« ポリーナ | トップページ | 旅芸人の「ロミオとジュリエット」 »

2014/02/20

旅芸人withマキューシオ 

 さて、少しはロミジュリの続きも。

 旅芸人一座については、以前もちょこっと書きましたが。
 男性2人、女性3人、男の子1人の旅芸人一座。とてもあの小さな車兼芝居小屋で生活してるとは思えませんが(「大道具」だからなー)、ノイマイヤー版のいちばんの特色は、この一座になるんでしょうな。キャストも、河合、永田、川島/渡辺、吉川/三雲、岡崎と、中堅+若手でがっちり固めてます。そして子ども役は学校のSクラスの生徒さんと……虎ちゃんΣ( ̄ロ ̄lll)! 虎ちゃん! まさかそこにくるとわ! 
 ……いや、さすがに生徒さん(「子役」)と比べると背が高いんだ−、とか失礼なことを思ったりもしたわけですが、そりゃ生徒さんは平日昼のリハに出られないから「子役のアンダー」もいるのかもしらんとか、考えれば考えるほど失礼になっていくような気もするんですが、しかし、

 虎ちゃん、かわいいよ……ヽ(´▽`)/。永田くんとは違うベクトルで笑顔値千金だな。

 そしてマキューシオ。1幕と2幕、マキューシオの最初の登場は、両方とも旅芸人の車からです。さらにその死も車兼芝居小屋で。「友達」というにはより親密な(「カノジョ」も一座の吉川/三雲だもんなあ)、しかし「一座」ではない。では、マキューシオとは誰だったのか、というのは、ちょっとおいておいて。

 1幕冒頭、ロミオとロレンス、ベンヴォーリオのやりとりが終わり、人が集まり始めた頃に旅芸人の車はやってきて、そこから飛び出した「死」のソロ。踊り終わって仮面をはずして「なあんだ、マキューシオか」と、いつものマキューシオの悪ふざけ、ってなるわけだけど、初めからマキューシオは自分の死とともに、自分が「死をもたらす」存在でもあるんだな。
 旅芸人がまざった(というよりメインに入った?)群舞があるけど、両家の争いが始まる前に一座は撤退、だったかな。

 2幕は「マンドリン・ダンス」の場面で、マキューシオ演出による「ロミオとジュリエット」劇。マキューシオはアレですな、バルコニーの前でロミオを見失って、ベンヴォーリオと別れた後に絶対に旅芸人の小屋にしけこんでますな。いやもう、絶対( ̄▽ ̄)。そんで永田くん相手に「あーじゃこーじゃ」言いながら、昨夜の話を芝居に仕立てちゃうんだ。で、昨日の今日のハイテンションでロレンスを困らせちゃってるロミオに「いよー、昨日はお楽しみじゃん!」とか言っちゃってね。

 で、その劇ですが。車の中でやられると、自分はセンターないし上手側の席を取っていたからいいんだけど、あれ下手側からだと多分みえないよなあ。
 
 マキューシオは表が昼、裏が夜の幕になっているマントを着て背景になり、岡崎ロミオと川島(渡辺)ジュリエットのバルコニーでの出会いの場面。その後、車の外に出て子ども役にマントを受け渡し(最古と最新の力弥が〜( ̄▽ ̄))。二人はジュリエットのパパの永田くんとママの河合さんに引き裂かれますが、マキューシオが薬入りの酒をパパに飲ませ、パパとママが眠った隙に二人は駆け落ち。しかし、追ってきたパパとの一騎打ちにロミオは破れ、ジュリエットが剣で自害しておしまい。

 まあ、ロミオから見れば意地悪なものですが、マキューシオの「あてつけ」に見える日もあったり、逆にマキューシオからの「忠告」に見える日もあったり。ぢぶんの感じ方によるものも大きいとは思いますが、日を追って「悪ふざけ」→「忠告」になっていったような気もします。「二人の悲劇の暗示」というよりも、マキューシオの意図的なものなんじゃないかなあ。「お前、浮かれてるけど、最後はこうなっちまうぞ」みたいな。木村さんがやるからそう見えるのかなあ。

 半端ですが、続きます。
 

|

« ポリーナ | トップページ | 旅芸人の「ロミオとジュリエット」 »

コメント

綾瀬川さんこんにちは!

虎ちゃん旅芸人!まさか!?でしたよね。
アッサンブレパーティでご本人に伺ったら
「学校とかあるので、お子さん来られない日は
僕がやってたんです。で、だったら出てみる?ってことで・・・」みたいなことを
極小顔の虎ちゃんは言っていました(可愛かった(≧౪≦))
旅芸人一座魅せてくれましたね~。楽しかった!

ほかも見どころ満載で
初日の茉央ティボバルコニー落ちに気づかなかったことを楽日和田ティボルトが落ちて知った私です(--;)
友人たちに「どこ観てたんだか・・・」と言われました。

ロミジュリ後しばらく夢の中を彷徨っていたような感覚で・・・
やっぱり東バが好きだ!!と再認識をしました。

引き続きレポ楽しみにしています!

投稿: NC | 2014/02/23 11:22

追:パーティでりえさんにも
「今まで観たことない役に思えましたが
スッゴク楽しそうでしたね」とお伝えしたら
「あまりやったことない役でしたがとっても楽しかったです!」と超美しいお顔で答えてくださいました。
きしもとさんがやるはずだったそうです。
(↑あ、言って平気かな?)

ダンサーのイメージ固めてしまうのは自分だな~と
反省したりできる配役でした。
これからもいろんなダンサーの、いろんな役観たいな~と思います。

投稿: NC | 2014/02/23 11:28

虎ちゃん、びっくりでしたよね!
最終日のキャスト発表を携帯で見て、電車の座席からずり落ちかけました。
「子ども眠り」の花ワルで、毎回あの笑顔が楽しみでしたよ〜。
渡辺さんも、旅芸人ではイメージが全然ちがっていて、
前方席にいたのに「ホントに?」とオペグラで確認してました(笑)。
でも岸本さんでも納得のキャストだったでしょうね。

森川ティボルトのバルコニー落ちは、
初日は全然見てなかった(笑)んですが(ほら、マキューシオに気を取られて……)
2日めは割と慎重に、3日めは最後とあってかなりド派手に落ちてました。
和田くんは1度切りだったので、もっと派手にやってもいいように思いましたが、
ああいうところに気の弱さというか押しの弱さが出ちゃうんだなあと。

パーティには出なかったので、お話いろいろ嬉しいです。
自分もまだ時々夢の中をさまよってる感じです(笑)。
今年は海外公演が入るから、しばらく見られないのが淋しいですね……。
(といいつつ、立川は行くんですが)

投稿: 綾瀬川 | 2014/02/24 02:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポリーナ | トップページ | 旅芸人の「ロミオとジュリエット」 »