« 新年のご挨拶 | トップページ | 松山のくるみ改訂版1 »

2013/01/02

下部普通に食った日記

 ま、恒例食ったもの日記から。今回はダンナと一緒なので、食いっぱぐれることはありません。ありませんとも。

Ca3k0351 今回は、前日にぢぶんが最大級の不調だったために、初日は「行くだけ」のゆっくりコースに。11時半発のかいじで甲府まで。お昼は駅ビルの青葉でラーメンをいただきました(写真なし)。そういえば東バの山梨公演に行った時も、駅ビルの青葉でラーメン食った記憶が……。むーん。

 甲府から身延線の各駅停車でだらだらと下部温泉まで。そこから歩いて10分足らずの「かがみゆ」さんという旅館です。
 まずはお茶請けに、自家製のころ柿。甘すぎなくて案外とさっぱり味。山梨といえば干し柿だよなー。


 お夕飯。焼きエビがダンナとの国境です。

Ca3k0352

 エビの塩焼き、煮染め(レンコン、里芋、キノコ、人参)、刺身(撮影前にマグロ食いました)、べったら漬けらしき大根+ゆず、おしんこ、

Ca3k0353

 吸い物代わりの年越しそば、茶碗蒸し、サーモンの麹漬けらしきもの、陶板は豚と野菜の味噌焼き、

Ca3k0356

 後追いで来た天ぷらは、楊枝に刺してあるのがおそらく百合根であとはわからん。これにホタテ焼き(後追いで来た)、白飯と、デザートはメロン。

 煮染めが甘くて美味しいー♪ エビがシンプルに塩焼きなのも、サーモンがマリネじゃなくて麹漬けなのもポイント高し。おかげで、旅館の料理といえば2つ3つ食べられないものがあって普通のぢぶんにも無駄なく残さず美味しくいただけました。……ええ、食べる前と後とで体重計の針が……。これだけ食ったら紅白見る以外になんもでけんわ。

 朝ご飯はちょこっとおせち。

Ca3k0357

 雑煮は餅が二種類(白と粟?)。伊達巻き、かまぼこ、昆布巻、数の子、きんぴらごぼう、塩鮭、野沢菜。餅が二つなのでご飯はいらないくらいなんですが、生卵がついてたので条件反射でよそっちゃってさー( ̄▽ ̄)。朝から満腹すぎ。
 ちなみにこちらのお宿は通年1万円ぽっきり。正月料金や休日前料金などは設けてないそうです。看板に「小さな宿でも大きな風呂」と書いてあったけど、女湯でもぬる湯/熱い湯の二つの浴槽が広々としていて気持ちよかったですー♪ 結構な温度差がありましたが、ぬる湯→熱い湯の順で入れとのご主人の指示。元々がぬるい温泉なのでわかしてあるそうです。ぬるい方はいつまでも入れてしまうので、逆にのぼせた。冬期は露天風呂は閉鎖(ぬる湯だからか?)。

 ま、そんな具合で宿を出まして、紆余曲折を経て昼ご飯は久遠寺の参道で。

Ca3k0359

 山梨といえばやっぱり、ほうとう食べないと! 800円。ほうとう定食ほか各種定食1500円くらいが参道の相場みたいです。

 帰りは正月だけあって、新宿でもあまりお店があいてなくて、地元まで帰ってきたらマックとサイゼリアの二者択一になっておりましたのよ(←らんぷ亭まで閉まってた)。なのでサイゼリアでハンバーグ定食食って帰りましたとさ。


|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 松山のくるみ改訂版1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年のご挨拶 | トップページ | 松山のくるみ改訂版1 »