« 子どもたちが見た戦争 | トップページ | 大根二色とかスープジャーとか »

2014/01/28

清水版白鳥その1

 松山の「白鳥」について、メモ書き程度にちょこっと。まとめて書こうとか思ってるうちに忘れちゃうからね。

 何年か前にジークフリートが清水さんから鈴木さんに交代して(2011年はまだ清水さんだった)、玉突きでベンノが鈴木さんから垰田さんに。石井さんと橋本さんが舞台から抜けて、若い者を引っ張っていくポジションだった成田さんが後景に下がり(まだ踊る役ですが)、替わりに刑部さんが前に出て、と、人数が少ないなりに、男性の方は世代交代という感じで。つい3年くらい前の夏の公演で研究生だった若い人が、もうすっかり上手くなって前の人にがっちりついていってますからねえ。……毎公演、あれだけハードに踊らされたら上達するよなあ。
 むしろ、鄭さんのほかにキャラクテールがいないのが気にかかる。ロットバルトとか、コッペリウスとか、ドロッセルマイヤーあたり。公演数が少ないからいいのかな。

 女性に関しては、個体識別ができないのでなんとも(笑)。今回見た中では、スラブの姫を踊った小菅さんが好きでした〜♪ しかし、4幕の白鳥って、特にソリストも何もないのに山川さんだの佐藤さんだのが投入されてるんだなあ、と思ったけど、考えてみたら木村さんが討ち入りやってるようなものなのか(分母の数が大違いだな)。

 えーと。

 森下さんは、時々能の域に入るような。アラベスクの保持がちょっと辛そうではありました。ポアントよりも後ろに上げる方かな。片足で前に上げるポーズは安定していたので。後ろに上げるのは腰だろうし、さすがの森下さんもどこも故障がないということはないだろうから、コンディションもあるかもしれないけれど。

 オデットはエンジンのかかりがやや悪いというか、暖まるまで時間がかかったのかなというか。鈴木さんが盤石のサポート。グランアダージョは、「ドリゴの休止」のない原曲版。最後がアレグロのずんちゃかになる方ですね。以前、垰田さんと熊田さんだったか? で2幕抜粋を見た時は、最後のアレグロが初恋がかなって嬉しさいっぱいで浮き足立っちゃうような感があって、意外と納得感があったんですが、さすがに森下さんは最後までしっとりと。音楽は全体に遅めだったような気がします。

 とりあえず。

|

« 子どもたちが見た戦争 | トップページ | 大根二色とかスープジャーとか »

コメント

綾瀬川さん、今晩は。
いつもと違う話題に口はさみに来ました。

私は、6,7年前に、最後に見ておこうと思い、白鳥を見ました。
その頃すでに、ジャンプは省略されていましたが、優雅で美しいポーズ、音楽的で繊細なステップ、気品にあふれた身のこなしは健在で、あ~、これこそがプリマだった、と思い、それで封印してしまいました。
実は、最盛期のオペラ座出演とベジャールのライト初演も生で見ました。カーテンコールに答える姿に、見ている私も誇りに思いました。(でも、演目が・・・ライモンダだったかパキータだったか定かでない、って全然ちがうのですが・・・その頃私も若かったので(笑))
オペラ座にゲストとして呼ばれるなんて、今でいうザハロワやロパートキナですよね?
今の多くのダンサーが海外で活躍する時代でも、私見ですが、森下さんを超える日本人ダンサーは出ていないのではないかと思うくらいです。
今の森下さんにあう作品を誰か振付けてくれないかなぁ、と思いますが。(でも、それは、森下さん自身が望んでないのかも・・・)

それにしても、綾瀬川さんの旺盛な舞台鑑賞欲に感心します!
お蔭でタダで楽しませて頂いてます(笑)。

投稿: | 2014/01/30 02:42

すみません。またやってしまいました。
上の書き込みは私でした。。。

おかしなものですね、人間って。
パソコンの前に座ると、急に、名前を書き忘れたような気がしたのです。
そして、来てみたら案の定。

お騒がせしました。

投稿: テス | 2014/01/30 12:09

いえいえ、なんとなくそうかなーと思いました(笑)。
他社のブログみたいに、投稿者が自分の投稿を編集できると良いのですが、
ココログはそこはかたくななんですよ……orz。
どうでもいいアバターとかには熱心なんですが。

で。
ライトの初演ごらんになったんですか! うらやましいです〜。
シャルキナもよかったですけど、シャルキナが踊っても
「これは森下さんのための作品だったんだ」というのが感じられるようでした。
ベジャールのドキュメンタリーDVDにちょこっと収録されてたように思います。

森下さん仕様の作品といえば、夏にやった「LETTERS」が、
全体には長い「総出演」作品ですが、森下さんの出てくる場面についてはそんな感じでした。
プリセツカヤにベジャールが振り付けた扇の踊りみたいな小品があるといいのかもしれませんが、
松山だとあまり発表の場がないかもですね……。

いやしかし、今月は舞台・映画ほか合わせてもこの1本だけでしたのよ(笑)。
2月はRJ通いもあるので、楽しみです〜♪

投稿: 綾瀬川 | 2014/01/31 03:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どもたちが見た戦争 | トップページ | 大根二色とかスープジャーとか »