« 饗宴その3 | トップページ | チェロの絵本 »

2013/03/25

日曜の桜/壊されたカメラ

Ca3k0504

 石神井公園の桜です。水辺なので、桜もこぶしも水に映る姿がきれい。ちょっと日本画っぽい。それにしても今年は早いなー。近所の白木蓮なんて、土曜につぼみに亀裂→水曜満開→土曜に散っちゃって、ちゅらちゅらちゅらちゅらちゅららー♪ でしたがな。

 日曜日は、アップリンクで映画「壊された5つのカメラ」(こちら)のアンコール上映があるというので、行ってきました。これについてはまたどこかで書く必要があると思っていますが、ダンナいわく「今まで見たパレスチナ関係の映画でいちばんスゴイ」というように、本当に見応えのあるというか、90分が210分くらいに感じるような映画でした。
 舞台となったビリン村は、ヨルダン川西岸地区にある村で、撮影したのはそこに住む一人のオヤジ。生まれたばかりの4男を撮るために手に入れたカメラで、「村のイベントを撮ってくれ」と頼まれるようになり、やがて村に建設される「分離壁」に反対/抗議する闘いを記録するようになります。弟(たち)が逮捕され、友人が射殺され、自ら拘束されるのを撮影する中で、自分は「なぜ」撮るのか、それがよいのかを自問しながら。

 金曜までなので難しいですが、多くの人に見て欲しい映画です。

|

« 饗宴その3 | トップページ | チェロの絵本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 饗宴その3 | トップページ | チェロの絵本 »