« くるみその2 | トップページ | へばりっ »

2013/12/22

くるみその3

 つづきです。

 パパとママが仲直りして捌けたあと、……クララよりドロッセルマイヤーの方が先に戻ってきていたっけ? そんで時計の後ろに隠れていたような。クリスマスツリーが大きくなるところは映像処理になっていました。んで、手前の背景が上がると後ろに大きくなったおもちゃたちの背景(二重になっていたので舞台が狭くなった、というのはあるんだろうな)。おもちゃの城壁のところは上にあがれるようになっていて、ネズミの王さまがそこから下の戦闘を眺めたりしてました。

 そうそう、ネズミの王さまは「頭がみっつ」なんですが、なんつうかな。阿修羅みたいに三方を向いているわけではなくて、三つ横に並んでるので、最初見た時は「耳のデカイネズミ」かと。しかしあれかぶって動くの大変そうだな……。兵隊は女性ダンサー。

 あの大砲が「どん!」という場面ですが、ネズミの一匹が「おならぷう」(効果音も「どん!」ではなくて「ぶうう」)で、一同「くっさーーーー!!!!」になってました。大砲は出てくるけど、出てきて帰るだけ。松山はたしか、大砲は発射するけど、砲弾(でかいボール)は兵隊がネズミ陣地に投げ込んで、やっぱり「どん!」ではなくて「ぽわああん」みたいな音で一同ずっこけ、みたいな感じだったと思うんですが。最近、あれは撃たないのが流行になりつつあるのかしらん。
 (東バのはクララがのぞき込もうとしたらいきなり火を噴いて、「あぶねえーっΣ( ̄ロ ̄lll)!」だったはず……あと「M…」が何か撃ってたような)。

 くるみ割りとネズミの王さまは相打ち(クララの加勢は2幕だったような)。倒れた王子を兵隊達が取り囲んでいるあいだに仮面そのほかをはずして、くるみ割り→クリストフ王子への転換でした。

 で、PDDがあって、雪。最近、安全性を配慮してるのもあってか、雪の方が映像処理されているのは見た記憶があるんですが、ここは結構盛大に降らせていて、見ている方がなにか落ち着かないというか。ぢぶんは友佳理さんの事故には居合わせてないけど、やっぱこう、紙吹雪が大量になってくると落ち着かないんですよね。ここだけのために映像作るのは大変かもしれないけど、ほかを映像処理にするなら、ここもついで(?)にしてしまえばいいのになあ。

 雪は女王なしの女性群舞。4人のソリスト(役名は「クリスタル」)がクラシックチュチュ、ほかの群舞が長めのスカートのチュチュでした。とてもよく揃っていたけど、前述したようにどこか手触りが悪い気がする。腕が、直線的な動きではないけど、なめらかでもないというか。振付も特に奇をてらったようなものはなくて、オーソドックスなイメージでした。

 

|

« くるみその2 | トップページ | へばりっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くるみその2 | トップページ | へばりっ »