« 合歓っぽい…… | トップページ | 辺野古のフェンスにて »

2014/01/12

とりこぼした力弥とか。

 というわけで、無事に今年も10日過ぎまして。今月はまだなんの舞台も映画も見てないんですが、そろそろ東バ話もしないとねぃ。

 ええと、まずアッサンブレ恒例の「ソリストサイン入り年賀状」ですが、今年は美佳姫でしたーヽ(´▽`)/。いつからこの企画が始まったのかさだかには覚えてないんですが、うちは水香ちゃん→木村さん→小出さん→美佳姫、となぜかプリンシパルコースを走っているという。あと、以前たまにやっていた舞台写真(運が良ければサイン入り)プレゼントで井脇さんと木村さんのサイン入りのをもらいました。
 答え合わせの写真が東バ公式に上がっていますが、今年はソリストだけでなく、アーティストからも中堅どころが放出されていたとわっΣ( ̄ロ ̄lll)! 杉山永田安田川島矢島と、こいつはあんた! 安田さんのサインとかフェイントすぎるよ! 杉山永田は日頃推し推しですが、安田さんの存在の薄さも嫌いじゃないんだ。存在が薄いのにいないと気になるってどういう存在。杉山永田とか、杉山安田とか、こう並んでるのを見るとですね、モロゾフとマスロボエフの並びみたいなほっこり感があるんですよ。ええ、全然わからないたとえで申し訳ないですが。

 それがご要望に応えて拡大版を載せたら落っこっちゃったり(´・_・`)。なんというか、この「ご要望に応えるべく、がんばっちゃいるんだけど、どこか明後日」的な感じというのは、もう作風通り越して芸風なんじゃないかとか。例のギリシャ公演の焦らしとか(←焦らされてたのはK村ファンだけだけどさ)。なんかこう、いろいろがんばってるんだよなーという感触があるだけに、どうしたものかというか。

 で、12月のカブキからはや1ヶ月経とうとしてたりするんですけども、昨年とりこぼした分ね。

 とりこぼしておいて申し訳なかったのが、なんといっても虎ちゃんの力弥ですがな! ほんとに年越しちゃって申し訳ない。夏の「眠り」では花ワルで、うっかり理性をすっとばしそうになる愛らしい笑顔をまき散らしていた虎ちゃん(←もう「ちゃん」づけだよ)ですが、キャストが出た時には久しぶり(というか初めて?)に「お小姓さん型の力弥」だ(・_・)! と思いましたよ。ええ、一応判官のお小姓さんだったはず。判官切腹の場ではやっぱし「今だ参上……」のくだりが最大の楽しみで、走ってる由良之助を見てることはほとんどないんですが、今回そんなこちらの事情を知ってか知らずか、力弥の場所のスポットが暗くてようわからんがな……orz。うんまあ、2階サイド席だったのもあるかもしらんのですが。
 一力茶屋の方では、少ないながらも踊りもあって、ジャンプが思いの外シャープで凜々しかったですよ。ある意味正統派の力弥だなあ。うんうん。

 若手の男性は、2年続けての「子どもの眠り」のおかげでかなり覚えましたし、その間に伸びた人、停滞してる人もずいぶんよく見えたな、と。あれ、便利だけど怖い演目かもですよ。虎ちゃんは1年で伸びた方の人。腕なんかずいぶん柔らかくなったな、と思っただけに、一力茶屋のシャープな感じが意外であった、と。

 それにしても、由良之助は6代目。力弥は初代のK村さんから数えると何代目になるんだろうなあ。自分が最初に見たのは鈴木(淳)さんだったような気がするけど。

|

« 合歓っぽい…… | トップページ | 辺野古のフェンスにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合歓っぽい…… | トップページ | 辺野古のフェンスにて »