« ぐったり…… | トップページ | とりあえずカブキ2 »

2013/12/14

とりあえずカブキ1

 つことで、無事に年休を取って、カブキがマチネでNBAのくるみがソワレという「馬鹿なの死ぬの」な日程をこなしましたー。はあ疲れた。NBAの方は移籍した良太くんを見にいったわけですが、まあそれは後ほどの話にしておいて、まずは今日のカブキから。木村さんが討ち入りから再び抜けたので、今日が「木村治め」となりました。前回3度も討ち入り・涅槃が見られたのは本当にラッキーだったんだな。

 与市兵衛、おかや、お才以外はすべてダブルキャスト、しかも半分は初役か? というえらいこっちゃな松組。「そうきたかー」なキャストが多い中でも、お才の高木さんのはまり具合がなかなかでした。つか、この3人は本当に「そうきたかー」でしたねえ。そこに山田くんがくるとわ( ̄▽ ̄)。ザッキーの定九郎もすごくいい。

 奈良さんの顔世がすごくよかったです。前半よりもむしろ「雪の別れ」。美佳姫の流されていくような顔世も好きなんですが、「雪の別れ」についてだけは友佳理さん至上主義といいますか。あれだけは友佳理さんでないと−、だったんですが、今回の奈良さんは友佳理さんを正統に受け継いで、かつ強かったよ( ̄▽ ̄)! 瑤泉院のイメージにいちばん近かったのかなあ。「雪の別れ」の最後で泣いてしまったのは初めてかも知れない。
 前半は「清楚な人妻」というよりも、ちょっと人を惑わすような色気が感じられて、もう少し毅然とした感じの方が好まれるんだろうなあと思いつつも、個人的には割と好きかも。人が来て、顔世の衣から手を離さざるを得なくなった木村さんの「ちぇーっ(つまんねえの)」が聞こえてきましたよ。
 あ、兜改めの最後の方で、端っこで由良之助と二人で桜の枝をいじいじしているところが可愛かったな。

 おかるの沖さんは初役とは思えない踊りでしたが、すごくいいところと「そこはちょっと……」なところが混在してる感じ。全体に、おかるとしてはちょっと自己主張が強いというか、「芝居しすぎ」かなあ。特に無音のところ。道行きなんかはすごくいいんだけどね。おかるって勘平にとっては「ファムファタール」なんだなあというのを初めて感じましたよ。

 梅さんの判官は、久しぶりに「清廉潔白な熱血漢」ではなくて、「ええしのぼんぼん」だったような( ̄▽ ̄)。奈良顔世が瑤泉院なら、こちらは「内匠頭」でありましたな。ドナドナの聞こえる切腹の場というか、まるで刑場に引かれていくような……と思ったらそもそも切腹だったという。
 そしてなぜか石堂と薬師寺二人が両脇からガンガンドラマを盛り上げていて、気づけば力弥ぶっ倒れてるわ、判官の腹に刀突っ立ってるわ。何を見てたのか、ぢぶんでもようわからんよ( ̄▽ ̄)。二人ともニンジャになってもなんか妙に盛り上げてたなー(笑)。

 いやー、今回のキャスト、杉山くんが石堂1日だけってどゆこと(`Д´)! と思っていたのですが、討ち入りの第1グループに来たのみならず、涅槃の最初の二人に入ってまして、「そゆことかー」と大いに納得いたしました。涅槃、きれいだったなー。ようやくここまで来たんだなあ……、としみじみと思いましたよ。そして永田くんがまさかの2ピンヽ(´▽`)/。

 今年1年通して、杉山くんに関しては「応援団」(団?)から「ファン」に昇格(?)でいいや、と思いました。永田くん・安田くんには「応援団」(団?)だな。そんで上滝くんには「叱咤激励係」だ。いやもうがんばれ。いくらでも応援するからがんばってくれー。

 まだいろいろあるけど今日はこんなところで。
 

|

« ぐったり…… | トップページ | とりあえずカブキ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぐったり…… | トップページ | とりあえずカブキ2 »