« 久方ぶりにシビック | トップページ | では、マキューシオは »

2014/02/25

旅芸人withoutマキューシオ

 東バ公式の方に、アブラハム氷室によるフォトギャラリーがあがっています。いろいろすばらしい! 特に物量が。旅芸人一座がないのが残念ではありますが、森田さんの写真は嬉しいっすね( ̄▽ ̄)! 今回は舞台の合間の写真だけど、リハ写真も公演が終わってから見るとまた味わい深いですな……。ああこれはあの場面だったのね、という具合に。

 さて、続きです。

 マキューシオの死後、殺人犯になってしまったロミオを芝居小屋兼車に押し込んで、旅芸人一行はヴェローナを離れます。とにかく場が混乱してる上に、奈良さんママがすごいことになっているのもあって(笑)、誰のどういう指示だったのかはよくわからないんですが、あれは永田パパなのかな。最終的には、ロミオをベンヴォーリオが車に押し込んで出発させ(つまりロミオを逃がし)、彼ひとりが残ったようになったかと思うんですが(そして最後に逃走)。

 3幕では、彼らはまず、ジュリエットがロレンスの元へ走る(なんか意味が違う)決意をする場面で。シルエットになった一行の前で、ジュリエットとロミオがユニゾンで踊るこの場面は美しくて、今回とても好きになったところです。

 次が、ロレンスがジュリエットに薬の効能と計画を説明する場面。キャストは2幕の「ロミオとジュリエット」と同じ。杉山くんの影武者(ちがう)が虎ちゃんですよ〜♪ 
 ここはコメディではないけれど、永田パパがやっぱりビミョーに高岸パパを彷彿とさせてオカシイ( ̄▽ ̄)。息を吹き返したジュリエットとロミオの短いPDDがありますが、これがよかったですねえ。川島さんも渡辺さんもそれなりに大きいので、ザッキーがちょっと大変そうではありましたが(でも思ったほど大変そうではなかったような)。見てる方は結末をわかって見てるわけですから、計画がうまくいって、幸せに踊る二人を見るのは切なさ倍増。二人だけでも幸せになれてよかったねえ(ノ_-。)的な。
 まあ説明的っちゃ説明的ですが(だって説明してるんだし)、むしろ「こうなるはずだったのに」という気持ちが先に立って、なんか感傷的になる場面でしたねえ。

 最後に本物の一行が出るのは、乳母とロレンスが相次いでロミオを探して走ってくる場面。葬列
のようにとぼとぼと、永田くんが車を引き、ロミオと河合さんとザッキーが車に乗り、ほかの3人が車押しつつ後ろから歩き。
 殺人犯になった挙げ句にあてもなく逃げてきたロミオも鬱々ですが、仲間だったマキューシオが殺され、しかも瀕死のマキューシオの芝居にアドリブで乗って、その死に気づかずに舞台上で「じゃじゃ〜ん!」とキメてた一座、さらにはその遺体もうっちゃって逃げてきちゃったとあれば、そりゃもう葬列みたいなもの。……って、ザッキーが車の上から車輪を足でいじいじするのを見るたんびにだな、「女子どもに車押させんな、コラ」とか思ったものですが。

 そういえば、あの場面で、盛大なパーマ頭で、和田&原田の酔っ払いやロレンスにからんでいた女性は誰だったのかな。多分、東バの人ではないように思うんだけど(わかんないけど)、出てきたときからすごい存在感だったなあ。エキストラ枠で出ていた役者さん、とかかな。

 そしてついにうちにも「東バ 虎ちゃん」の検索語でいらっさった方が……( ̄▽ ̄)。がんばれ、虎ちゃん。
 

|

« 久方ぶりにシビック | トップページ | では、マキューシオは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久方ぶりにシビック | トップページ | では、マキューシオは »