« 旅芸人の「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 旅芸人withoutマキューシオ »

2014/02/23

久方ぶりにシビック

 つことで、祭典の演目の件については、こちらでわめきましたので、ご参照くださりたいかたはくださりまし。どっちでわめくのがいいのかなー、とは思ったんですが、ええまあ。ラインアップ自体は、少なくとも自分には無駄のないものではありますね。

 で、土曜日に井上バレエ団の「眠り」を見てきました。「眠り」のフルバージョンを見るのは久しぶりだな。

 井上バレエ団はずっと気になりつつも見に行けなかったところのひとつなんですが、今回ようやく見られました。NHKの「饗宴」に出てるかと思ったけど、これまでは出てなかったみたいですね。オーロラは島田衣子さん。ぢぶんはずっと佐多達江さんのところでばかり見ていて、もしかしてクラシックを見るのは初めてですよ。こいつぁびっくり。

 場所は文京シビック。なにかと評判のよろしくないシビックですが、個人的には会社からも自宅からも便利がよくて、ここでの公演は「助かる」感も。なにせ、会社から1時間圏内の、数少ないホールだからねえ……。全幕がかけられるホールだと、上野、シビック、川口くらいしかないんですよ。初台でも無理だし、五反田は論外。定時が8月以外は5時半なので、6時半開演に間に合うのはこの3箇所くらいで、あとは早退してるんですよぅ(←「半休」の制度がない)。

 ま、ぐちってますが。シビックって、以前はマールイの「親子祭り」とかで来てたんだよな。評判がよろしくないのは主に椅子についてで、これがちょっと妙な作りになっていて、おしりがちょっと落ち込んで軽い前傾姿勢になるんですね。これが腰にくる、という人が結構いらして。ぢぶんも昔は「この椅子、腰が痛い」と思ったんですが、これがギックリ腰をやって以降、全然大丈夫なんですよ(^▽^)。今回も、フルの眠りで休憩1回(20分に感じる100年間)だったんですが、全然オッケー。むしろよそより痛くない。うっかり仰向けで寝ると朝起きるのに七転八倒するくらいの腰痛持ちなんですが、逆に「痛くなる姿勢」が普通の人と変わったのかもしれないなあ。
 ただ、今回気づいたんですが、背もたれがちょっと高くなっているので、後ろの人がうるさいときに、後ろ向いて気づかせる、あるいは「しー!」するのが困難な椅子ですな。2階だけかもしれませんが。ああ、うるさかったんだよ、後ろが!

 えーと。というわけで、2階センターの3列目という、A席としては申し分のない(というか主催によってはSだろうなという)場所で見てまして。しかし、ここの2階は標高が高い。階段を4階分くらい上がらないとならない。導線もあるんだろうけど、オーチャードの3階に行くくらいの運動量。ひいひい。
 見え具合はよかったですが、転落防止の手すりがなあ。縦の通路が4箇所あって、その突き当たりだけ、高く出っ張ってるんです。それが、3列目でも、舞台のへりギリギリかするくらいの高さ。自分は決して小柄じゃないですが(というか、世代的には大柄な方。今の基準だと普通だけど)、それでもそんな具合なので、小柄な人だと結構うっとおしいんじゃないかな。前方の席をとる場合には、それを考慮して、席から舞台を見る方向に、通路前の手すりがひっかからないように気をつけた方がいいように思います。全体通じてある手すりはどうかな……。自分はオーチャード2階センター最前列でも、あそこの手すりは邪魔にならないけど、あれが邪魔になる人には邪魔かも?

 ホールの話で終わってしまったので、中身はまたいずれ。とても楽しい公演でした。立川の眠り、1回しか行かないつもりだったけど、やっぱり両方見ようかな……。どうせ1日つぶれるんだし……。去年の経験則だと、同日2回公演だと脇のキャストは同じなんだけど、今回もそうかな……。いやしかし、佐藤オオカミを見損なったのは痛恨だよ!
 ……などと考えつつ帰宅し、最初の話に戻る、と。K村さんのバジル見せろーーヽ(`Д´)ノウワァァァン

|

« 旅芸人の「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 旅芸人withoutマキューシオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅芸人の「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 旅芸人withoutマキューシオ »