« とりあえずカブキ1 | トップページ | 立川のワークショップとか »

2013/12/15

とりあえずカブキ2

 なんか「カブキ 猪」はともかく、「カブキ 褌」の検索が多いのはどういうわけだ( ̄▽ ̄)。いや、わかりますけど。

 つことで。今回のフンドシーズはシングルキャスト、先頭(下手側)から、竹本、石田、和田、佐藤、永田、杉本、岸本、安田だったかと思います。見慣れた顔が多くて判別が楽であった。いや待て、そういうことを知りたいわけではないような……。
 ツイッターの方で若干話題にしましたが、キャスト表の役名が「憂いの男たち」なので、基本的には「由良之助が討ち入らないことを憂える同志/浪士(死者含む)」的な役なのかなあと思うんですけども。そこから「雪の別れ」の「なぜ討ち入らないーーー!!」っていう流れになるし。なぜ赤フンかといえば……やりたかったんじゃないかな、多分。今のメンバーだとちょっとイメージが違いますが、古いポスターなどを見ると「ブトー」的なものを入れたかったのかなあ、という気もします。さすがに白塗剃髪ツンってわけにはいかないけど。
 まあ、見る側の勝手な解釈ですんで、本当のところはわかりませんが。もっと深慮遠謀があるのかもしれないし、ないのかもしれない( ̄▽ ̄)。なんせ相手は巨匠だ。「舞楽」のアメフトなんて、もっとわけがわからないよ。

 で。安定と貫禄の松と、気合いとすがすがしさの竹。それぞれに面白みがあるのでやめられないんだな、これが。昨日は近めかぶりつき、今日は2階サイド席です。やっぱり討ち入りは上からも見ないとな。

 今日はなんといっても森川くんの由良之助デビューなわけですが。いやもう、ようやく本気出したか、というか、まああれだけやりたいやりたい言って本気出さなきゃどうにもならないわけですが、もう本当にいつも本気出してくれよ(←実のところ、逆にちょっと怒りたい気持ちにもなるわけですよ。クラシックもそれくらい丁寧に踊れよ! とか)。

 えーと。城明け渡しのソロがよかったな。あれを「見せる」のは意外と難しいんで、相当がんばったなと。1幕最後のソロは、とにかく完走してよかった。ところどころ間が持たないところもないではなかったけど、あれも「見せる」のは難しいよねえ。わかりやすい超絶技巧がふんだんに、というソロではないし、むしろ「変なポーズ」の連続だったりするわけで(昨日のNBAの振りが「わかりやすい超絶技巧がふんだんに」系だったので余計にそう思ったりする)。芝居の面では心配してなかったので。一力茶屋の冒頭とかよかったなあ、と。判官切腹の場面の頭、「通りがかりの名無し」っぷりがすごかったけどな(間違ってはないけど)。

 もう少し後藤さんに近い感じになるかと思ったけど、それほどでもなかったような。高岸さんは判官切腹で遺言を託されてそのまま由良之助になり、後藤さんは1幕最後のソロか、場合によっては討ち入るまで迷いを残したままの青年なんだけど、森川くんは「懸命に由良之助になろうとする若者」であったような気がします。意志は強く出てたような気がするからいいんじゃないかな。

 渡辺さんの顔世もよかった。渡辺さんは後半よりもむしろ兜改めの方がよかったような気がする。原田さんの師直の具合もあるんだろうけど、「ここで、顔世はそのつもりじゃなかったのに、師直がその気になっちゃうんだな−」みたいな箇所が2回か3回かあったような。「雪の別れ」は流されていくタイプで、奈良さんの後だと物足りないけど、多分渡辺さんのが普通(笑)。

 まあほかにもいろいろあるけどおいおいに。

 木村さんはロックだけ出てました(←一応毎回チェックはする)。誰だかの脚の間で仰向けに寝てるところからなので、上からでないと見つけづらいかも。最後にアワアワしながら捌けるのは師直だと見られないからなー。というわけで、東バ納めが木村納め。昨日の「治め」ってなんだよ。治めてどうするんだよ。
 ぢぶんは「納め」だけど、これから年末はギリシャ公演なんだよなー。くひょーーー。
 

|

« とりあえずカブキ1 | トップページ | 立川のワークショップとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえずカブキ1 | トップページ | 立川のワークショップとか »