« アリス、ちょこっと。 | トップページ | 不忍の蓮 »

2013/07/08

続き

 ちょこっと続き。

 アリスのお話は、最後に読んでから随分経つし、ディズニーの映画とごちゃ混ぜになっちゃってるばかりか、ぢぶんが小さい頃読んでいた本が「不思議」と「鏡」を1冊にまとめてあったので、もうどれがどの話だったか、わかんなくなっちゃってるんですよね。どっちに出てくるキャラクターだったっけな、とか。

 なので、やや間違い含みになりつつ、ですが。

 冒頭の設定が、リデル家(アリスの家)でのパーティになっています。そこにやってくる人々が、のちにアリスの夢の中で、不思議なキャラクターとして登場するって趣向。帽子屋がマジシャンになってるのは、帽子からの連想なのかな。白ウサギはキャロルだし、ハートの王と女王はアリスのパパとママ。侯爵夫人らしき、乳母車を押した女性も来るし……。ちょっと、映画版の「オズの魔法使い」っぽいよね(原作はどうだったか忘れたー)。オズも西の魔女も、案山子・ブリキ・ライオンもみんな、ドロシーの知ってる人たちが姿を変えて現れてたというアレ。まあ「夢落ち」なので、ここはセオリー通りに手堅く。

 で、庭師のジャックと、令嬢アリスはお互いに意識し合ってるんですが(←アリスの年齢が上がってる( ̄▽ ̄))、パーティの準備中に、アリスのママが捨てた赤いバラをジャックがアリスにあげて(よく考えるとそれもどーかと思わんでもない)、アリスがお礼に、メイドからくすねたタルトをジャックにあげたところ、ジャックがタルトを盗んだ! と誤解したママにジャックがクビになるという……。
 ……タルトなんですけどね。ダイヤの首飾りとかじゃなくて。
 まあ、アリスの夢の中でも、ハートのジャックはタルトを盗んだ容疑でハートのクイーンに追っかけられ、裁判にかけられるわけで、その発端話を持ってきているのですな。バラは、白と赤が夢と現実では取り替えられているんだけど、しかし「後から作った伏線」なので、冒頭で「あ、それをここに持ってきたのかー」っていう、まあそれはそれで楽しいからいいんですけども。

 それにしてもウサギとキャロルの二役、メイクしたり落としたりが大変だろうなー。初めは耳をつけた程度だけど、後から白塗りになり、それを最後に落としてもう一度出なくちゃならないんだもんなあ。

 雑駁ですが、とりあえず。

|

« アリス、ちょこっと。 | トップページ | 不忍の蓮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリス、ちょこっと。 | トップページ | 不忍の蓮 »