« この夏は | トップページ | あじさい »

2013/06/08

Chim↑Pom in Taro

Ca3k0603 特に予定のない土日だもので、前から気になっていた青山の「岡本太郎記念館」に行ってきましたよ、と。川崎の岡本太郎美術館の方には何度か行っていたんですが、青山の記念館へは初めて。こちらは太郎のアトリエ(兼住居)を公開してるもの。NHKのドラマ「太郎の塔」で出てきたあそこだ〜ヽ(´▽`)/と思いつつも、イメージよりは狭かったですよ。「館内の写真撮影はご自由に」とのことで、そういうところも太郎らしい。

Ca3k0608_2

で、ちょうどChim↑Pomの「Pavilion展」をやってまして。まあそれを見に行ったんだから「ちょうど」ってこともないやな。丸木美術館の学芸員である岡村さんのブログで紹介されてまして、こら行かねば、と。渋谷の「明日への神話」に「つけたし」た「LEVEL 7」の絵は、警察から返却された後、この記念館に寄贈され、今回はそれとほかにいくつか、Chim↑Pomからの「岡本太郎とのコラボ」の作品を展示。
 手前の応接間らしき展示室では、この「事件」をまとめた「LEVEL 7 feat.「明日への神話」」という映像が、太郎当時(というのはいつだ)の小さな木製のブラウン管テレビで流されてました。まあ、「映像作品」というよりは「記録」なんだけど、あの原発爆発前後の切羽詰まった気持ちや、あの絵がゲリラ的に「展示」された時のワクワク感を思い出したなあ。「太郎の塔」の音楽が使われてたけど、緊迫感があってなぜかぴったりだった。くだんの絵は、太郎のアトリエにすっぽりと鎮座。


Ca3k0610

 その隣には、「明日への神話」の下絵とおぼしきデッサン。

 ほかにも2階の展示室では映像作品の展示もありましたが、えーと、タイトル忘れちゃったな。太郎の写真を、焼け焦げをつけたベニヤにプリントした作品がすごくよかった。使われてる写真は沖縄のものが多いんだけど、1枚だけ長崎の「その時間」で止まった時計の写真があったり。


Ca3k0613

 あ、庭にちゃんといたよ! キノコ雲というよりも、タイムボカンのアレに見えなくもない。

 ほかの作品についてはまた。

 丸木美術館の岡村さんのブログは、読み応えがあって、興味深い話がたくさんあるんだけど、ひとつの企画展を作り上げていくその過程を見ていくという角度から読んでも面白いと思うんですよ。なかなか追い切れないけど、オススメ(こちら)。

|

« この夏は | トップページ | あじさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この夏は | トップページ | あじさい »