« ひまわりその2 | トップページ | コスモス »

2013/11/04

アトリエ・ドゥ・バレエ

 話があっちこっちで申し訳ないですが、今日は木村公香さんのアトリエ・ドゥ・バレエの公演に行ってきたので、そちらを。チケットのことで電話をかけたときに、「子どもたちの踊りですので、見ていただければ……」的なことをおっしゃっていたので、こちらも発表会気分で軽く出かけたのですが、なんの、その子どもたちの踊りがとっても楽しかったです(^▽^)!

 幼児まで出ていたこともありますが、人数がすごい。そして専科から幼児まで、その大人数のひとりひとりがしっかりと自分の役割を演じていて、すっかり感心してしまいましたよ。

 いちばん感心したのは、舞台への出入りです。これはあちこちの発表会を見ていつも思うのですが、一生懸命やってても、バレエ特有の両手を前後に、あるいは前と横とにしながら歩く/走るというのはなにかわざとらしいというか、きれいに見せるというのは大変なんですよね。で、小学生くらいまでは、出入りは全部手は腰、ってしてるところもあって、それはそれでひとつの工夫だと思うんですが。
 それが、ここの生徒さんたちは、みんな自然にきれいなんですよ。両手を前から横に開きながら走って出る、というようなところでも、腕がすごく自然なんですね。名門って、こういうところが違うんだなあと。

 プログラムを読むまで忘れてたんですが、以前、エリアナ・パブロワを偲ぶ企画公演がやはり横浜であって、そのときに公香さんの振付のハンガリー舞曲をやったのを見てるんですね。多分、ダンサーはアトリエの生徒さんではなかったと思うんですが。今回も、モルダビア舞曲(モイセーエフ舞踊団作品)やハンガリア舞曲、それに友佳理さん振付の「冬の贈り物」の中でもロシア系(多分)の民族舞踊から想を得たような踊りが多く踊られ、クラシックとともに、こうした民族舞踊の系統に強い、という特色もあるのかな、と。そういえば、ここの卒業生で以前東バにいらした山本亜弓さんのマズルカ(白鳥の湖の)が好きでしたのよ、ぢぶん。

 実際、モルダビア舞曲は一番客席が盛り上がっていたんではないだろうか(←ぢぶんはかなり盛り上がりました 笑)。

 そんなわけで、民族舞踊系から、レ・シル、ライモンダ、ストーリーのある1幕ものに、マクシーモワを偲ぶ映像作品と盛りだくさん。まとめて、格納庫の方へ書ければと思います〜。

 男性はさすがに「成人の部」にお一人だけであとはゲストですが、OBの内藤悠太さんと小野寺正太さんが出演。内藤さん、大活躍だったな。ほかに、以前熊川さんのところにいらした(多分)西野隼人さんと、谷の酒井大さん、新国のクロフォードさん、そんでなんと良太くんがΣ( ̄ロ ̄lll)! あとは知らない方が何人かと、ボリショイ関係がお二人(「冬の贈り物」の老人役)。エレーナ・フョードロワさんて、ニコライさんのご家族だろうか。ちなみに、内藤さん、小野寺さん以外はライモンダ(グランパ)要員で、西野さんがジャンでした。良太くんは第一ソリストの4人の1人。すっかり大人になって、今東バにいても力弥はもう無理かもなあと思いつつ、今レンスキー踊ったら面白いだろうなあ、とも思いましたよ。しくしく。

|

« ひまわりその2 | トップページ | コスモス »

コメント

綾瀬川さんこんばんは。

実は私も昨日、アトリエ・ドゥ・バレエコンサート行っていました!
友だちが数日前に「こんなフライヤー見つけて、良太くん出てるよ!」と連絡をくれたので
遠路はるばる観に行っちゃいました。

発表会というと、ガラ形式というか小作品集的な感じで行われることが多いのに
こちらは作品を演じることに驚きました。
小さなころから創り上げることを
教えていくのでしょうか?
モルダビア舞曲、私も盛り上がりました~!
隣が元生徒さんだったらしく
「これがどれだけ大変な踊りか分かってる人、少ないよね」と仰っていましたが
十分わかりましたよ~。だからこそあんなにテンション上がって、会場盛り上がったんですぅ~。

楽しいコンサートでした~。

良太くんすっかり大人ですよね。
井脇さんところのドンキでも、闘牛士とジプシー踊ってましたが、
友人が「キホーテの槍の避け方が大人だった(゚o゚;;」と
驚いていました。

良太くんのことを話しだしたら、
私、原稿用紙5枚は語れる(笑)
23日テアトルフォンテというところで発表会ゲストで
出るみたいで、こちらではジャンを踊るようです。
そちらも行ってきます。

ではまた、どこかの会場で!

投稿: Nc | 2013/11/05 22:51

お、Ncさんもいらしてましたか〜(^▽^)。
私は出演者とかまったくチェックせずに行ったので、
会場でプログラム見てびっくりしてました
(友佳理さんが、メインでなくてもちらっと出るかしら、
くらいの期待でした)。

本当に、ひとつひとつの作品がきちんと仕上げられていて
結構長丁場だったのに退屈してるヒマがなかったです。
モルダビア、楽しかったですよね!
モルダビアも、友佳理さんの作品でも、
ジュニアや子どもさんたちがすごく生き生きしていて
見てる方もうきうきしちゃいました。

>キホーテの槍の避け方が大人だった(゚o゚;;
……大人な避け方って(笑)。
良太くんも、順調に仕事が入ってるようですね。
NBAの14日のくるみはチケットを取ったのですが、
カブキとマチソワになるので、1幕目は遅刻かな、と。
トレパックは見ますよ〜♪

投稿: 綾瀬川 | 2013/11/06 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひまわりその2 | トップページ | コスモス »