« ずつー。 | トップページ | 標的の村その1 »

2013/09/14

清里のジゼル、足しました/DVD整理など

 格納庫に、フィールドバレエ「ジゼル」の続きを少し足しました。前回の記事の下に書き足してあります。一応、第一幕の終わりまでです。もういろいろとうろ覚えだけど、ウィルフリードの「それ、うちの」と逸見氏の暴れっぷりが妙に印象に残ったという。ちうかツボった。こちら

 増え続けるDVDを処分して、見ないのは捨てて、空いてるお皿を確認して、古いケースはスリムに変えてスペースを減らして……という作業を半日やってたんですが、リモコン3丁(DVD新旧2台とテレビ)をガンガン打ちながらで汗だくですよ。古いのはVHSとDVDの共用機なんですが、もうかなりヤバイ感じ。ずっと使ってなかったのもあるかなあ。VHSからDVDに焼いたのは、元々画像も悪いんだけど、機械やテープにガタが来てたのにプラスして、古いお皿のせいか、相当ヤバイ感じ。

 ちょっとショックだったのは、コジョカルとルグリの「ジゼル」(だいぶ前のバレエフェスの全幕プロでNHKで放映した分)が、VHSのテープが劣化してたのか、機械が悪かったのか、焼いたDVDに傷がついたのか、アルブレヒトがミルタの前に引き出される辺りでデータが壊れちゃってたこと。映ってるんだけど、ごくたまに動く、みたいな感じで。でもまあ運のいいことに、ヒラリオンが沼に突き落とされるまでは普通に見られるので、それはそれでまあなんとか。K村さんのストレートボブが懐かしい……。つか、この頃はまだクラシックというと目張りメイクだったんだな……。

|

« ずつー。 | トップページ | 標的の村その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ずつー。 | トップページ | 標的の村その1 »