« とりこぼした力弥とか。 | トップページ | 沖縄ビミョーに食いっぱぐれたような日記2 »

2014/01/13

辺野古のフェンスにて

 辺野古の浜、キャンプ・シュワブとの境界のフェンスには、各地から送られたり持参されたり、あるいは辺野古で描かれたりした、様々な幕が貼ってあります。

Img_4233

 こんな感じで。フェンスの向こうがキャンプシュワブ。すぐ手前の浜でも装甲車による演習が行われることがあります。


Img_4192


Img_4232


Ca3k0903

 年末に、オリバー・ストーンとピーター・カズニックが来日したときの番組の再放送を見ましたが、そのときに辺野古に二人が来訪した映像もありました。彼らは帰国してから、約束通りにチョムスキーやマコーマック、ジョン・ダワーらと「沖縄への新たな基地建設に反対し、平和と尊厳、人権、環境保護のために闘う県民を支持する」声明を出しました。
 カズニックは、ストーン監督の「アメリカ史」シリーズのスクリプトを担当したアメリカン大学の准教授で、同大学の核問題研究所所長だそうですが、毎年、8月には学生を連れて広島長崎を訪れ、日米の学生の交流を図るとともに、被爆者の証言集会にできる限り参加しているとのことでした。こちらに二人のインタビューが。


Img_4230

 幕だけでなく、打ち上げられた貝殻やサンゴを使ったこんなものも。

 カズニックの本、持ってたよ( ̄▽ ̄)。まだ読んでないけども。


|

« とりこぼした力弥とか。 | トップページ | 沖縄ビミョーに食いっぱぐれたような日記2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりこぼした力弥とか。 | トップページ | 沖縄ビミョーに食いっぱぐれたような日記2 »