゃんと全部出てたような気がする。梅さんは、踊りはよかったけど、猫っぽさでは小笠原くんに一日の長かな。矢島さんはもうちょっと弾けてもいいかなー。

 初役がみんな初役っぽくないというか、それぞれに役に入り込んでいる中で、群を抜いてと言いますか、どこが初役だよコラというのはやっぱりK村さんでありましたよ。ベテラン強ぇー。
 つか、少年の母への追慕の物語のはずが、いつのまにか、彼らを見守る大いなる父性の話になっていたような……( ̄▽ ̄)。

 しかしなんといいますか、ベジャールは「父性」の人でもあったよなあ、と思ってみたりもするわけですよ。もちろん彼自身は子どもを持たなかったけれど、カンパニーにとっての「父」であり、たくさんの「子どもたち」を世界中に持っていて、亡くなった時にそうした「子ども」から「父」へ向けてのメッセージがたくさん寄せられたのをふと思い出したりして。木村さんはリアルパパだけど、20代の頃のフェニックスを見ても父性寄りのような気がするし、そういうあたりで何かがかぶったのだろうか。若かった中島さんもともかく、首藤さんからもそういう「父性」は感じなかったからなあ。役柄としての「父」はあったけども。

 あ。ややどうでもいいんですが、今日の最後、椅子の上に立ったM…に梅猫がゴロニャンするところで、さりげなく梅猫のアゴを掻いてやってたのがちょいツボでした。オガ猫のアゴも掻いてたのかな。

 続きはまたー。

|

« くるみ(べ)初日。 | トップページ | 柿 »

コメント

綾瀬川さん、こんばんは。

私も2日間見ることができました。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

木村さん、素晴らしかったですね。
唯、配役を聞いたときから、絶対素晴らしいに違いない、と思いすぎて、なんだか、感動というより、すごく普通にすんなりと受け入れてしまいました。もっと色っぽいかと思いましたが、役柄の所為か、意外に、普通に父でしたね。ほんとに、初役とは思えない馴染み様でした!

杉山君は相変わらずポーズが美しく柔らかい。そして、今回は踊りも正確で安定していましたね。
タキシード姿もなかなかのものでした。

木村さんが、猫ちゃんのあごを掻いていたいたなんて、よく見ておられますね。
やっぱり、負ける!

続編期待してます!

投稿: テス | 2012/12/17 04:31

初日のみ観戦
私は高木さんが苦手なので渡辺さんのママを観たかったのですが、どうしても小笠原さんの猫を見たくて初日にしました。
木村さんのMはさすがでしたね。ジルや周さんに比べるとちょっとオヤジっぽいな(笑)と思ったのですが、綾瀬川さんの父性という言葉を読んで、あーそうか、あれは父性だったんだと妙に納得。とにかくステキでしたね。
阪井さんもいつもどおりに群舞の中でキラキラ輝いてました。
満足の一日でした。

投稿: かかし | 2012/12/17 09:46

テスさんも2日見られましたかー(^▽^)。
本当にあっというまでしたね!
2日めなんかもう、あれよあれよという間に終わった気が。

杉山くん、バヤデルカがきれいでしたねえー♪
タキシードも(小芝居も)よかったです!
フィナーレの赤バラを見ながら、
そろそろ後輩を引っ張って行く役どころにもなるのかなーと
ちょっと感慨深かったりしました。
正月の眠りで青い鳥とフォーチュン、両方見られるといいですね。

木村さんは、2日とも台詞咬まなくてよかったなーとも……
(そこの心配かよ……)。

投稿: 綾瀬川 | 2012/12/18 02:23

かかしさん、どうもですー♪
次回はぜひぜひ渡辺さんの「母」を!
すごくよかったですよー。
高木さんは、自分の感じでは「パリ」の方が好みだったかもです。

>オヤジっぽい Σ( ̄ロ ̄lll)
そこは「オヤジ」を「パパ」に翻訳してあげて……(おいおい)
なんかいろんなものが全開になっていたような「M…」でしたね。

阪井さん、クラスでもフィナーレでもよかったですね。
あそこでイントロのメンバーから出るのをすっかり忘れてました。
正月の眠りの赤ずきん、お気に入りの役なので楽しみですー♪

投稿: 綾瀬川 | 2012/12/18 02:36

ベジャくるみから1週間経ちましたが
綾瀬川さんこんばんは。

今回私のツボは何といっても
理恵ママンでした。
裸足のママンは幻想のママンだと感じました。
夢の中、ビムの大好きな少女のようなママン。
そんな理恵さんのママンが私は大好きでした。

氷室ビムのママンへの溢れる愛は号泣ものだったし
見守るような木村Mはなぜ今までやらなかったか?と思うほど素敵だったし
愛すべきキャラクター、ダンサーたちの
ベジャールくるみ割り人形は最高に幸せでした。

素敵な作品は繋げて行ってほしいですね。

お忙しそうですが
年末年始、お身体休ませられると良いですね。
それではまた、どこかの会場で。

投稿: Nc | 2012/12/23 22:39

Ncさん、どうもですー。
渡辺さんのママン、よかったですねー♪
「海上の月」でもそうですが、なんか舞台を浄化するような力を感じます
(その分Mの毒気が抜けたのか……)。
ビムも2人ともそれぞれによくて、幸せな2日間でした。
なんかもう、クリスマスが終わった気がしてますよ……。

年が明けたらすぐに「眠り」で「ガラ」なので
カンパニーは大変でしょうが、
楽しい公演になるよう期待してます(^▽^)。

投稿: 綾瀬川 | 2012/12/24 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くるみ(べ)初日。 | トップページ | 柿 »