« 最終日。 | トップページ | 弁天堂の猫 »

2014/02/11

後藤さんの卒業

 Img_4254

 というわけで、後藤さんの退団が発表されました。考えてみれば、初めて東バを劇場で見たのは後藤さん(と木村さん)の「ペトルーシュカ」なんだなあ。
 長い付き合い(というかなんというか)で、たくさん思い出もあるけれど。なかには「後藤さん降板につき、劇場行ったらいきなり木村さん登板」みたいなものもあったりですね(←ひところ結構続いたなあ)。「うわああ」とか「ひーー」とか「ぜいぜい」みたいなものも随分あったように思いますが、不思議と明るい気持ちになれるといいますか。思い返したときに和やかになれるというか、暗い気持ちを残さないような、そういう不思議な魅力のある人でした(というか、人です、というか)。まあ「晴雄」つう名前はぴったりだったのかもしれない。
 特別団員としては残るので、50年関連企画ではまた見る機会があるんじゃないかなー、と、割と気楽に考えたりはしているんですが。

 で、つらつら思うに。木村ー高岸というガチンコ対決ペアも好きだけど、木村ー後藤という双方マイペースなペアも好きだったよなあ、と。三人持ち回りの役になることが多いから、それぞれに組み合わさっているはずなんだけど、しかし高岸ー後藤の組み合わせはあまり記憶がないな……と思ったら、単に木村さんが出てないから覚えてないだけのような気がせんでもせんでもせんでもせん……(フィードアウト)。

 ええと。いや、あるんです。高岸さんのバジルに後藤さんのエスパーダとか。そういえば後藤さんのバジルは見損なったのかなあ。エスパーダは何度か見たけれど。
 でも、白鳥のスペインとか、ハルサイのリーダーとか、ペトルーシュカと友人とか、役人と首領とか……木村&後藤の「ダチ」感の思い出はつきなくて、最後にそれがもう一度味わえたのはよかったな……。

 最終日、カテコで手をつないで頭を下げたときに、後藤さんが、岸本さんの手はもちろん、隣の木村さんの手をずっとつないでたのが妙に気持ちに残っていて。つか、木村さんが女性の手は離したくせに後藤さんと手をつないでいたのか、そこいらはわかりませんが。

 まあでもなんとなく辞めた気がしないというか(笑)、すぐに会えそうな気がするのは「特別団員」枠だからなんだろうな。若い人が辞めたときのような「さようなら」という実感がないのが正直なところなんですが、まあそれも後藤さんの人徳かもしらん。

 写真は正月、沖縄のブーゲンビリア。

|

« 最終日。 | トップページ | 弁天堂の猫 »

コメント

綾瀬川さんこんにちは
4日間、お疲れさまでした。そしてレポをありがとうございました。
私は今回は大雪のため遠征を断念。是非是非再演を期待したいです。
後藤さんはほんとに憎めないキャラというか、やわらかい、人を包み込むような雰囲気を持ったダンサーでしたね。ハラハラドキドキさせられたのも懐かしい思い出です。ヒラリオンと白鳥スペインが好きでした。
特別団員という立場でこれからも東バ公演で御姿をみたいものだと思います。

投稿: かかし | 2014/02/12 09:50

ああっ、大雪の影響が……(ノ_-。)。
かかしさんのお話も伺いたかったのに、残念です……。
河谷さんの件もありますし、早い再演を期待したいですね。
できれば木村さんのマキューシオもまた見たいですし。

後藤さん、最後まで「うわあああ」も「ひいい」もあったりしたんですが(笑)、
それはそれとして、暖かい愛にあふれたすてきなロミオでした。
フォーキン版のペトのムーア人なんかもよかったですねえ。
あまり「お別れ」という気持ちにならないんですが、
また何かで見られる機会があるとよいですね。

投稿: 綾瀬川 | 2014/02/13 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最終日。 | トップページ | 弁天堂の猫 »