« 辺野古のフェンスにて | トップページ | これもシーサー(多分) »

2014/01/14

沖縄ビミョーに食いっぱぐれたような日記2

 さて元旦。6時前にたたき起こされ、辺野古の浜でお雑煮をいただきまして。そこからはひとりてくてくと中城へ。いや、石平(いしんだ)まではバスで行きましたけどね。そこから3キロちょっと、てくてくと。

 Img_4311

 ま、こんな感じのとこ。さすがに3キロ歩くと汗だくです。ちょっと厚めの長袖Tシャツ1枚でしたが、そんでも汗だく。入場料(400円だったかな)を払ってから、売店でマンゴーソフトクリーム(300円)をいただきまして。ええ、沖縄サイズというか、結構ボリューミー。写真ないけど。

 中をぐるぐると回って、見晴らしのよい芝生あたりで概ねお昼近く。石平のバス停近くのローソンでトイレを借りたときに買った焼き菓子系のお菓子などいただきながら、ああなんでオレおにぎり買わなかったんだよ……と軽く後悔しつつ。世界遺産だ観光地だといったところに食うところがあるとは限らないんだって前回学んだだろオレ……orz。

 そうして3キロまたてくてくと歩いて、キャンプ瑞慶覧にぶちあたる交差点にある観光案内板まで戻りましてさてこれからどうするかなー。普天間宮洞窟まで2キロ足らずだったら、見に行こうかなまだ見てないし。普天間まで行けば食うところあるだろ。米兵がいるとこにはマックがあるよ、きっと。安谷屋のバス停は……あ、次のバス、あと30分来ないよ。

 で、またてくてくと。


Ca3k0922 初詣で大賑わいΣ( ̄ロ ̄lll)。入場規制中だよ! 洞窟見たかったのに! 
 ……洞窟、好きなんですよ。鍾乳洞とか。高いところはダメなんで、足場のいいところ限定で。
 ええと、普天間宮については全然詳しくないので、こちらでも参照いただければ。

 写真では、手前で規制されてますが、この後ろの歩道に延々と入場を待つ人の列と、屋台の列が。

 
Ca3k0927

 歩道が狭くてとても写真を撮る余裕がなかったので、対面から。だって普通の歩道ですよ。ただ、出てるのも普通の「テキヤ」というより、地元商店街の出店っぽい感じ。焼きそばとたこ焼き率が高いけど。あと、ケバブとか。イカ焼は、こちらで見るような姿焼+げそではなく、でかい短冊に切って野菜炒めっぽくなってました。
 ……でも普通の幅の歩道で輪投げとかやるんですよ……。ガードレールの手前から歩道を横切るように投げるようになってる。アブねぇよ、人、通るんだよΣ( ̄ロ ̄lll)! 

 いちばん右端の、ちょっと琉球調の屋根のあるところが普天間入口のバス停です(クリックで拡大できます)。後ろは普天間基地。

Ca3k0924

 バス停を過ぎるとちょっとスペース的な余裕も出て、テキヤ感が。


Ca3k0925

 いちばん端っこはバルーンの大道芸。わかりにくいですが、長いバルーンで作った白い馬(首に「2014」の文字)をかぶったお兄さんが、風船でいろいろ作って見せてました(手前のおっさんは通りがかり)。多分、既得権のないフリーの人が端っこにつかされてるんじゃないかな(憶測)。普天間宮の入り口からここまで1列。フェンスの後ろは普天間基地です。大事なことだから2回目ね。

 さて、ここまでテキヤはあれど、マックはない。どうしよう。座って食いたいんだ、オレは。でもまあ仕方ないから何か買って、バス停のベンチで食うか。走行中のバスで食うと酔うからな。
 つことで、逆戻り。概ね1パック500円のところ、もう店じまいだから300円だよー、という焼きそばをゲット。通りを渡って普天間入口のバス停……って、バス来るよ、おいΣ( ̄ロ ̄lll)! 

 焼きそばを抱えたままバスに乗り、3つ先の伊佐で北部方面に乗り換えです。おっ、今度こそマックの看板があるじゃないか。焼きそばはダンナん家で食ったっていいしな。どれどれ……

 ……「この先2.5Km」……orz。

 マックのために往復5キロは歩けん。次のバスは……あと4分。4分ありゃ食えるか。つことで、ベンチのない普通のバス停、歩道に座って3分で焼きそばを食いました。ええ、沖縄そばでない、ごく普通に東京のテキヤで食える焼きそばです。お店によっては沖縄そばの焼きそばもあるんですが、屋台は一律「普通の」焼きそばでしたな。人通りがなくてよかった。

 で、無事バスに乗り、ダンナんちの最寄りで降り。……ああ、あったよマック……。と何か吸い寄せられるようにマックに入り、カフェラテとポテトをいただいたのでありましたよ……。この段階で4時ちょっと前。元旦から何やってるんだ、オレ……。

 夕飯は、ダンナの手料理(主に大晦日に食い忘れた沖縄そば)をいただきました。上げ膳据え膳ですわー。

|

« 辺野古のフェンスにて | トップページ | これもシーサー(多分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辺野古のフェンスにて | トップページ | これもシーサー(多分) »