« 興福寺仏頭展 | トップページ | ジゼル、まずは脇から »

2013/10/13

セブンの日。

 今日は完オフ。で、このところぼちぼちやってたDVDの整理など。

 うちには古いVHS/DVD兼用機と09年に買った(もうそんなんなるのか……)DVD/BD兼用機があるだけど、このVHS兼用機が4倍速までしか対応してなくて、ぶっちゃけもうお皿(DVDーR)がないんですよ(T^T)。VHSはまだ使うこともあるので捨てやしないんですが、日頃使わないVHS機の方といちいち切り替えるのもめんどくさいので、捨てる物は捨て、捨てない物はファイナライズをかけるという、コツコツ作業。

 で、昔のVHSからDVDに落としてあった「ウルトラセブン」の後半がありまして。これをファイナライズしようと思ったら、お皿の容量が足らなくてできない。それではと、VHS機→BD機で、DVD同士ダイレクトにコピーしましたら……チャプターが全部とんだ( ̄▽ ̄)。そんな仕組みになっていようとは……。ウルトラ警備隊のばかーーー!(←ノンマルトの少年)

 しようがないので、VHS機のDVD→BD機のHD→チャプターづけ→BD機のDVD、というわけで、同じ物を計3回ずつ観るハメにヽ(´▽`)/ヤケクソ。まあ実際にそんなにちゃんとは観てないですけどね。かけっぱなしにして風呂入ったりとかしてつつながら。しかしおかげで「ダンが来ないと手術受けないモン!」というクソガキと、アンナの金切り声と、フルハシの「だーん、だーん!!」という雄叫びを4回観ましたよ。フルハシって年中ダンを探してないか(←ダンがすぐ行方不明になるからなんだが)。

 まあまだ全部は作業してないんですが、ウルトラセブンの後半戦といえば、名作「ノンマルトの使者」「第四惑星の悪夢」を含む粒ぞろいのラインナップ。カプセル怪獣の出番がないのがちょいと物寂しいですが。Wikipediaでみたら、キル星人って、野島昭夫お父さんなのな。びっくり。顔ほとんど見えないけど。

 全体にホラー色が強いですねえ。ホラーというかスリラー(死語か)というか。相手が基本的に「宇宙人」だというのもあるんでしょうが、画面の作り方がいかにも怪奇物っぽい陰影。「第四惑星」とか「あなたはだぁれ?」とか、団地の場面なのにコワイよ……。

 まあ話についてはいろいろあるんですが。今回見直した範囲だと「超兵器R1号」がよかったな。あとやっぱ「第四惑星」コワイ。あの廊下の真ん中に机みたいな部屋とか、もう異様にコワイ。
 しかしまあ、キリヤマ隊長の無茶振りときたら、南部博士に負けてませんよ。さすがに重傷の部下を遠心分離器にかけたりはしないけどな。そのかわり、ダンがあんだけ放射能浴びても「消毒して休ませてあります」ってあんた……Σ( ̄ロ ̄lll) 。

 それにしても。ぢぶんが小学生の頃(というのは70年代前半だ)に放送室に「効果音集」のレコードがあったんですけど、それに「宇宙っぽい音楽」というのが何曲かありまして。で、それと同じような劇伴がやっぱりセブンにもでてくるんですけど、あれ、どっから湧いたイメージなんですかねぃ。曰く言いがたいんだけど、宇宙遊泳ぽいとでもいうか。「ぽ………ぴ……ふうぃんぃんぃん……ぽ……」みたいな。
 んで、コンピュータから出てくる、穴のあいた紙テープが懐かしいわあヽ(´▽`)/。あれがスラスラ読めるのが憧れでしたよ。今でもどういう仕組みなのか、さっぱりわからんですけども。

|

« 興福寺仏頭展 | トップページ | ジゼル、まずは脇から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 興福寺仏頭展 | トップページ | ジゼル、まずは脇から »