« NBAのくるみ、ちょこっと | トップページ | くるみその3 »

2013/12/21

くるみその2

 ついでなので、NBAの方をざっとメモ程度に。

 ちょっと早めの時間に、幕前でネズミのパフォーマンスがあったみたいです(ぢぶんがついた頃終わるところでした)。その後、幕が開く直前に(序曲にはかかっていなかったような)、やはり幕前でネズミとそれを追うメイドの芝居。ネズミは松山風のリアルタイプ(?)の着ぐるみ。

 道行きのところがクララの家のパーティ支度を紗幕で見せる仕掛け。フリッツが、ネズミを尻尾からぶら下げて現れ、みんなを脅かして回ってたところ、パパなのかな? そのネズミを取り上げて暖炉に投げ込んだら、すごい匂いがして一同閉口、みたいな場面があり。ここいらがクララの夢に尾を引くようになってるんだな。その後に、ドロッセルマイヤーとクリストフが昨年クララの家に行く場面なのかな? それとクリストフが「今年は行かれないからくるみ割り人形を作ってクララに渡してね」とドロッセルマイヤーに頼み、ドロッセルマイヤーが人形を作るというのが入って、幕が開く。

 フリッツは大人の男性ダンサーの役でしたが、かなり踊りも多く、ザンレールを含めた飛び技も多いのですが、皆川さんがやはり上手くて、しかも芝居の方も面白かったです。自分がもらったプレゼントがしょぼくて気に入らなくてくるみ割りを狙うとか。ただ、フリッツ以外の男の子が子役さん(小学生くらいまで)なので、ビミョーに違和感はあるんだよな( ̄▽ ̄)。下の方は小さくてもいいから、中学か高校生くらいまで幅広い年齢になってればもう少し……いや、難しいけどな、男の子は。年の離れた従兄弟会みたいな感じだからまあないわけじゃないけど。女の子の方は小さい子から大きい子までいたのか、違和感がなかったな。

 ハーレキンの後のコロンビーヌは、途中からハーレキンとのPDD。その2体が片付けられてから、ムーア人のところは男女の「ソルジャードール」(おもちゃの兵隊風……ってまんまか)。これらの人形はここだけで、その後の絡みはなし。くるみ割り人形は割とリアルなサイズの木製。その後のドロッセルマイヤーとのPDDの場面は、クリストフとちょこっと踊り、フリッツとくるみ割りの取り合いになって、メイド(もしかしてキャスト表の「乳母」?)がクララを呼びに来て、一同が食堂に引っ込んだところでパパがメイドを口説くくだりがあって、その騒動が捌けてからクララ再登場でフリッツ隊の襲撃(1回のみ)……だったかな。
 最後の大人のダンスは、デミタスカップを持って行われたような。食前酒じゃなくて食後のコーヒーなんだろうか(それとも何か別の物?)。ママはこれみよがしにドロッセルマイヤーにベタベタして二人で踊り(ドロッセルマイヤーが困惑し)、パパは居心地悪そうに、メイドは堂々と二人で組んで踊っておりました。いやまあいいんだけど。最終的には子どもたちが寝静まった後に、パパがへこへこと許しを乞うて仲直りしてましたが。……まあいいけどなー。

 ええと、良太くんは男性客のひとりで、妻と三人の子どもを連れてきていたようでした( ̄▽ ̄)。子役あしらいが上手くなっていたよ。

 とりあえず。

|

« NBAのくるみ、ちょこっと | トップページ | くるみその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NBAのくるみ、ちょこっと | トップページ | くるみその3 »