« 右近の橘 | トップページ | へたれた »

2013/03/06

しんこくちう。

Img_36621

 セミエビ。佐世保の水族館で。

 さてと。ようやく職場の源泉徴収票を刷り出せたので(←自分でウェブから刷らないとならなかったという)、がんばって申告書書いてみたりしてたらちょっと力尽きた( ̄▽ ̄)。

 で、結果から言いますと、16000円の寄付に対して(少ないとかいわないように)、国税局のHPの自動計算では、所得税の還付金が5600円です(寄付先がすべて都の指定団体なので地方税も控除されるはず)。

 とりあえず今年分は書いたので、少ないながらも昨年分も書いてみる。明日か明後日に。出す方も、郵送だけではなくて、税務署の夜間受付ポストみたいなものがあるらしい。これだと送料もいらないし、郵便事故もない(多分)。ただ、うちの区の税務署、駅から遠いんだよなあ。

 還付金というと、まあ「払いすぎた税金を返還させる」ということではあるんですが。考えようによっては、自分の払った税金から5600円分を「自分の払いたいものに回させた」というふうにも考えられると思うんですよね。たとえば、海外の図書館支援の団体に寄付をしたなら「自分の税金のうち5600円は図書館に使った」ということだし、劇場の活動のために寄付をしたならそのために5600円の税金をそのことに使ったということで、震災遺児の支援の団体、盲導犬の育成、いろいろあると思うんですよ。これに使いたい、使ってほしい。あるいは逆に使われたくない分(軍事費分とか)を取り返す。そんな風に考えてみれば、金額にかかわらず積極的に還付請求してもいいなー、と。オリンピック招致に使う金なんざありませんがな。

 寄付控除については、こちらがわかりやすかったです。現在の控除計算は2011年からだそうなので、以前申告してみて「少ないからいいや」と思った人も、もう一度試してみるのもよいかもです。

|

« 右近の橘 | トップページ | へたれた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 右近の橘 | トップページ | へたれた »